━━━☆Presented by Watch-colle☆━━━  あなたにお届けします!  毎週 楽しいショートストーリーとウォッチコレ新着情報!
                        あなたの楽しいコメント募集中! Haruka と楽しいメルマガトークしませんか? お待ちしていま〜す ^ ^

ウォッチ コレ TOPへ ウォッチ コレ TOPへ
TOP会社概要商品一覧ご購入の手順お支払い方法送料についてQ&A集返品についてお客様の声
 


毎週Harukaさんのショートストーリーがおもしろ〜〜い

リニューアルしたメルマガ
無料購読申込みと
購読の解除は

こちらからどうぞ

『Brilliant Time』
volume327
volume326
volume325
volume324
volume323
volume322
volume321
volume320
volume319
volume318
volume317
volume316
volume315
volume314
volume313
volume312
volume311
volume310
volume309
volume308
volume307
volume306
volume305
volume304
volume303
volume302
volume301
volume300
volume299
volume298
volume297
volume296
volume295
volume294
volume293
volume292
volume291
volume290
volume289
volume288
volume287
volume286
volume285
volume284
volume283
volume282
volume281
volume280
volume279
volume278
volume277
volume276
volume275
volume274
volume273
volume272
volume271
volume270
volume269
volume268
volume267
volume266
volume265
volume264
volume263
volume262
volume261
volume260
volume259
volume258
volume257
volume256
volume255
volume254
volume253
volume252
volume251
volume250
volume249
volume248
volume247
volume246
volume245
volume244
volume243
volume242
volume241
volume240
volume239
volume238
volume237
volume236
volume235
volume234
volume233
volume232
volume231
volume230
volume229
volume228
volume227
volume226
volume225
volume224
volume223
volume222
volume221
volume220
volume219
volume218
volume217
volume216
volume215
volume214
volume213
volume212
volume211
volume210
volume209
volume208
volume207
volume206
volume205
volume204
volume203
volume202
volume201
volume200
volume199
volume198
volume197
volume196
volume195
volume194
volume193
volume192
volume191
volume190
volume189
volume188
volume187
volume186
volume185
volume184
volume183
volume182
volume181
volume180
volume179
volume178
volume177
volume176
volume175
volume174
volume173
volume172
volume171
volume170
volume169
volume168
volume167
volume166
volume165
volume164
volume163
volume162
volume161
volume160
volume159
volume158
volume157
volume156
volume155
volume154
volume153
volume152
volume151
volume150
volume149
volume148
volume147
volume146
volume145
volume144
volume143
volume142
volume141
volume140
volume139
volume138
volume137
volume136
volume135
volume134
volume133
volume132
volume131
volume130
volume129
volume128
volume127
volume126
volume125
volume124
volume123
volume122
volume121
volume120
volume119
volume118
volume117
volume116
volume115
volume114
volume113
volume112
volume111
volume110
volume109
volume108
volume107
volume106
volume105
volume104
volume103
volume102
volume101
volume100
volume99
volume98
volume97
volume96
volume95
volume94
volume93
volume92
volume91
volume90
volume89
volume88
volume87
volume86
volume85
volume84
volume83
volume82
volume81
volume80
volume79
volume78
volume77
volume76
volume75
volume74
volume73
volume72
volume71
volume70
volume69
volume68
volume67
volume66
volume65
volume64
volume63
volume62
volume61
volume60
volume59
volume58
volume57
volume56
volume55
volume54
volume53
volume52
volume51
volume50
volume49
volume48
volume47
volume46
volume45
volume44
volume43
volume42
volume41
volume40
volume39
volume38
volume37
volume36
volume35
volume34
volume33
volume32
volume31
volume30
volume29
volume28
volume27
volume26
volume25
volume24
volume23
volume22
volume21
volume20
volume19
volume18
volume17
volume16
volume15
volume14
volume13
volume12
volume11
volume10
volume9
volume8
volume7
volume6
volume5
volume4
volume3
volume2
創刊号

