━━━☆Presented by Watch-colle☆━━━  あなたにお届けします!  毎週 楽しいショートストーリーとウォッチコレ新着情報!
                        あなたの楽しいコメント募集中! Haruka と楽しいメルマガトークしませんか? お待ちしていま〜す ^ ^

ウォッチ コレ TOPへ ウォッチ コレ TOPへ
TOP会社概要商品一覧ご購入の手順お支払い方法送料についてQ&A集返品についてお客様の声
 


毎週Harukaさんのショートストーリーがおもしろ〜〜い

リニューアルしたメルマガ
無料購読申込みと
購読の解除は

こちらからどうぞ

『Brilliant Time』
volume329
volume328
volume327
volume326
volume325
volume324
volume323
volume322
volume321
volume320
volume319
volume318
volume317
volume316
volume315
volume314
volume313
volume312
volume311
volume310
volume309
volume308
volume307
volume306
volume305
volume304
volume303
volume302
volume301
volume300
volume299
volume298
volume297
volume296
volume295
volume294
volume293
volume292
volume291
volume290
volume289
volume288
volume287
volume286
volume285
volume284
volume283
volume282
volume281
volume280
volume279
volume278
volume277
volume276
volume275
volume274
volume273
volume272
volume271
volume270
volume269
volume268
volume267
volume266
volume265
volume264
volume263
volume262
volume261
volume260
volume259
volume258
volume257
volume256
volume255
volume254
volume253
volume252
volume251
volume250
volume249
volume248
volume247
volume246
volume245
volume244
volume243
volume242
volume241
volume240
volume239
volume238
volume237
volume236
volume235
volume234
volume233
volume232
volume231
volume230
volume229
volume228
volume227
volume226
volume225
volume224
volume223
volume222
volume221
volume220
volume219
volume218
volume217
volume216
volume215
volume214
volume213
volume212
volume211
volume210
volume209
volume208
volume207
volume206
volume205
volume204
volume203
volume202
volume201
volume200
volume199
volume198
volume197
volume196
volume195
volume194
volume193
volume192
volume191
volume190
volume189
volume188
volume187
volume186
volume185
volume184
volume183
volume182
volume181
volume180
volume179
volume178
volume177
volume176
volume175
volume174
volume173
volume172
volume171
volume170
volume169
volume168
volume167
volume166
volume165
volume164
volume163
volume162
volume161
volume160
volume159
volume158
volume157
volume156
volume155
volume154
volume153
volume152
volume151
volume150
volume149
volume148
volume147
volume146
volume145
volume144
volume143
volume142
volume141
volume140
volume139
volume138
volume137
volume136
volume135
volume134
volume133
volume132
volume131
volume130
volume129
volume128
volume127
volume126
volume125
volume124
volume123
volume122
volume121
volume120
volume119
volume118
volume117
volume116
volume115
volume114
volume113
volume112
volume111
volume110
volume109
volume108
volume107
volume106
volume105
volume104
volume103
volume102
volume101
volume100
volume99
volume98
volume97
volume96
volume95
volume94
volume93
volume92
volume91
volume90
volume89
volume88
volume87
volume86
volume85
volume84
volume83
volume82
volume81
volume80
volume79
volume78
volume77
volume76
volume75
volume74
volume73
volume72
volume71
volume70
volume69
volume68
volume67
volume66
volume65
volume64
volume63
volume62
volume61
volume60
volume59
volume58
volume57
volume56
volume55
volume54
volume53
volume52
volume51
volume50
volume49
volume48
volume47
volume46
volume45
volume44
volume43
volume42
volume41
volume40
volume39
volume38
volume37
volume36
volume35
volume34
volume33
volume32
volume31
volume30
volume29
volume28
volume27
volume26
volume25
volume24
volume23
volume22
volume21
volume20
volume19
volume18
volume17
volume16
volume15
volume14
volume13
volume12
volume11
volume10
volume9
volume8
volume7
volume6
volume5
volume4
volume3
volume2
創刊号

