━━━☆Presented by Watch-colle☆━━━  あなたにお届けします!  毎週 楽しいショートストーリーとウォッチコレ新着情報!
                        あなたの楽しいコメント募集中! Haruka と楽しいメルマガトークしませんか? お待ちしていま〜す ^ ^

ウォッチ コレ TOPへ ウォッチ コレ TOPへ
TOP会社概要商品一覧ご購入の手順お支払い方法送料についてQ&A集返品についてお客様の声
 


毎週Harukaさんのショートストーリーがおもしろ〜〜い

リニューアルしたメルマガ
無料購読申込みと
購読の解除は

こちらからどうぞ

『Brilliant Time』
volume333
volume332
volume331
volume330
volume329
volume328
volume327
volume326
volume325
volume324
volume323
volume322
volume321
volume320
volume319
volume318
volume317
volume316
volume315
volume314
volume313
volume312
volume311
volume310
volume309
volume308
volume307
volume306
volume305
volume304
volume303
volume302
volume301
volume300
volume299
volume298
volume297
volume296
volume295
volume294
volume293
volume292
volume291
volume290
volume289
volume288
volume287
volume286
volume285
volume284
volume283
volume282
volume281
volume280
volume279
volume278
volume277
volume276
volume275
volume274
volume273
volume272
volume271
volume270
volume269
volume268
volume267
volume266
volume265
volume264
volume263
volume262
volume261
volume260
volume259
volume258
volume257
volume256
volume255
volume254
volume253
volume252
volume251
volume250
volume249
volume248
volume247
volume246
volume245
volume244
volume243
volume242
volume241
volume240
volume239
volume238
volume237
volume236
volume235
volume234
volume233
volume232
volume231
volume230
volume229
volume228
volume227
volume226
volume225
volume224
volume223
volume222
volume221
volume220
volume219
volume218
volume217
volume216
volume215
volume214
volume213
volume212
volume211
volume210
volume209
volume208
volume207
volume206
volume205
volume204
volume203
volume202
volume201
volume200
volume199
volume198
volume197
volume196
volume195
volume194
volume193
volume192
volume191
volume190
volume189
volume188
volume187
volume186
volume185
volume184
volume183
volume182
volume181
volume180
volume179
volume178
volume177
volume176
volume175
volume174
volume173
volume172
volume171
volume170
volume169
volume168
volume167
volume166
volume165
volume164
volume163
volume162
volume161
volume160
volume159
volume158
volume157
volume156
volume155
volume154
volume153
volume152
volume151
volume150
volume149
volume148
volume147
volume146
volume145
volume144
volume143
volume142
volume141
volume140
volume139
volume138
volume137
volume136
volume135
volume134
volume133
volume132
volume131
volume130
volume129
volume128
volume127
volume126
volume125
volume124
volume123
volume122
volume121
volume120
volume119
volume118
volume117
volume116
volume115
volume114
volume113
volume112
volume111
volume110
volume109
volume108
volume107
volume106
volume105
volume104
volume103
volume102
volume101
volume100
volume99
volume98
volume97
volume96
volume95
volume94
volume93
volume92
volume91
volume90
volume89
volume88
volume87
volume86
volume85
volume84
volume83
volume82
volume81
volume80
volume79
volume78
volume77
volume76
volume75
volume74
volume73
volume72
volume71
volume70
volume69
volume68
volume67
volume66
volume65
volume64
volume63
volume62
volume61
volume60
volume59
volume58
volume57
volume56
volume55
volume54
volume53
volume52
volume51
volume50
volume49
volume48
volume47
volume46
volume45
volume44
volume43
volume42
volume41
volume40
volume39
volume38
volume37
volume36
volume35
volume34
volume33
volume32
volume31
volume30
volume29
volume28
volume27
volume26
volume25
volume24
volume23
volume22
volume21
volume20
volume19
volume18
volume17
volume16
volume15
volume14
volume13
volume12
volume11
volume10
volume9
volume8
volume7
volume6
volume5
volume4
volume3
volume2
創刊号