【週刊Harukaの部屋】
バックナンバー
最終回
第130号
第129号
第128号
第127号
第126号
第125号
第124号
第123号
第122号
第121号
第120号
第119号
第118号
第117号
第116号
第115号
第114号
第113号
第112号
第111号
第110号
第109号
第108号
第107号
第106号
第105号
第104号
第103号
第102号
第101号
第100号
第99号
第98号
第97号
第96号
第95号
第94号
第93号
第92号
第91号
第90号
第89号
第88号
第87号
第86号
第85号
第84号
第83号
第82号
第81号
第80号
第79号
第78号
第77号
第76号
第75号
第74号
第73号
第72号
第71号
第70号
第69号
第68号
第67号
第66号
第65号
第64号
第63号
第62号
第61号
第60号
第59号
第58号
第57号
第56号
第55号
第54号
第53号
第52号
第51号
第50号
第49号
第48号
第47号
第46号
第45号
第44号
第43号
第42号
第41号
第40号
第39号
第38号
第37号
第36号
第35号
第34号
第33号
第32号
第31号
第30号
第29号
第28号
第27号
第26号
第25号
第24号
第23号
第22号
第21号
第20号
第19号
第18号
第17号
第16号
第15号
第14号
第13号
第12号
第11号
第10号
第9号
第8号
第7号
第6号
第5号
第4号
第3号
第2号
創刊号

 ◆目配せ◆ウオッチコレブリリアントタイム 4月23日号
 ☆。・°
 °. ★*:・☆━★━━━━━━━━━━━━━━━☆━━━━━━━━

  ☆ウオッチコレ!ブリリアントタイム2010☆    4月23日号

━━━━☆━━━━━━━━━━━━━━━━━☆°━━. ★*:・☆━★


こんにちは!Harukaです。^^

春は別れと出会いの季節、なんて言いますが、昨日、突然、
同じ会社の若い男の子から、「お世話になりました」とメールが来ました。

同じ会社と言っても私は基本SOHO勤務ですし、
彼とは仕事内容が違っていたので、一緒にお仕事する機会も
それほど多くはありませんでした。

でも、4年近く在籍した彼は、明るく素直で、
ジェネレーションギャップを感じる立ち居振る舞いさえも
もし、弟がいたらこんな感じかも?と好感を持っていました。
実際には、私が生んでいてもおかしくないくらいの年の差でしたが(笑)

「いろいろ決まったらまた報告します。ありがとうございました。」

なんて、可愛いことを言う彼の、明るい前途を願わずにいられません。

それでは、今日も、しばらくの間、ブリリアントなお時間を
ご一緒してくださいね♪

━─━─★今回のCONTENTS. ★*:・☆━━─━─━─━─━─━─━─━─

1.ウオッチコレ新着情報 4月7日〜4月22日

2.ショートストーリー「記念写真」

3.ショートストーリー「目配せ」

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━☆°━━. ★*:・☆─━─━

1.ウオッチコレ新着情報 4月7日〜4月22日

¨☆☆¨・..。.・¨☆☆¨・..。.・¨☆☆¨・..。.・¨☆☆¨

◆セイコー 5スポーツ 6106-6430 自動巻 OH済 昭和45年製
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk501a/SK-501A.htm

◆セイコー 5スポーツ 5126-6030 自動巻 昭和44年製
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk500a/SK-500A.htm

◆オメガ シーマスター 200 2850.50 クオーツ USED 
http://www.watch-colle.com/watch/OM/om337sp/OM-337SP.htm

◆セイコー 5スポーツ スピードタイマー 6138-8010 自動巻 昭和47年
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk499c/SK-499C.htm

◆セイコー プロフェッショナルダイバー 300m 7549-7010 クオーツ
 昭和58年製
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk498sp/SK-498SP.htm

◆セイコー プロフェッショナルダイバー 600m 7549-7000 クオーツ
 昭和56年製 
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk497sp/SK-497SP.htm