【週刊Harukaの部屋】
バックナンバー
最終回
第130号
第129号
第128号
第127号
第126号
第125号
第124号
第123号
第122号
第121号
第120号
第119号
第118号
第117号
第116号
第115号
第114号
第113号
第112号
第111号
第110号
第109号
第108号
第107号
第106号
第105号
第104号
第103号
第102号
第101号
第100号
第99号
第98号
第97号
第96号
第95号
第94号
第93号
第92号
第91号
第90号
第89号
第88号
第87号
第86号
第85号
第84号
第83号
第82号
第81号
第80号
第79号
第78号
第77号
第76号
第75号
第74号
第73号
第72号
第71号
第70号
第69号
第68号
第67号
第66号
第65号
第64号
第63号
第62号
第61号
第60号
第59号
第58号
第57号
第56号
第55号
第54号
第53号
第52号
第51号
第50号
第49号
第48号
第47号
第46号
第45号
第44号
第43号
第42号
第41号
第40号
第39号
第38号
第37号
第36号
第35号
第34号
第33号
第32号
第31号
第30号
第29号
第28号
第27号
第26号
第25号
第24号
第23号
第22号
第21号
第20号
第19号
第18号
第17号
第16号
第15号
第14号
第13号
第12号
第11号
第10号
第9号
第8号
第7号
第6号
第5号
第4号
第3号
第2号
創刊号

 ◆ウオッチコレブリリアントタイム「世界最大のダイヤモンド?」vol.78
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
◇◆◇ブリリアントタイム◇◆◇@ @2007.10.12.volume78
―――――――――――――――――――――――――――――――――
―――――――――――――――――@Presented by Watch-colle@――


秋らしくなってきましたね。

先日、家族より数時間遅れてお風呂に入ろうとしたら……
お湯がすっかり冷めてしまっていて、

深まる秋を感じました。

そして、お風呂上り、
ボディオイル代わりのココナッツオイルを取りだそうとしたら……
気温の低さで白く固まっていて、

さらに深まる秋を感じてしまいました。


だんだん深まる秋を感じながら、今日もしばらくの間、
ブリリアントなお時間をご一緒してくださいね。

――◆◇◆今日のトピック◆◇◆――――――――――――――――――

◆ウオッチコレ新着情報@9月14日〜9月27日

◆世界最大のダイヤモンド?

◆世界最高額のダイヤモンド

◆ベリーショートストーリー『彼女の指輪』
_________________________________


◆ウオッチコレ新着情報@9月28日〜10月11日

■オメガ スピードマスター マーク40コスモス 自動巻 3520.50 USED
http://www.watch-colle.com/watch/OM/om178c/OM-178C.htm

■ダンヒル ミレニアム レディス USED
http://www.watch-colle.com/watch/DH/dh005d/DH-005D.htm

■エルメス クリッパー メンズサイズ クオーツ CL6.710.130/3754@
@未使用新品同様
http://www.watch-colle.com/watch/HM/hm017d/HM-017D.htm

■オメガ トリプルカレンダー Cal.381 1940年代
http://www.watch-colle.com/watch/OM/om167a/OM-167A.htm

■ミザーニ エルミタージュ H1100 USED
http://www.watch-colle.com/watch/Mi/mi012d/Mi-012D.htm

■オメガ シーマスター GP 自動巻 1970年代 OH済み
http://www.watch-colle.com/watch/OM/om177a/OM-177A.htm

■オメガ ジュネーブ 婦人用 GP 手巻き 1970年代 OH済み
http://www.watch-colle.com/watch/OM/om176a/OM-176A.htm

■オメガ デビル 婦人用 GP 手巻き 1970年代 OH済み
http://www.watch-colle.com/watch/OM/om175a/OM-175A.htm

■セイコー スポーツマチック 5デラックス 1966年製
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk172a/SK-172A.htm

■オメガ シーマスター 自動巻 1970年代 OH済み
http://www.watch-colle.com/watch/OM/om174a/OM-174A.htm

■オメガ ジュネーブ GP 自動巻 1970年代 OH済み
http://www.watch-colle.com/watch/OM/om173a/OM-173A.htm

■セントジョイナス SS/GPコンビ 自動巻 デッドストック
http://www.watch-colle.com/watch/OT/ot065d/OT-065D.htm


________________________________


◆世界最大のダイヤモンド?