【週刊Harukaの部屋】
バックナンバー
最終回
第130号
第129号
第128号
第127号
第126号
第125号
第124号
第123号
第122号
第121号
第120号
第119号
第118号
第117号
第116号
第115号
第114号
第113号
第112号
第111号
第110号
第109号
第108号
第107号
第106号
第105号
第104号
第103号
第102号
第101号
第100号
第99号
第98号
第97号
第96号
第95号
第94号
第93号
第92号
第91号
第90号
第89号
第88号
第87号
第86号
第85号
第84号
第83号
第82号
第81号
第80号
第79号
第78号
第77号
第76号
第75号
第74号
第73号
第72号
第71号
第70号
第69号
第68号
第67号
第66号
第65号
第64号
第63号
第62号
第61号
第60号
第59号
第58号
第57号
第56号
第55号
第54号
第53号
第52号
第51号
第50号
第49号
第48号
第47号
第46号
第45号
第44号
第43号
第42号
第41号
第40号
第39号
第38号
第37号
第36号
第35号
第34号
第33号
第32号
第31号
第30号
第29号
第28号
第27号
第26号
第25号
第24号
第23号
第22号
第21号
第20号
第19号
第18号
第17号
第16号
第15号
第14号
第13号
第12号
第11号
第10号
第9号
第8号
第7号
第6号
第5号
第4号
第3号
第2号
創刊号

 ◆ウオッチコレブリリアントタイム「成功のお守り」vol.85
☆。・°
@°. ★*:・☆━★━━━━━━━━━━━━━━━☆━━━━━━━━

@ 【ウオッチコレ】ブリリアントタイム@2008.1.18@volume.85

━━━━☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★━━━━━━
@@@@@

長い間大切にしていたものを、つい先日手放しました。


あって当たり前だと思っていたものが無くなってしまうのは、

やっぱりちょっと寂しくて、なんとも不思議な気持ちです。

でも……

こんにちは、Harukaです。

お話の続きは、今日のトピックの後でまた聞いてくださいね。


@@@@T┃O┃D┃A┃'S┃T┃O┃P┃I┃C┃@@@@@☆*・☆。・°
☆。★*:━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛ *:・☆★. ★*

1.ウオッチコレ新着情報@1月4日〜1月16日

2.成功のお守り

3.お正月にぴったりな時計

4.ベリーショートストーリー【コレクター】

@・°
☆。★*:・☆━★━━━━━━━━━━━━━━━☆━━━━━━━━━

@@@1.ウオッチコレ新着情報@1月4日〜1月16日

☆━★━━━━━━━━━━━━━━━☆━━━━━━━━━★*:・☆・°

★ラドー パープルガゼル 自動巻 1970年代
http://www.watch-colle.com/watch/RD/rd031a/RD-031A.htm

★ラドー ゴールデンホース 自動巻 1960年代
http://www.watch-colle.com/watch/RD/rd030a/RD-030A.htm

★セイコー ドルチェ クオーツ デッドストック
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk194a/SK-194A.htm

★ボーム&メルシエ MV045085 クオーツ SS/K18YGダイヤベゼル USED
http://www.watch-colle.com/watch/BM/bm007j/BM-007J.htm

★オリス フランク・シナトラ リミテッドエディション
@ 葉巻ケース入り 667 7575 40 61LS 未使用
http://www.watch-colle.com/watch/OR/or035d/OR-035D.htm

★ユンハンス マックスビル デザイン 27 5703 010 手巻き 未使用
http://www.watch-colle.com/watch/JH/jh002d/JH-002D.htm

★ラドー スペースウィング 自動巻 1970年代
http://www.watch-colle.com/watch/RD/rd029a/RD-029A.htm

★オメガ コンステレーション 自動巻 1970年代
http://www.watch-colle.com/watch/OM/om183a/OM-183A.htm

★セイコー ロードマーベル 手巻き 1965年1月製
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk193a/SK-193A.htm

★ロレックス 9KG 1950年代製 手巻き
http://www.watch-colle.com/watch/RX/rx058a/RX-058A.htm

@・°
☆。★*:・☆━★━━━━━━━━━━━━━━━☆━━━━━━━━━

@@@2.成功のお守り

☆━★━━━━━━━━━━━━━━━☆━━━━━━━━━★*:・☆・°

16日、第138回芥川賞受賞作品が決定しました。

19歳の綿矢りささんと、20歳の金原ひとみさんがダブル受賞して
最年少受賞記録を更新したことで話題を呼んだのは、もう5年前のことですが、
今回の受賞者も、ちょっと話題になりそうな方です。