◆ミザーニ エルミタージュ 18KYG/WG ダイヤモンド クオーツ USED
http://www.watch-colle.com/watch/Mi/mi015j/Mi-015J.htm

◆Uボート フライトデック 50MBG 径50mm 手巻 USED 
http://www.watch-colle.com/watch/OT/ot122sp/OT-122SP.htm

◆タグホイヤー 2000クラシック WK1121 コンビ クオーツ USED 
http://www.watch-colle.com/watch/TG/tg033sp/TG-033SP.htm

◆45GS グランドセイコー 4522-7000 手巻 OH済 昭和45年製 
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk496a/SK-496A.htm

◆ジン MODEL 603EZM3 500m防水 Ref.603.2761 自動巻 USED
http://www.watch-colle.com/watch/SI/si011sp/SI-011SP.htm

◆スント ベクター レギュラー ブラック 未使用 USED 
http://www.watch-colle.com/watch/OT/ot121sp/OT-121SP.htm


━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━☆°━━. ★*:・☆─━─━

2.ショートストーリー「記念写真」

¨☆☆¨・..。.・¨☆☆¨・..。.・¨☆☆¨・..。.・¨☆☆¨

夕食の支度をしていると、電話が鳴った。

出ようかどうかちょっと迷った。

オーブンに入れたグラタンは、あと少しで焼き上がるところだ。

鳴り続ける電話を見つめていると、音が止まった。

少しホッとして、焼き上がったグラタンを取り出し、食卓に並べる。

夫は今日も帰りが遅く、娘と二人きりの食事だ。

「いただきます」と言ってフォークを手にした瞬間、また電話が鳴った。

仕方ないな。

「もしもし……」

「よかった!番号変わっちゃったのかと思ったわ。」

懐かしい声は、5年ほど前に会ったきりの学生時代の友人。
根の明るさがにじみ出る声はちっとも変っていない。

「ね、どうしてる?元気?」

「元気よ、久しぶりね、どうしたの?」

この友人の声を聞くとなんだか気持ちが弾む。
だから、突然の電話の理由が良くない事だなんて思いつきもしない。

「それがね、実は……」

それは、学生時代のサークル仲間の早すぎる訃報だった。

電話の友人と3人で、お互いの家に泊まり合って、よく夜中まで話し込んだ。
サークルのこと、恋人のこと、それから、将来のこと……
一番最初に結婚して、遠くに越した彼女に、2人で会いに行ったのは、
もう20年近く前のことだ。

それから何度か、「また会いたいね」、「今度は3人で旅行しよう」
なん電話て話すことがあったけれど、結局、実現することはなかった。


「うそ……」

突然のことで、それ以外の言葉が出てこない。

しばらく沈黙した後、ようやく出てきた言葉はたった一言。

「……どうして?」

「それが、詳しくはわからないんだけど、病気だったみたい。」

「どうしてもっと早く教えてくれなかったの!
お見舞いにだっていけたかもしれないのに!!」

つい、声が荒くなる。

「……ってあなただって知ったばかりよね」

「うん、サークルの仲間で一番交流のあった先輩も、
きのうご主人から届いた手紙で知ったばかりだって。
それで、すぐに連絡をくれたの。
たった三行の手紙で、
長い闘病生活の末4月14日に他界しましたって……。」

友人から聞いた病名は、初めて耳にするもので、
どんな最後だったのかを、想像することもできなかった。

私の中の彼女は、今もまだ、若く可愛らしい新婚さんのままだ。

不慣れな土地で暮らす不安と、それよりもずっと大きな喜びに包まれて
幸せそうに笑っていた彼女……。


学校を卒業して、暮らす場所も遠く離れて、それぞれ違う人生を歩きだしても、
友達だから、会いたいと思えばいつでもまた会える。

だから、別に、今すぐ慌てて会う必要はない。
私たちは皆、そう思っていた。


もう少し落ち着いたら……
毎日にちょっとゆとりができたら……
子供がもっと大きくなったら……

そんなふうに理由をつけてすぐに会わなかったことが本当に悔やまれる。


どうして人は、今日と同じ幸福が明日もあると思ってしまうのだろう?

