━━━☆Presented by Watch-colle☆━━━  あなたにお届けします!  毎週 楽しいショートストーリーとウォッチコレ新着情報!
                        あなたの楽しいコメント募集中! Haruka と楽しいメルマガトークしませんか? お待ちしていま〜す ^ ^

ウォッチ コレ TOPへ ウォッチ コレ TOPへ
TOP会社概要商品一覧ご購入の手順お支払い方法送料についてQ&A集返品についてお客様の声
 


毎週Harukaさんのショートストーリーがおもしろ〜〜い

リニューアルしたメルマガ
無料購読申込みと
購読の解除は

こちらからどうぞ

『Brilliant Time』
volume324
volume323
volume322
volume321
volume320
volume319
volume318
volume317
volume316
volume315
volume314
volume313
volume312
volume311
volume310
volume309
volume308
volume307
volume306
volume305
volume304
volume303
volume302
volume301
volume300
volume299
volume298
volume297
volume296
volume295
volume294
volume293
volume292
volume291
volume290
volume289
volume288
volume287
volume286
volume285
volume284
volume283
volume282
volume281
volume280
volume279
volume278
volume277
volume276
volume275
volume274
volume273
volume272
volume271
volume270
volume269
volume268
volume267
volume266
volume265
volume264
volume263
volume262
volume261
volume260
volume259
volume258
volume257
volume256
volume255
volume254
volume253
volume252
volume251
volume250
volume249
volume248
volume247
volume246
volume245
volume244
volume243
volume242
volume241
volume240
volume239
volume238
volume237
volume236
volume235
volume234
volume233
volume232
volume231
volume230
volume229
volume228
volume227
volume226
volume225
volume224
volume223
volume222
volume221
volume220
volume219
volume218
volume217
volume216
volume215
volume214
volume213
volume212
volume211
volume210
volume209
volume208
volume207
volume206
volume205
volume204
volume203
volume202
volume201
volume200
volume199
volume198
volume197
volume196
volume195
volume194
volume193
volume192
volume191
volume190
volume189
volume188
volume187
volume186
volume185
volume184
volume183
volume182
volume181
volume180
volume179
volume178
volume177
volume176
volume175
volume174
volume173
volume172
volume171
volume170
volume169
volume168
volume167
volume166
volume165
volume164
volume163
volume162
volume161
volume160
volume159
volume158
volume157
volume156
volume155
volume154
volume153
volume152
volume151
volume150
volume149
volume148
volume147
volume146
volume145
volume144
volume143
volume142
volume141
volume140
volume139
volume138
volume137
volume136
volume135
volume134
volume133
volume132
volume131
volume130
volume129
volume128
volume127
volume126
volume125
volume124
volume123
volume122
volume121
volume120
volume119
volume118
volume117
volume116
volume115
volume114
volume113
volume112
volume111
volume110
volume109
volume108
volume107
volume106
volume105
volume104
volume103
volume102
volume101
volume100
volume99
volume98
volume97
volume96
volume95
volume94
volume93
volume92
volume91
volume90
volume89
volume88
volume87
volume86
volume85
volume84
volume83
volume82
volume81
volume80
volume79
volume78
volume77
volume76
volume75
volume74
volume73
volume72
volume71
volume70
volume69
volume68
volume67
volume66
volume65
volume64
volume63
volume62
volume61
volume60
volume59
volume58
volume57
volume56
volume55
volume54
volume53
volume52
volume51
volume50
volume49
volume48
volume47
volume46
volume45
volume44
volume43
volume42
volume41
volume40
volume39
volume38
volume37
volume36
volume35
volume34
volume33
volume32
volume31
volume30
volume29
volume28
volume27
volume26
volume25
volume24
volume23
volume22
volume21
volume20
volume19
volume18
volume17
volume16
volume15
volume14
volume13
volume12
volume11
volume10
volume9
volume8
volume7
volume6
volume5
volume4
volume3
volume2
創刊号