受賞したのは、小説家であると同時に、シンガーソングライターとしても活躍する
川上未映子さん。

芸能活動をされているだけあって、見目麗しい上、おしゃべりもお上手ですから、
マスコミが放っておくわけありません。

今朝のニュース番組にも生出演されていたのですが、

「忙しくて夜も寝ていないでしょう?」というキャスターの問いかけに、

「いえ、昨夜は2時間寝ました」と笑顔で答えた川上さんに、
輝いてる女性の強力なパワーを感じました。


シンガーソングライターと小説家。

どちらかひとつだけだって、成るのは大変だと思うのに。
軽やかに両立した上、大きな賞まで取っちゃう女性がいることに
強い刺激を受けながら、

「睡眠不足だとつい居眠りしちゃう」ような、
自分のユルさを振り返っています。^^;

すごいことをしてしまう人は、やっぱり、
それに値するだけのすごい努力を、
見えないところで重ねているのでしょうね。


さて、そんなふうに私を刺激した芥川賞受賞作家さんに、
正賞として贈られるらしいのが、「懐中時計」。

実用を考えるならば、腕時計の方がずっと便利だと思いますが、
そこは、やっぱり、純文学に贈られる芥川賞。

芥川龍之介の作品中にもときどき登場する「懐中時計」は、
正賞の商品として、ピッタリなのかもしれません。


芥川賞を手にすることは、簡単ではないけれど、
芥川賞の受賞者も手にした「懐中時計」ならば、
私たちでも手にできます。

これを成功のシンボルとして身近に置き、
夢や目標に向かって努力するのも、素敵だな、って思います。

カタチから入ることって、意外に効果が大きいですから。^^

今、何かに向かって頑張っている皆さん、
選ばれし人が手にする「懐中時計」を
成功のお守りにしてみてはいかがでしょう?

http://www.watch-colle.com/Bunrui/pocketwatch1.htm

@・°
☆。★*:・☆━★━━━━━━━━━━━━━━━☆━━━━━━━━━

@@@3.リトライ

☆━★━━━━━━━━━━━━━━━☆━━━━━━━━━★*:・☆・°


今年のお正月、友人から届いた年賀状の中に、
とても、素敵なのがありました。

それは、美しい文字で、さらさらと手書きされた年賀状。

しばらくの間見惚れた後、私もこんな文字が書きたい!と、
強く感じた勢いで、

ペン習字の通信講座を申し込んでしまいました。


実は、私、小学6年生くらいから、ほとんど字が変わっていないんです。

よく、「文字は人を表す」なんて言いますが、もし、それが本当だとすれば、
私は、小6から、中身がほとんど成長していないことになりかねません。^^;


今年6年生になる、娘の連絡帳に、先生への連絡を書いたときなんて、
丁寧に書かれた娘の文字と、私が書いた文字が、
自分でも見分けられないほどで、ちょっと笑えてしまいました。


そんな私ですから、手書きの@会を激減させてくれたパソコンの普及は、
まさに、渡りに船。

お仕事の80%以上をパソコンでしている現状は、願ったり叶ったり
という気持ちでした。

でも、あの年賀はがきを見た瞬間に、「このままじゃいけない」
と強く感じ、どうしても、「美しい字が書ける人になりたい」と思ったんです。


そうしてオーダーした教材が、今日、到着しました。


この際ですから告白すると、私は過去にもOL時代に一度、
ペン習字の通信講座に申し込んだことがあります。

事務職だった当時、手書きしていた伝票が、あまりにも、なんだったので。笑

ところが、それから間もなくして、伝票作成もパソコンでできるようになり、
ペン習字のテキストは、1度添削してもらったきり放りっぱなしなりました。


今回は、リトライ。

今度こそ、必ず最後までやり遂げて、来年のお正月には、
別人のような美しい字で、お年賀に手書きメッセージを添える決意です。

今年、お年賀をくださった皆さん、期待していてくださいね♪

そして、来年、私の美しい手書き文字入りお年賀をご希望の方、
どうぞ、メールをくださいね!(強気・笑)


今年“リトライ”したいこと、あなたは何かありませんか?