どうして人は、平穏な日々が、ずっと続くと思ってしまうのだろう?


電話の向こうの友人が、しみじみと語りはじめた。

「昔ね、誰だったか、タレントのお子さんが幼くして事故で亡くなったって
いうニュースがあったでしょ。あの時、彼女はこう言ったのよ。

もし、子供が小さいまま死んでしまうことがわかっていたら、
しつけなんてしなくていいから、もっと一緒に遊んであげて、
我慢ばかりさせたりしないで、おもちゃも、お菓子も、買ってあげて、
楽しいことを、もっといっぱいさせてあげることができたのにね。

私が自分の子供にちょっと甘かったのは、彼女の言葉が印象に残ってたから
かもしれないわ。」

友人はほんの少しだけ笑った。


「そっか、そんなこと言ってたんだ……」


彼女自身は、早すぎた旅立ちの前に、大切な子供たちとたくさん一緒に
遊ぶことができただろうか?
我慢ばかりしていないで、欲しいものを手にいれて、おいしいものを食べて、
楽しいことをしただろうか?


「また遊ぼうね!今度はいつ会えるかな?」


新婚の彼女を訪ねたあの日の帰り際、ご主人にシャッターを押してもらって、
3人で記念写真を撮った。

その時私たちが見ていたのは、カメラの向こうに輝く未来。
そう、途切れるなんて思いもしないずっと続く未来。


「写真できたら送るね」

「わざわざいいよ、今度会うときの楽しみにしましょ」


今にも笑い出しそうな顔の3人が、ふざけたポーズをしている写真は
まだ2枚、私の手元に残ったままだ。


━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━☆°━━. ★*:・☆─━─━

3.ショートストーリー「目配せ」

¨☆☆¨・..。.・¨☆☆¨・..。.・¨☆☆¨・..。.・¨☆☆¨

「だって、好きになっちゃたんだもん、しょうがないじゃない。」

女が3人よれば盛り上がるのは、もちろん、男の話だ。

「ええ〜っ!圭ちゃん、男の趣味悪いよ」
 
優菜は呆れたように言う。

「そんなことないよ、ボッサはイイ男じゃん!」

私は慌てて反論したけど、理穂も冷たく言い放った。

「優菜の方が正しいな」

いいんだ、誰が何と言おうと、私はボッサの魅力を知っている。

“ボッサ”はうちの高校の生物教師。

ジャニーズ系のかわいい顔をしているのだけれど、
いつも髪がボサボサだから、あだ名は、ボッサ。

女子高生は安直だ。


私は半年くらい前から、ボッサのことが気になりはじめ、
今ではすっかり恋する乙女だ。

誰にも言っていないけれど、実はボッサの方だって私にちょと気がある
のではないかと思っている。

なぜなら、生物の授業中に、こっそり目配せして微笑んだり、
さりげなく肩に触れたりするから。


ボッサの授業は実験が多い。
それも、他の教師はやらないような、ちょっとおかしなことをする。

例えば、ニワトリの手羽の組織観察実験では、
検体を後から油で揚げて食べた。

「筋組織と軟骨組織を口の中で確認するんだ」なんて言いながら。

この時は実験室からから揚げの匂いが漂って、教頭先生に叱られたらしい。

そんなだから、ボッサは生徒たちからけっこう人気がある。

優菜も理穂もはあんな風に言っているけど、
ライバルは意外に多いのではないかと思う。


「でもさ、やっぱりやめた方がいいよ、ボッサは先生じゃん。」
 
実は、うちの学校には、以前、生徒とこっそり付き合った教師がいて、
それが生徒の親にバレて、大問題になったことがある。

激高した親が警察に届けるなんて言いだして、
教師はもう少しで捕まるところだったらしい。


「大丈夫だよ、告白するのは、ちゃんと卒業してからにするから。
 その代り、そのときは絶対に応援してよ!」
 
この春3年になったから、あと1年の我慢だ。

密かに告白のシナリオも作ってある。

ボッサと同じ大学に合格して、ボッサの後輩になったことと、
好きだったことを伝えるのだ。

ボッサのおかげで、1年の時は大の苦手だった生物も
2年になってぐんと成績が上がった。
共通一次突破は、十分射程圏内だと思う。