8月の終わり頃、BBC Newsなどが伝える「世界最大のダイヤ発見」のニュースを知り、
密かに注目していました。

その内容は、南アフリカのダイヤモンド採@場で6000カラットものダイヤモンド原石が
採@されたというもの。

重さは約42オンス(1.2キログラム)。
金額に換算すれば、最大で1500万ポンド(35億円)の値がつくものとか。


それまでに発見されている世界最大のダイヤモンドは、
1905年にPretoria付近で見つかった「Cullinan Diamond」の3106カラットのため、
新発見された原石は、それを約2倍上回ることになります。

この原石を、「7000カラット」「ココナッツサイズ」で緑がかった色合い
などと報道しているメディアもあり、詳細の発表が待たれていました。

ところが……

10月に入って、鑑定の結果実、このダイヤは樹脂製のニセモノであることが
明らかになったことを、International Herald紙などが伝えたそうです。

このダイヤの原石発見を発表したイギリス人のビジネスマン・Brett Jolly氏は、
ダイヤの採@権がある農場の購入を持ちかけられていましたが、
そこではダイヤは出ないという話が持ち上がったため、
鉱山関係者がこの「ダイヤの原石」を持ち込んだそう。

「ダイヤの原石」を本物と信じていたJolly氏は、落胆し、
「ダイヤは本物と信じている」とコメントする一方で、
ダイヤを持ち込んだ関係者に対し、窃盗と詐欺の罪で告訴する準備もしているよう。

ダイヤの原石を持ち込んだ方も、いくら農場を売りたかったからとはいえ、
ずいぶん、ハデで、すぐばれる嘘をついてしまったものですね。^^:

それにしても、6000カラットが幻と消えたのは、残念。

_________________________________


◆世界最高額のダイヤモンド

今度は、世界で一番、“高価”なダイヤモンドのお話。

もちろん、こちらは、嘘でもニセモノでもありません。


10月9日付の香港紙・蘋果日報などによれば、
10月8日、香港で、競売大手サザビーズのオークションが開かれ、
世界的に希少価値の高いブルーダイヤモンド(6・04カラット)が
約798万ドル(約9億3400万円)で落札されたそうです。

この高額ダイヤを落札したのは希少で高価な宝石を取り扱うことで知られる
ロンドンの宝石商「Moussaieff Jewellers」。

サザビーズによると、落札されたダイヤは、1カラットあたり約132万ドル
(約1億5500万円)となり、宝石としては過去最高の額とのこと。

これまでの宝石1カラットあたりの最高額は1987年、
「ハンコック・レッド」と呼ばれるダイヤモンドの約93万ドルですから、
39万ドル(約4,500万円)の記録更新です。

