━━━☆Presented by Watch-colle☆━━━  あなたにお届けします!  毎週 楽しいショートストーリーとウォッチコレ新着情報!
                        あなたの楽しいコメント募集中! Haruka と楽しいメルマガトークしませんか? お待ちしていま〜す ^ ^

ウォッチ コレ TOPへ ウォッチ コレ TOPへ
TOP会社概要商品一覧ご購入の手順お支払い方法送料についてQ&A集返品についてお客様の声
 


毎週Harukaさんのショートストーリーがおもしろ〜〜い

リニューアルしたメルマガ
無料購読申込みと
購読の解除は

こちらからどうぞ

『Brilliant Time』
volume341
volume340
volume339
volume338
volume337
volume336
volume335
volume334
volume333
volume332
volume331
volume330
volume329
volume328
volume327
volume326
volume325
volume324
volume323
volume322
volume321
volume320
volume319
volume318
volume317
volume316
volume315
volume314
volume313
volume312
volume311
volume310
volume309
volume308
volume307
volume306
volume305
volume304
volume303
volume302
volume301
volume300
volume299
volume298
volume297
volume296
volume295
volume294
volume293
volume292
volume291
volume290
volume289
volume288
volume287
volume286
volume285
volume284
volume283
volume282
volume281
volume280
volume279
volume278
volume277
volume276
volume275
volume274
volume273
volume272
volume271
volume270
volume269
volume268
volume267
volume266
volume265
volume264
volume263
volume262
volume261
volume260
volume259
volume258
volume257
volume256
volume255
volume254
volume253
volume252
volume251
volume250
volume249
volume248
volume247
volume246
volume245
volume244
volume243
volume242
volume241
volume240
volume239
volume238
volume237
volume236
volume235
volume234
volume233
volume232
volume231
volume230
volume229
volume228
volume227
volume226
volume225
volume224
volume223
volume222
volume221
volume220
volume219
volume218
volume217
volume216
volume215
volume214
volume213
volume212
volume211
volume210
volume209
volume208
volume207
volume206
volume205
volume204
volume203
volume202
volume201
volume200
volume199
volume198
volume197
volume196
volume195
volume194
volume193
volume192
volume191
volume190
volume189
volume188
volume187
volume186
volume185
volume184
volume183
volume182
volume181
volume180
volume179
volume178
volume177
volume176
volume175
volume174
volume173
volume172
volume171
volume170
volume169
volume168
volume167
volume166
volume165
volume164
volume163
volume162
volume161
volume160
volume159
volume158
volume157
volume156
volume155
volume154
volume153
volume152
volume151
volume150
volume149
volume148
volume147
volume146
volume145
volume144
volume143
volume142
volume141
volume140
volume139
volume138
volume137
volume136
volume135
volume134
volume133
volume132
volume131
volume130
volume129
volume128
volume127
volume126
volume125
volume124
volume123
volume122
volume121
volume120
volume119
volume118
volume117
volume116
volume115
volume114
volume113
volume112
volume111
volume110
volume109
volume108
volume107
volume106
volume105
volume104
volume103
volume102
volume101
volume100
volume99
volume98
volume97
volume96
volume95
volume94
volume93
volume92
volume91
volume90
volume89
volume88
volume87
volume86
volume85
volume84
volume83
volume82
volume81
volume80
volume79
volume78
volume77
volume76
volume75
volume74
volume73
volume72
volume71
volume70
volume69
volume68
volume67
volume66
volume65
volume64
volume63
volume62
volume61
volume60
volume59
volume58
volume57
volume56
volume55
volume54
volume53
volume52
volume51
volume50
volume49
volume48
volume47
volume46
volume45
volume44
volume43
volume42
volume41
volume40
volume39
volume38
volume37
volume36
volume35
volume34
volume33
volume32
volume31
volume30
volume29
volume28
volume27
volume26
volume25
volume24
volume23
volume22
volume21
volume20
volume19
volume18
volume17
volume16
volume15
volume14
volume13
volume12
volume11
volume10
volume9
volume8
volume7
volume6
volume5
volume4
volume3
volume2
創刊号