ところが……

ゴールデンウイーク明けに学校に行ってみると、
生物の授業に別の先生が現れて、ボッサが退職したことを告げた。

実家に戻って家業を継ぐことになったという。


好きな人が突然いなくなる、なんていうのは、漫画ではよくある話だけれど、
まさか、自分の身に降りかかるなんて……。

まだ告白さえしていないというのに。

ショックで頭が真っ白になりかかったその瞬間、
後ろの席で、「わあああぁぁぁぁん」という思い切った泣き声がした。

振り返ると、クラスで一番大人しかった麻美ちゃんが、
机に突っ伏していた。

半月ほどして、私はボッサの退職の本当の理由を知った。

机に突っ伏して泣いていた麻美ちゃんと、教師としてあるまじき関係
だったのだという。

実際のところは、ボッサが少々思わせぶりだったものだから、
麻美ちゃんが熱を上げてしまい、ストーカー的行為をしていたそうだ。

ボッサが居なくなって10日ほどで、麻美ちゃんも転校した。

事情を全て知った親が、全寮制の女子高に入れたらしい。

どの情報も噂の範囲で、自分で確かめこともできないけれど、
あの目配せや、肩にそっと触れたボッサの手を思い出すと、
噂はどれも、その通りなのではないかと思う。


それから1年して、私は無事、志望校に合格した。

まだ恋人はできないけれど、ボッサのことはすっかり過去の思い出になった。

「圭ちゃん、男の趣味悪いよ」と言った優菜の言葉は
なかなか鋭かったな、と今になって改めて思う。

でも…… 

ボッサのあの思わせぶりな目配せと肩に触れた暖かな手が、
共通一次を突破できた最大の要因だったのは紛れもない事実だ。


今度は男を見る目を磨かなくっちゃ。

花が散って緑がまぶしくなった桜並木を見上げながら、
キャンパスへの第一歩を踏みだした。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━☆°━━. ★*:・☆─━─━


最後まで読んでくださって、ありがとうございました!

春になったはずなのに、ここ数日小寒い日が続いていますね。
GWも近いというのに、デパートでは、コートが良く売れているんだとか。

私も今日は暖房まで入れちゃってます。^^;

そんなおかしな季候なので、涙が出た後心が暖かくなる、
こんなページのご紹介です。

http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2010/0419/309359.htm?g=01


いろいろ言われている今の世の中ですが、
まだまだ捨てたもんじゃありませんよね。^^

ブリリアントタイムでは、あなたからのご意見ご感想を
心待ちにしています!

 『ブリリアントタイム』 byウォッチコレ
     URL http://www.watch-colle.com/
  『ティータイムをご一緒に』 by Haruka
     URL http://happyteatime.jp 

このメールマガジンは、『まぐまぐ』 http://www.mag2.com/
を利用して発行 しています。

■購読の中止及び変更は
 こちらです →http://www.watch-colle.com/cgi-bin/mail/Haruka.htm

■その他お問合せ・ご感想等はこちらへどうぞ
 →webmaster@watch-colle.com

All Contents Copyright (C)2002 watch-colle.com All Rights Reserved.


¨☆☆¨・..。.・¨☆☆¨・..。.・¨☆☆¨・..。.・¨☆☆¨

All Contents Copyright (C)2002 watch-colle.com All Rights Reserved.
TOP会社概要商品一覧ご購入の手順お支払い方法送料についてQ&A集返品についてお客様の声
あなたにお届けします!楽しいショートストーリーとウォッチコレ新着情報!☆Presented by Watch-colle