この価格がついた理由は、
ただでさえ希少価値が高いというブルーダイヤとしては稀有の大きさで、
クオリティの高いカットが施されていることだとか。

スクエアにカットされた写真でみるそのダイヤモンドは、
深いブルーがサフ@イヤのようにも見えるのですが、
実物を目にすれば、また違っているのでしょうね。

こういう素晴らしい宝石を身につけるのは、
いったい、どのようなご婦人なのかしら?と、
落札されたダイヤのその後が気になります。

_________________________________


◆ベリーショートストーリー@『彼女の指輪』


「こんな死に方をするんじゃないかと思ったよ。」

誰かがそんなふうに囁く声が聞こえた。

誰もが同じようなことを感じていたのは確かだ。

でも、あえて口にした人が憎らしくてひっぱたいてやりたくなった。
実際には、声のした方を睨み付けることしかできなかったけれど。

彼女の死因は、頭部打撲。

彼女はアルコール依存症で、酔って転んだ拍子に
机の角に頭をぶつけてしまったらしい。

その冗談のような死に方が悲しかった。

久しぶりの再会がこんな形になるなんて。

彼女は、まだ40代のはずだ。
昔から化粧っけがなく、年齢不詳なところがあった。

母親が亡くなってからは、病気持ちの父親を扶養していて、
結婚もしていない。

その父親も昨年亡くなって、その後は一人暮らしだったらしい。

そんな彼女が、会社でも酒の匂いをさせていると聞いたのは、
半年ほど前のこと。

私は、結婚退職をしてからもう5年以上が経っていて、
社に遊びに行くこともなくなっていたけれど、
まだ、社に残っている友人たちから、彼女の噂を聞いていた。

彼女はヒステリーだったし、変なところに拘る仕事ぶりは
決して優秀なOLとは言えず、人の好き嫌いも激しかったから、
後輩からも慕われるタイプではなかった。

でも、なぜか私のことを可愛がってくれて、
ランチに連れ出してくれては、いろんな話を聞かせてくれた。

そんな雑談の合間に時折見せる無邪気な笑顔は
オフィスでは決して見られないもので、
本当の彼女は案外可愛らしいのかもしれないと思ったものだ。

ある日、アクセサリーなどしたことのない彼女が、
こっそり指輪を見せてくれたことがあった。

「プレゼント?」と訊ねた私に、「内緒」とはにかんで答えた彼女は、
それまで見たどの彼女よりも女性らしい眼差しで、
薬ゆびに嵌めたその指輪を愛しそうに見詰めていた。

仕事中につけていたことはなかったから、
あの指輪を見たことがあるのは、私だけだったかもしれない。

正直に言えば、それは一見して安物と分かるちっぽけな指輪で、
彼女にそれをプレゼントした人が、
彼女をそれほど大切には思っていないか、
あまり豊かではない人物であることを想像させた。

それでも、あの時の彼女は、この上なく幸せそうだった。

読経が終わり、彼女と最後のお別れをするため、
棺の中を覗き込むと……

胸の前で組んだ彼女の乾いた指に、あの指輪がはまっていた。

私は込み上げてくる涙をなんとか抑え、彼女とその人の間に
楽しい思い出があったことを祈りながら、お焼香を終えた。


_________________________________

最後まで読んでくださって、ありがとうございました。^^

昨日、娘が京都・奈良の修学旅行から帰ってきて、

乗っていたバスの前を、遭遇すると超ラッキーという
三つ葉タクシーの希少車、“四葉タクシー”が走っていた
と教えてくれました。

「あなたたちはめちゃくちゃラッキー!」と
ガイドさんが興奮して教えてくれたそう。

で、どんなラッキーがあったかと思ったら……

太秦映画村で、「水戸黄門」の撮影に出くわし、
「由美かおる」さんを間近で見られたそう。笑

同行の校長先生は、本気で喜ばれていたそうです。

でも、そのラッキーにはピンときていない娘には、
また別のラッキーが残っているかもしれません。笑

次回も、ぜひ、ブリリアントなお時間をご一緒してくださいね!

@

@@『Brilliant Time』@byウォッチコレ
@@@@@URL http://www.watch-colle.com/
@@『ティータイムをご一緒に』@by Haruka
@@@@@URL http://happyteatime.jp
@
@@『インターネットラジオ@ENDLESS@DREAM』
@@@@@URL http://www.edproject.net/netradio/
@

このメールマガジンは、『まぐまぐ』 http://www.mag2.com/
を利用して発行 しています。

■購読の中止及び変更は
@こちらです@→http://www.watch-colle.com/cgi-bin/mail/Haruka.htm

■その他お問合せ・ご感想等はこちらへどうぞ
@→webmaster@watch-colle.com

All Contents Copyright (C)2002 watch-colle.com All Rights Reserved.
TOP会社概要商品一覧ご購入の手順お支払い方法送料についてQ&A集返品についてお客様の声
あなたにお届けします!楽しいショートストーリーとウォッチコレ新着情報!☆Presented by Watch-colle