【週刊Harukaの部屋】
バックナンバー
最終回
第130号
第129号
第128号
第127号
第126号
第125号
第124号
第123号
第122号
第121号
第120号
第119号
第118号
第117号
第116号
第115号
第114号
第113号
第112号
第111号
第110号
第109号
第108号
第107号
第106号
第105号
第104号
第103号
第102号
第101号
第100号
第99号
第98号
第97号
第96号
第95号
第94号
第93号
第92号
第91号
第90号
第89号
第88号
第87号
第86号
第85号
第84号
第83号
第82号
第81号
第80号
第79号
第78号
第77号
第76号
第75号
第74号
第73号
第72号
第71号
第70号
第69号
第68号
第67号
第66号
第65号
第64号
第63号
第62号
第61号
第60号
第59号
第58号
第57号
第56号
第55号
第54号
第53号
第52号
第51号
第50号
第49号
第48号
第47号
第46号
第45号
第44号
第43号
第42号
第41号
第40号
第39号
第38号
第37号
第36号
第35号
第34号
第33号
第32号
第31号
第30号
第29号
第28号
第27号
第26号
第25号
第24号
第23号
第22号
第21号
第20号
第19号
第18号
第17号
第16号
第15号
第14号
第13号
第12号
第11号
第10号
第9号
第8号
第7号
第6号
第5号
第4号
第3号
第2号
創刊号

 ■もしも、時間が逆から流れたら・・・@★ウオッチコレブリリアントタイム★@2009.8.28

@☆。・°
@°. ★*:・☆━★━━━━━━━━━━━━━━━☆━━━━━━━━

@ 【ウオッチコレ】ブリリアントタイム@2009.8.28

━━━━☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★━━━━━━


こんにちは!Harukaです。

このブリリアントタイムは、ウオッチコレが隔週金曜日に発行する
読むだけでちょっぴりハッピーになるメールマガジンです。

秋が来たのは暦の上だけ

前回のブリリアントタイムでそんなふうにお話しましたが、
そうでもないかもしれません。

私の住む愛知県では、ここ数日、日中でもエアコンのいらない気温で、
朝夕など薄い夏服では肌寒いほど。

電気代の節約になるのは嬉しいのですが、
ちょっぴり物悲しい気分もします。


なぜだか、急に、

襟なしのシャツに10月が来ても夏は終わらない〜♪(by杉山清貴)

と歌っていた昔の彼を思い出しました。(笑)


少し早い秋のセンチメンタルを感じながら、
今日もしばらくの間ブリリアントなお時間をご一緒してくださいね。

☆。★* *:・━━2009年@8月28日号もくじ━━━━━☆★. ★*@☆*・☆。・°


@@@★@ウオッチコレ新着情報@8月14日〜8月27日

@@@★@もしも、時間が逆から流れたら・・・@

@@@★@7年続けられる理由@

@@@★@ベリーショートストーリー@『本の中の小人』


@・°
☆。★*:・☆━★━━━━━━━━━━━━━━━☆━━━━━━━━━

@@
@@@★@ウオッチコレ新着情報@8月14日〜8月27日


☆━★━━━━━━━━━━━━━━━☆━━━━━━━━━★*:・☆・°


◆オメガ ジュネーブ Cal.1012 自動巻 1970年代@
http://www.watch-colle.com/watch/OM/om308a/OM-308A.htm

◆オメガ コンステレーション Cal.712 自動巻 1970年代
http://www.watch-colle.com/watch/OM/om307a/OM-307A.htm

◆オメガ レディマチック レディス Cal.455 自動巻 1960年代
http://www.watch-colle.com/watch/OM/om306a/OM-306A.htm

◆オリエントスター パワーリザーブ WZ0071EL φ39mm 自動巻 USED
http://www.watch-colle.com/watch/ON/on053d/ON-053D.htm

◆オメガ スピードマスター マーク40コスモス 3520-50 自動巻 USED@
http://www.watch-colle.com/watch/OM/om305c/OM-305C.htm

◆セイコー 5スポーツ スピードタイマー 6138-0030 自動巻 昭和51年製@
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk397a/SK-397A.htm

◆セイコー 5スポーツ スピードタイマー 7017-6000 自動巻 昭和45年製@
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk396a/SK-396A.htm

◆シチズン ツノ クロノグラフ 4-901193K 自動巻 1968年製
http://www.watch-colle.com/watch/CZ/cz056a/CZ-056A.htm