【週刊Harukaの部屋】
バックナンバー
最終回
第130号
第129号
第128号
第127号
第126号
第125号
第124号
第123号
第122号
第121号
第120号
第119号
第118号
第117号
第116号
第115号
第114号
第113号
第112号
第111号
第110号
第109号
第108号
第107号
第106号
第105号
第104号
第103号
第102号
第101号
第100号
第99号
第98号
第97号
第96号
第95号
第94号
第93号
第92号
第91号
第90号
第89号
第88号
第87号
第86号
第85号
第84号
第83号
第82号
第81号
第80号
第79号
第78号
第77号
第76号
第75号
第74号
第73号
第72号
第71号
第70号
第69号
第68号
第67号
第66号
第65号
第64号
第63号
第62号
第61号
第60号
第59号
第58号
第57号
第56号
第55号
第54号
第53号
第52号
第51号
第50号
第49号
第48号
第47号
第46号
第45号
第44号
第43号
第42号
第41号
第40号
第39号
第38号
第37号
第36号
第35号
第34号
第33号
第32号
第31号
第30号
第29号
第28号
第27号
第26号
第25号
第24号
第23号
第22号
第21号
第20号
第19号
第18号
第17号
第16号
第15号
第14号
第13号
第12号
第11号
第10号
第9号
第8号
第7号
第6号
第5号
第4号
第3号
第2号
創刊号

 ■幸せを呼ぶ女 ★ウオッチコレブリリアントタイム★ 2009.12.4
 ☆。・°
 °. ★*:・☆━★━━━━━━━━━━━━━━━☆━━━━━━━━

  【ウオッチコレ】ブリリアントタイム 2009.12.4

━━━━☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★━━━━━━


こんにちは!Harukaです。

12月ですね。

12月になったからといって、何かが急に変わるわけでもないのに、
あと1カ月で今年が終わってしまうかと思うと、
なんだかちょっとそわそわして、特別な月に感じられます。

特別といえば……
テレビの番組なんかも特番が増えますよね。

そういえば昨日も、FNS歌謡祭なんていうのをやっていました。

アラフォー世代には嬉しい懐かしい楽曲もたくさん流れて、
一緒に熱唱してしまいました。(笑)


熱唱といえば……

うちの娘は私にも増して歌うのが好きで、私と違って少し上手いので、
毎晩、お風呂で歌いまくっているのですけれど、
今度、お友達とカラオケに行く約束をしてきたそう。


大人であれば、カラオケと言えば夜お酒でも飲みながら歌うものですが、
娘の場合は違っていました。


なんと、現地集合時間は早朝7時!


ノータイムの室料が格安で歌える学生に人気のお店らしく、
学校が休みの日にはすぐに満室になってしまうので、
みんな早朝からお弁当を持って行くのだそうです。

朝7時から、お弁当持ちで集合だなんて、
まるで部活動のようです。^^;


そういえば、最近は、1人でカラオケに行って、
好きなだけ歌って帰ってくる人も多いのだとか。

とあるお店の店頭には、

「ヒトカラ大歓迎!!」(←ひとりでカラオケの略だそうです。)

なんてポスターが貼ってありました。

なるほど、1人ならば、ヘタクソでもマニアックでも、
気兼ねなく熱唱できて、ストレス大発散できるかもしれません。


カラオケにもいろんな楽しみ方があるものですね。


あなたは、カラオケで、どんな楽しみ方をされていますか?

カラオケ、カラオケって書いてたら、歌いたくなってきました。(笑)


下手だけど歌うの大好きなHarukaと、今日もしばらくの間
ブリリアントなお時間をご一緒してくださいね♪

☆。★* *:・━━2009年 12月4日号もくじ━━━━━☆★. ★* ☆*・☆。・°


   ★ ウオッチコレ新着情報 11月20日〜12月3日

   ★ベリーショートストーリ3部作『魔性の女』

   ★ベリーショートストーリ3部作『覚えている女』 

★ベリーショートストーリ3部作『幸せを呼ぶ女』

 ・°
☆。★*:・☆━★━━━━━━━━━━━━━━━☆━━━━━━━━━

  
   ★ ウオッチコレ新着情報 11月20日〜12月3日

☆━★━━━━━━━━━━━━━━━☆━━━━━━━━━★*:・☆・°

◆セイコー プロフェッショナル 300mダイバー 7549-7010 クオーツ
 昭和59年製
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk450sp/SK-450SP.htm