@・°
☆。★*:・☆━★━━━━━━━━━━━━━━━☆━━━━━━━━━

@@@4.ベリーショートストーリー【コレクター】

☆━★━━━━━━━━━━━━━━━☆━━━━━━━━━★*:・☆・°


「とっても珍しい商品が入ったので、真っ先にお電話いたしました」

聞いているだけで幸せな気分になる春風のような声で、
彼女が電話をかけてきた。

僕は、すぐに手帳を開いて、あとどれくらいバイトを増やせるか確かめる。

明日からは、夜のバイトをダブルシフトにしようと決める。

「では、再来週のお越しをお待ちしておりますね」

耳をくすぐる余韻を残して、彼女からの電話が切れた。

彼女は、僕のことを、コレクターだと信じている。

彼女が働いている時計店で、珍しい時計をいくつも買っているからだ。

初めて彼女を見たのは、一昨年の秋。

たまたま入ったその小さな時計店で、店番をしていた彼女に、
僕は一目で参ってしまった。

彼女と少しでも長く話していたかったから、
店にある一番変わった時計を指さして、説明を求めたのだ。

本当は、そのおかしなデザインの時計になどちっとも興味はなかったけれど、
僕のすぐ近くまで来て、熱心に時計のことを話す彼女の顔は、本当に可愛かった。

彼女の笑顔と声にうっとりとして、「じゃ、それ貰うよ」と言うと、
彼女の笑顔はさらに輝いて、そのあまりの眩しさに、僕は思わず目を細めた。

あれから、2年。

僕の部屋には、ヘンなデザインの時計がたくさんあって、
まるで本物のコレクターのようになっている。

それなのに……

僕はまだ、ヘンな時計のコレクターになってしまった本当の理由を
彼女に伝えられないままでいる。

@・°
☆。★*:・☆━★━━━━━━━━━━━━━━━☆━━━━━━━━━


最後まで読んでくださって、ありがとうございました!


今年早々に手放すことになってしまった大切なものというのは、

「ショートストーリー」の提供から数えると、かれこれ5年以上
お世話になっていた「インターネットラジオ」のこと。

パーソナリティとしても、全部で72回の番組を担当させていただきました。

自分の声や娘の声が、BGMや効果音をつきでパソコンから流れてくるのは
とても面白い感覚で、毎回の収録も楽しみでした。

ゲストの方に来ていただいたり、
ミュージシャンの楽曲を紹介させていただいたりと、
新しい出会いもたくさんありました。

自分の書いたストーリーを、ネット声優さんに朗読していただけたことも、
本当に嬉しい経験でした。

そのネットラジオの番組が、先日15日に終了しました。


大切に感じていたものが、なくなってしまうのは、とても寂しいけれど、

「大切なものを手放すと、間もなく新しいものが手に入る」

という経験を、これまで何度も重ねているので、

ネットラジオとのお別れも、新しい素敵な出会いの準備だと感じています。

何か新しいことが始まる時は、またこのメルマガで、
お知らせ、ご報告しますね。

これまで番組を聞いてくださったリスナーの皆さまと、
番組スタッフの皆さまに、心より感謝いたします。


ありがとうございました!!


次回もぜひ、Harukaとブリリアントなお時間をご一緒してくださいね♪

@

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@・°
━━━━━━━━☆━━━━━━━━━━━━━━━━★。☆*:・★━☆

@@『Brilliant Time』@byウォッチコレ
@@@@@URL http://www.watch-colle.com/
@@『ティータイムをご一緒に』@by Haruka
@@@@@URL http://happyteatime.jp
@
@@『インターネットラジオ@ENDLESS@DREAM』
@@@@@URL http://www.edproject.net/netradio/
@

このメールマガジンは、『まぐまぐ』 http://www.mag2.com/
を利用して発行 しています。

■購読の中止及び変更は
@こちらです@→http://www.watch-colle.com/cgi-bin/mail/Haruka.htm

■その他お問合せ・ご感想等はこちらへどうぞ
@→webmaster@watch-colle.com

All Contents Copyright (C)2002 watch-colle.com All Rights Reserved.
TOP会社概要商品一覧ご購入の手順お支払い方法送料についてQ&A集返品についてお客様の声
あなたにお届けします!楽しいショートストーリーとウォッチコレ新着情報!☆Presented by Watch-colle