◆フォルティス コスモノート 自動巻 610.10.11M USED@
http://www.watch-colle.com/watch/FT/ft038sp/FT-038SP.htm

◆セイコー ワールドタイム GMT アラーム クオーツ 5T52-7A00 USED
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk395c/SK-395C.htm

◆セイコー アラーム クロノ クオーツ 7T32-6L70 USED
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk394c/SK-394C.htm

◆オメガ 18K アンティーク レディス 手巻 1960年代
http://www.watch-colle.com/watch/OM/om304a/OM-304A.htm

◆ブローバ カラベル オートマチック デイデイト 1960年代
http://www.watch-colle.com/watch/OT/ot108a/OT-108A.htm

◆ロンジン ウルトラクロン Cal.431 自動巻 1970年代
http://www.watch-colle.com/watch/LG/lg076a/LG-076A.htm

◆セイコー 5スポーツ 6119-6400 自動巻 昭和41年製
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk392a/SK-392A.htm

◆セイコー 150mダイバー 7548-7000 クオーツ 昭和56年製
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk391sp/SK-391SP.htm


@・°
☆。★*:・☆━★━━━━━━━━━━━━━━━☆━━━━━━━━━


@@@@★@もしも、時間が逆から流れたら・・・


☆━★━━━━━━━━━━━━━━━☆━━━━━━━━━★*:・☆・°


今年の2月、ブラッド・ピットとケイト・ブランシェトの主演で公開され、
アカデミー賞最多12部門のノミネートでも話題を呼んだ異色作、
「ベンジャミン・バトン@数奇な人生」を、レンタルDVDで見ました。


公開時に見逃して、レンタル開始を待っていたのですが、
今は、劇場公開からレンタル開始までのスピードも早いですね。


当時のCMなどでご存じの方も多いと思いますが、
この映画は、80歳の老人の姿で生まれたベンジャミンが、
年を経るごとに若返りながら送る人生を追った映画です。


出産と同時に亡くなった妻からベンジャミンを託された父親は、
その姿に驚いて育児を放棄し、ベンジャミンを老人ホームの前に捨てます。

捨てる場所に「老人ホーム」を選んだのはナイス判断とも言えて、
ベンジャミンはホームの養母に、小さな老人として可愛がられて育ちます。


よく、「年を取ると子供返りする」なんて言いますが、
なるほど、少し育ったベンジャミンは、意外にもこのホームになじみ、
それなりに楽しんで暮らしているのです。

ところが、ベンジャミンが、ホームにいる老女の孫、デイジーと出会ってから、
物語は展開を見せ始めます。

美少女デイジーは、子供ならではのカンと純粋さで、
ベンジャミンが“普通じゃない”と気付き、特別な感情を持ちます。


少女から女性へと成長していくデイジーと、
老人から壮年へと若返っていくベンジャミンは、その間の時々に、
何度か重なる時間を過ごし、お互いに相手を意識します。

そして、やがて、二人がお互いに感じあっている特別な感情が、
かけがえのない愛情だということに気付きます。


もちろん、美少女から美女に育っていくデイジーも、
どんどんイケメンになっていく(笑)ベンジャミンも、
それぞれの人生で、いくつかの恋をして、その時々の人生を楽しむのですが、
やはり、ベンジャミンの心にはデイジーが、デイジーの心にはベンジャミンが
いつも住んでいるのです。


そんな二人が、一時、ほぼ同じ年齢で重なるのが、アラフォーの頃。

まだ十分に美しいデイジーと、まさに男盛りのベンジャミンは、
一緒に暮らし、この上なく幸せな月日を送ります。

でも、そんな時間が長くは続かないことは、誰の目にも明らか。

だって、この先、デイジーはどんどん若さを失い、年老いていき、
逆にベンジャミンは、ますます若々しく魅力的になっていくのですから……。


このあたりのデイジーの苦悩を、年下の恋人を持つアラフォー女性などが見たら、
本筋のストーリーも忘れてしまうほど感情移入しちゃいそうです。^^;


でも、もちろん、苦悩するのはデイジーだけでなく、ベンジャミンだって同じ。

ふたりのその後がどうなるのか?数奇な運命の行く末はいったい?