◆エルメス セリエ コンビ メンズ クオーツ USED 
http://www.watch-colle.com/watch/HM/hm020d/HM-020D.htm

◆オメガ コンステレーション Cal.564 自動巻 OH済 1960年代
http://www.watch-colle.com/watch/OM/om318a/OM-318A.htm

◆ロンジン ルンゴマーレ クロノグラフ L36334766 クオーツ USED  
http://www.watch-colle.com/watch/LG/lg084c/LG-084C.htm

◆ハミルトン ジャズマスター クロノクオーツ H32612135 新品同様
http://www.watch-colle.com/watch/HT/ht018c/HT-018C.htm


 
☆。★*:・☆━★━━━━━━━━━━━━━━━☆━━━━━━━━━


    ★ベリーショートストーリ3部作『魔性の女』
    

☆━★━━━━━━━━━━━━━━━☆━━━━━━━━━★*:・☆・°


「うそっ……」

思わず声が漏れたのは、思いがけない場所で
あの花菜を見かけたから。


思いがけないところ、というのは、後輩の結婚式会場。

私は、新婦の会社の先輩として参列し、
花菜は新郎の会社の同僚として出席していた。


まさか、花菜が新郎の同僚だったとは……

壇上でうれし涙にむせぶ花嫁に駆け寄って、
「気を付けなさい」って忠告してあげたい気分だった。


花菜がかなりの美人であることは、ひと目見れば誰でもわかるが、
問題は、彼女の美しい外見ではなく、どんな男も惚れさせてしまう
驚くべき内面だ。

花菜と一日一緒にいて惚れなかった男がいたら、
そいつはきっとホモに違いない、と言われたくらい、
学生時代の花菜はモテた。


しかも、男に媚びを売ったり、色仕掛けでモテてたわけでなく、
美人のクセに性格も良く、母性も思いやりも色っぽさも
全部持ち合わせていたりして、男の方が勝手に熱を上げるから
よけいに性質が悪い。