と最後まで気を持たせます。


そして、二人は驚くべきことに……

いえ、ご安心ください。
ここで結末をお話ししたりはしませんから。(笑)


もしも、時間が逆に流れたら……


誰だって一度や二度は、そんな風に想像したことがあると思います。


けれど、この映画を見て感じたのは、

例え時間が逆から流れても、人生の喜怒哀楽は案外一緒。

ということ。


夢や素敵な出来事、辛いことや悲しいこと、苦しいことやイヤなこと、
楽しいことや嬉しいこと、それから、かけがえのない愛も、
ちゃんと盛り込まれた人生が、時間がどちらから流れようと、
あるときはじまり、そして、終わる。


『ベンジャミン・バトン』を見終えた後、
少しだけ心が豊かになった気持ちがしました。

アカデミー賞美術賞や視覚効果賞にも輝いた美しい映像も見どころです。
秋の夜長、おしもお時間があれば、ぜひ、ご覧になってみてください。


@・°
☆。★*:・☆━★━━━━━━━━━━━━━━━☆━━━━━━━━━


@@@@★@7年続けられる理由


☆━★━━━━━━━━━━━━━━━☆━━━━━━━━━★*:・☆・°


このウオッチコレメールマガジン『ブリリアントタイム』は、
前身である『週刊Harukaの部屋』から数えて、なんと7年目!

スタートした時、小学校に入学したばかりの娘も、
はや、中学2年になりました。

ドックイヤーなんて言われるインターネットの世界で、
特別なことなど何もできない私のような女性が、
こうして、7年もメルマガを書いてこられた理由は2つ。


1つは、ウオッチコレさんという素敵なお店の心の広い店長に、
応援してもらえていること。


そして、もうひとつは……

こうして、メルマガを読んでくださるあなたがいること。


面白い読み物などいくらでも氾濫しているネットの中で、
数え切れないくらい発行されているメールマガジンの中で、
ブリリアントタイムを選んで読んでくださって、ありがとうございます!


こうして読んでくださっているあなたから、
メッセージが届くことは、私にとって何よりの喜びで、
いただくメッセージはすべて、私の宝物です。


今日は、そんな宝物のひとつ、前回のメルマガに届いた
メッセージをご紹介させてください。


前回のメルマガで、私は、時計を左手首につけていることをお話し、
アンケートによれば、それは、10人に1人の少数派であるとお伝えしました。


どうして右手首につける方がスタンダードなのでしょう?
という問いかけに、答えてくださった方からのメールです。

________________________________

こんにちは
毎回、愉しく拝読させていただいています。

今回、メルマガの中で話題となっていました腕時計を左手首につける理由。
それは、アンケートの回答者に、右利きの方が多いからではないかと思います。
左利きは全人口の一割程度だといわれる統計があるという話を思い出しました。
全人口でも一割程度なら、アンケートの回答者の中で10人に一人となっていても
なんら違和感はありません。

一般的に流通している腕時計の竜頭の位置を見てみてください。
右手で巻きやすいようについていませんか?
たいていの人は、竜頭を巻くときには手首から外して巻くかとは思いますが、この
構造だと腕につけたままでも巻くことは可能です。
その際に楽な腕と言えば・・・そう、左手首なのです!(笑)
つまり、ストレスなく、使いやすい側が、自然とそのような結果を導き出している
のではないでしょうか。
利き手の手首に腕時計は若干ではありますが、動かし辛さもありますから、利き手
とは逆側につけるのが広まったとも聞いたことがあります。

理由としてはこんな感じではないかと思います。

_________________________________


なるほど〜
そうだったのですね。

メールをくださったTさん、ありがとうございます!

私は右利きですが右手首に時計を着けるのに慣れてしまっているので、
不便を感じたことがなかったのですが、言われてみれば確かに、そうですね。

こんなふうに、読者の方から知らないことを教えていただけるのも、
メールマガジンを書き続ける楽しみのひとつです。^^

知らないことだらけの私ですから、これからも、
教えてください、とお願いすることは多いと思いますし、
思いちがいで間違ったことを書いてしまうこともあるかもしれません。

そんなときも、ぜひ、「Harukaさん、ちがいます!」って突っ込んでくださいね。


そういえば、サウスポーであると書かれていたTさんは、
時計を私と同じ右手首に着けていらっしゃるのでしょうか?