花菜のような女こそが、本物の“魔性の女”なのだと思う。


うっかり彼氏を紹介してしまったばっかりに、
彼氏が勝手に花菜にハマって、振られた女も数知れず……。

それでも花菜が嫌な女なら、怨むこともできるのだけれど、
なまじ、いい子なものだから、振られた女にとってみれば、
怒りの持って行きどころさえない。


そんな花菜が、満面の笑みで、新郎の結婚を祝福しているのである。

もしかしたら、時すでに遅しなのかもしれない、とさえ思った。


花菜のような女は一日も早く結婚して、誰かのものになるべきだ。
できれば、ちょっと嫉妬心の強い、拘束型の男がいい。

外に働きに出ることさえ嫌って、一日何度も電話をして、
在宅を確かめるような……


ああ、私って、なんてヤな女なんだろう。

花菜に悪いところなど一つもなかったというのに。

未だにあの時のことを、心のどこかで根に持ってたなんて……。


そう、私も、彼氏を花菜に取られたのだ……

いえ、正確には、彼氏が勝手に花菜に惚れてしまった、
哀れな女のひとりなのだ。

高校時代から好きだった男で、それはかれこれ五年越しの恋で……。


でも、よく考えてみれば、あの時彼が花菜に惚れたからこそ、
彼と別れることになって、私の新しい人生が始まったのかもしれない。

私は、リングが光る左手を、膨らみかけたお腹に当てた。

今、私のお腹の中には、3番目の子供がいた。

夫は、あの時別れた彼氏とは雲泥の差の、パッとしない男だけど、
バカがつくほど正直で、誰よりも優しくて、
なにより、私と子供たちを心から愛してくれている。


そういえば、今けっこう幸せなんだよな、私。

花菜を見かけた動揺もいつの間にか治まって、
遠い日の思い出も、柔らかな霧に包まれていった。

 ・°
☆。★*:・☆━★━━━━━━━━━━━━━━━☆━━━━━━━━━


    ★ベリーショートストーリ3部作『覚えている女』


☆━★━━━━━━━━━━━━━━━☆━━━━━━━━━★*:・☆・°


「月子ちゃん、おめでとう! 本当におめでとう!」


同僚の男性から、結婚すると聞いたのは3か月前のこと。

相手を聞いて驚いた。

それは、私が小学生の頃、一緒に遊んだお向かいの女の子だったのだ。


その女の子、月子ちゃんは、まだ幼稚園に入ったばっかりで、
舌足らずなしゃべり方がとても可愛かった。

本人は、「かなねえちゃん」と言っていたつもりだと思うのだけれど、
上手く言えなくて、いつも「ななねーたん」と呼ばれていた。


一人っ子同士だった私たちは、、月子ちゃんが引っ越してきてから、
毎日毎日一緒に遊んだ。

月子ちゃんは、まるで、私がこの世の中で一番正しいとでも
思っているように、何でも言うことを聞き、私のする事を真似た。

可愛くて可愛くて仕方なかったのに、ある日、月子ちゃんのお母さんから
また、遠くへ引っ越すことになったと聞いた。


私たちは、離れるのが嫌で、二人でどこかに隠れてしまおうと
ありったけのお菓子を詰めたリュックを背負って家出をした。

草つみをした堤防に沿って、外国についてしまうのではないかしら
と思うくらいたくさん歩いて、へとへとになって座りこんでいると、
月子ちゃんのお父さんがやってきて、おうちへ帰ろうと言った。

あんなにたくさん歩いたはずだったのに、
車に乗るとすぐに家についてしまったことが
どうしても信じられなかった。


子供たちの都合なんかで、引越しが無くなるはずもなく、
月子ちゃんは翌月引っ越すことになったんだけど、
私はどうしても月子ちゃんに自分を忘れないでいてほしくって、
ママの時計をこっそり盗んで、月子ちゃんにプレゼントした。

光る石のついたその時計を見る度に、月子ちゃんが「ちれいねえ」
と言っていたから。

その時計が、結構高価なものだったと知ったのは、
私が大人になってからのこと。

ママもさすがに時効だと笑って許してくれたので、
代わりの時計をプレゼントした。


その、月子ちゃんが、同僚の花嫁になるなんて!

同僚に事情を話し、月子ちゃんとの再会を果たすと……

驚いたことに、月子ちゃんの左手首には、
あの時計が着けられていた。


「ななねーたん」

あの頃と同じ可愛い声で、月子ちゃんが私を呼んだ。

「覚えててくれたのね!」

「忘れるわけありません!」

毎日一緒に遊んだとはいえ、それは記憶の彼方に見え隠れするだけの、
遠い昔の、ほんのわずかな期間のことで、覚えているのは小学生だった
自分の方だけだったと思っていたのに……。


すっかり成長して綺麗になった月子ちゃんを見ていたら、
なんだかもうたまらなくなって、思わず椅子から立ち上がって、
その身体をギュッと抱きしめた。

そうして再会の感激に浸っていると……

「あの、感激はわかるけど……」

と同僚の声がして、顔を上げると、困り顔のウエイトレスさんと
目があった。


慌ててコーヒーを注文した後、私たちは顔を見合わせて
声をたてて笑った。


今日はそんな月子ちゃんの結婚式。

月子ちゃん、とっても綺麗よ。

そして、同僚に言いたいことはひとつだけ。

月子ちゃんを幸せにしなかったら、私が許さないから!

☆。★*:・☆━★━━━━━━━━━━━━━━━☆━━━━━━━━━


    ★ベリーショートストーリ3部作『幸せを呼ぶ女』
    

☆━★━━━━━━━━━━━━━━━☆━━━━━━━━━★*:・☆・°


いずみ先輩、ちゃんと来てくれてるかな?
私は、さっと会場を見渡して、いずみ先輩の姿を探した。


実は、いずみ先輩と親しくなったのは、ほんの数カ月前のこと。


でも、私は、どうしてもいずみ先輩を式に招待したかった。

その理由は……

社内に伝わるとあるジンクス。


そのジンクスとは、いずみ先輩が出席した結婚式の新婦は、
必ず1年以内に子供を授かって幸せになる。というもの。

うちの会社は日本では珍しいくらい、産休制度がしっかりしていて
子供を産んでも働ける環境が整っているから、
結婚したらすぐにでも子供が欲しいと思っている女性が多い。


たかがジンクス。
男性であればそう笑い飛ばすかもしれない。

けれど、過去3年で、すでに7人の新婦が子供を授かり、
いずみ先輩が出席しなかった4人は未だに子供ができない
という事実をみれば、そんな男性だって笑いを引っ込めるに違いない。

これは、もう、ジンクスでは済まないくらい強力な現実なのだ。


社内の女性の間では、本人以外知らない人がいないくらい有名な話で、
結婚が決まって、早く子供が欲しいと思った女子社員は、
いずみ先輩を式に呼べるよう、親しくなろうと必死になる。


根回しのいい子だと、彼氏ができた途端に、いずみ先輩に紹介し、
式が決まればいつでも呼べる準備を整えている。


ちなみに、本人は、このジンクスのことを知らない。

なぜかは分からないのだけれど、もし本人に知られてしまったら
ジンクスの効き目はなくなると信じられているから、
誰も本人には伝えようとはしないのだ。


会場を見まわしていたら、ななねーたんと目があった、

本当におめでとう!って言ってくれてるのね。


夫になったばかりの彼が、私を見てにっこり笑った。

あれ?なんだか景色が滲んできちゃった。

涙って嬉しいときにもたくさん出てきてしまうのね。


あ!いずみ先輩もこっちを見てる。

それから、自分の結婚指輪を見つめて、膨らみかけたお腹に手をあてて……
なんだかものすごく幸せそうに微笑んでるわ。


ああ、私もきっとすぐにあんなふうに赤ちゃんを授かって、
幸せそうに微笑む日がくるのね。


滲んだ景色の向こう側に、ななねーたんやいずみ先輩の笑顔が
揺れていた。


祝福の嵐の中で、ジンクスはもう叶いかけてると思った。


・°
☆。★*:・☆━★━━━━━━━━━━━━━━━☆━━━━━━━━━


最後まで読んでくださって、ありがとうございました!


先日、15年愛用していたホットサンドメーカーが壊れてしまいました。

冬の朝食の定番だったホットサンドが作れないのはさみしいので、
仕方なく新しいのを買うことに。

すると……

何でも進化してるのですね。
新しくかったホットサンドメーカーは、プレートを取り換えると、
ワッフルやタイ焼き、タルトカップなんかも焼ける優れモノ。

お餅をプレスしてデザート風にしたり、タルト型でパイ生地を焼いて
オードブルにしたりなんかもできちゃいます。

しかも、高温なので、焼き上がりまでの時間が短い!

いろんなものを焼いてみるのが楽しくて、体重増加が心配です。^^;

それから、前回はショートストーリーをお休みしたので、
今回は、久しぶりに3部作をお届してみました。

ご感想などいただけたら、とっても嬉しいです!


次回は、12月18日、
クリスマス目前のブリリアントでお会いしましょう!

ブリリアントタイムでは、ご意見・ご感想、面白い情報や近況報告など、
どのような内容でも、あなたからのメールを楽しみにお待ちしています♪

⇒ webmaster@watch-colle.com

                                ・°
━━━━━━━━☆━━━━━━━━━━━━━━━━★。☆*:・★━☆

  『Brilliant Time』 byウォッチコレ
     URL http://www.watch-colle.com/
  『ティータイムをご一緒に』 by Haruka
     URL http://happyteatime.jp
 

このメールマガジンは、『まぐまぐ』 http://www.mag2.com/
を利用して発行 しています。

■購読の中止及び変更は
 こちらです →http://www.watch-colle.com/cgi-bin/mail/Haruka.htm

■その他お問合せ・ご感想等はこちらへどうぞ
 →webmaster@watch-colle.com

All Contents Copyright (C)2002 watch-colle.com All Rights Reserved.
TOP会社概要商品一覧ご購入の手順お支払い方法送料についてQ&A集返品についてお客様の声
あなたにお届けします!楽しいショートストーリーとウォッチコレ新着情報!☆Presented by Watch-colle