今、ブリリアントを読んでくださっているあなたからのご意見、ご感想、メッセージを、
えっと、例えていうなら、遠距離恋愛している恋人からのメールのように、
心待ちにしています!


→@webmaster@watch-colle.com


☆。★*:・☆━★━━━━━━━━━━━━━━━☆━━━━━━━━━


@@@@★@ベリーショートストーリー@『本の中の小人』


☆━★━━━━━━━━━━━━━━━☆━━━━━━━━━★*:・☆・°


子供の頃、本好きの父が「本の中には小人が住んでいる」と
教えてくれたことがあった。


僕は、その小人に会ってみたくて、会わせてくれと父にせがむと、
父は少し笑って、

「たくさん本を読めば会えるよ」と言った。


父の書斎には、まるで学校の図書館みたいに、たくさんの本が並んでいて、
父はよく難しい顔で、分厚い本を読んでいたから、
小人が住んでいるという父の言葉には、妙に説得力があった。


僕はそれから、小人はいったいどの本に住んでいるのだろうか?と
父の書斎にある本を、少しでも読めそうなものから順に、
片っ端から読んでいった。


小人には、いっこうに会えなかったが、
本は僕に、たくさんのことを教えてくれた。


僕は、小学校で、「物知り博士」とあだ名され、
中学の成績はいつも学年トップで、
優秀な生徒にだけに門戸を開く県下名門校に進み、
尊敬できる教授たちが教鞭をとる大学で
じっくりと学べる幸運を得た。


そして……

「ねえ、パパ!パパはどうしていつもご本ばっかり読んでるの?」

妻は僕の仕事を気遣って、娘を書斎から遠ざけようとしているが、
娘は、僕の書斎が、かなり気に入っているようだった。

本で埋め尽くされた壁をきょろきょろと見まわしながら、
僕の机までやってくると、
無理やり膝の上によじ登って、
本と僕の顔の間に、自分の顔を押しこんでは、こんなふうに質問するのだ。


「ねえ、パパってば!」

娘は僕が問いに答えるまで、絶対に膝から下りない。

僕はしかたなく、本から目を離し、この魅力的な頑固者の
やわらかな手をとって、こんなふうに答えるんだ。

「それはね、本の中に小人さんが住んでいるからだよ」


・°
☆。★*:・☆━★━━━━━━━━━━━━━━━☆━━━━━━━━━


最後まで読んでくださって、ありがとうございました!!


「ベンジャミン・バトン」と一緒にもう一本、「アイ@アム@レジェンド」
を借りてきて見ました。

実は、近未来SFものってかなり好きなんです。

でも、予備知識全くなしで見たものですから、
謎のウイルスに感染してゾンビみたいになっちゃった人間の
大量登場にびっくり!

けっこう怖くて、「ひぃっ」なんで悲鳴まであげてしまいました。^^;


一緒に見ていた娘も、見終えた後、「すごく怖かった!」というので、

「どこが一番怖かった?」と聞くと・・・

なんと、主人公が誤って自分の足にナイフを刺してしまったところだそう。


え?そこなの?

恐怖のウイルス感染でも、ゾンビでも、爆発でもなく?

娘には現実からほど遠い殺人ウイルスやゾンビより、
リアルに痛みの想像できるナイフの傷のが怖かったようです。


思春期の女の子の気持ちってムズカシイ。

それでは、次回、9月11日のブリリアントでお会いしましょう!

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@・°
━━━━━━━━☆━━━━━━━━━━━━━━━━★。☆*:・★━☆

@@『Brilliant Time』@byウォッチコレ
@@@@@URL http://www.watch-colle.com/
@@『ティータイムをご一緒に』@by Haruka
@@@@@URL http://happyteatime.jp
@

このメールマガジンは、『まぐまぐ』 http://www.mag2.com/
を利用して発行 しています。

■購読の中止及び変更は
@こちらです@→http://www.watch-colle.com/cgi-bin/mail/Haruka.htm

■その他お問合せ・ご感想等はこちらへどうぞ
@→webmaster@watch-colle.com

All Contents Copyright (C)2002 watch-colle.com All Rights Reserved.
TOP会社概要商品一覧ご購入の手順お支払い方法送料についてQ&A集返品についてお客様の声
あなたにお届けします!楽しいショートストーリーとウォッチコレ新着情報!☆Presented by Watch-colle