━━━☆Presented by Watch-colle☆━━━  あなたにお届けします!  毎週 楽しいショートストーリーとウォッチコレ新着情報!
                        あなたの楽しいコメント募集中! Haruka と楽しいメルマガトークしませんか? お待ちしていま〜す ^ ^

ウォッチ コレ TOPへ ウォッチ コレ TOPへ
TOP会社概要商品一覧ご購入の手順お支払い方法送料についてQ&A集返品についてお客様の声
 


毎週Harukaさんのショートストーリーがおもしろ〜〜い

リニューアルしたメルマガ
無料購読申込みと
購読の解除は

こちらからどうぞ

『Brilliant Time』
volume329
volume328
volume327
volume326
volume325
volume324
volume323
volume322
volume321
volume320
volume319
volume318
volume317
volume316
volume315
volume314
volume313
volume312
volume311
volume310
volume309
volume308
volume307
volume306
volume305
volume304
volume303
volume302
volume301
volume300
volume299
volume298
volume297
volume296
volume295
volume294
volume293
volume292
volume291
volume290
volume289
volume288
volume287
volume286
volume285
volume284
volume283
volume282
volume281
volume280
volume279
volume278
volume277
volume276
volume275
volume274
volume273
volume272
volume271
volume270
volume269
volume268
volume267
volume266
volume265
volume264
volume263
volume262
volume261
volume260
volume259
volume258
volume257
volume256
volume255
volume254
volume253
volume252
volume251
volume250
volume249
volume248
volume247
volume246
volume245
volume244
volume243
volume242
volume241
volume240
volume239
volume238
volume237
volume236
volume235
volume234
volume233
volume232
volume231
volume230
volume229
volume228
volume227
volume226
volume225
volume224
volume223
volume222
volume221
volume220
volume219
volume218
volume217
volume216
volume215
volume214
volume213
volume212
volume211
volume210
volume209
volume208
volume207
volume206
volume205
volume204
volume203
volume202
volume201
volume200
volume199
volume198
volume197
volume196
volume195
volume194
volume193
volume192
volume191
volume190
volume189
volume188
volume187
volume186
volume185
volume184
volume183
volume182
volume181
volume180
volume179
volume178
volume177
volume176
volume175
volume174
volume173
volume172
volume171
volume170
volume169
volume168
volume167
volume166
volume165
volume164
volume163
volume162
volume161
volume160
volume159
volume158
volume157
volume156
volume155
volume154
volume153
volume152
volume151
volume150
volume149
volume148
volume147
volume146
volume145
volume144
volume143
volume142
volume141
volume140
volume139
volume138
volume137
volume136
volume135
volume134
volume133
volume132
volume131
volume130
volume129
volume128
volume127
volume126
volume125
volume124
volume123
volume122
volume121
volume120
volume119
volume118
volume117
volume116
volume115
volume114
volume113
volume112
volume111
volume110
volume109
volume108
volume107
volume106
volume105
volume104
volume103
volume102
volume101
volume100
volume99
volume98
volume97
volume96
volume95
volume94
volume93
volume92
volume91
volume90
volume89
volume88
volume87
volume86
volume85
volume84
volume83
volume82
volume81
volume80
volume79
volume78
volume77
volume76
volume75
volume74
volume73
volume72
volume71
volume70
volume69
volume68
volume67
volume66
volume65
volume64
volume63
volume62
volume61
volume60
volume59
volume58
volume57
volume56
volume55
volume54
volume53
volume52
volume51
volume50
volume49
volume48
volume47
volume46
volume45
volume44
volume43
volume42
volume41
volume40
volume39
volume38
volume37
volume36
volume35
volume34
volume33
volume32
volume31
volume30
volume29
volume28
volume27
volume26
volume25
volume24
volume23
volume22
volume21
volume20
volume19
volume18
volume17
volume16
volume15
volume14
volume13
volume12
volume11
volume10
volume9
volume8
volume7
volume6
volume5
volume4
volume3
volume2
創刊号

【週刊Harukaの部屋】
バックナンバー
最終回
第130号
第129号
第128号
第127号
第126号
第125号
第124号
第123号
第122号
第121号
第120号
第119号
第118号
第117号
第116号
第115号
第114号
第113号
第112号
第111号
第110号
第109号
第108号
第107号
第106号
第105号
第104号
第103号
第102号
第101号
第100号
第99号
第98号
第97号
第96号
第95号
第94号
第93号
第92号
第91号
第90号
第89号
第88号
第87号
第86号
第85号
第84号
第83号
第82号
第81号
第80号
第79号
第78号
第77号
第76号
第75号
第74号
第73号
第72号
第71号
第70号
第69号
第68号
第67号
第66号
第65号
第64号
第63号
第62号
第61号
第60号
第59号
第58号
第57号
第56号
第55号
第54号
第53号
第52号
第51号
第50号
第49号
第48号
第47号
第46号
第45号
第44号
第43号
第42号
第41号
第40号
第39号
第38号
第37号
第36号
第35号
第34号
第33号
第32号
第31号
第30号
第29号
第28号
第27号
第26号
第25号
第24号
第23号
第22号
第21号
第20号
第19号
第18号
第17号
第16号
第15号
第14号
第13号
第12号
第11号
第10号
第9号
第8号
第7号
第6号
第5号
第4号
第3号
第2号
創刊号

 ◆ウオッチコレブリリアントタイム「待たない快感」vol.75
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
◇◆◇ブリリアントタイム◇◆◇@ @2007.8.31.volume75
―――――――――――――――――――――――――――――――――
―――――――――――――――――@Presented by Watch-colle@――


「3日前の朝に戻りたい。」

サンリオピューロランド&ディズニーランド&ディズニーシーという
夢の国々からの帰り道、娘が切実な声で言いました。

ディズニーキャラクターの帽子と、ペットボトルホルダーと、
ポップコーンケースを持った娘の、本当に名残惜しそうな表情が、
パパには少し嬉しくて、

3日も仕事を休んだことや、費用を少々使いすぎたことや、
回復しない体の疲れも忘れて、こんなふうに言うのです。

「来年もまた来ようね」

カラフルなお土産袋を持った家族連れがたくさん乗り込む新幹線の中には
同じような会話を交わす親子がたくさんいたことでしょう。


8月ももう終わり。
あなたは、どんな夏の思い出を作られましたか?

私は、前回のメールでも触れた通り、3日間の家族旅行に行ってきました。

前回のメルマガに、

「ディズニーリゾートにはビジネスヒントが一杯ですよ」

とメールをくださった方がいらっしゃったので、
今回の旅行では、その辺りも意識しながらリゾートを楽しんできました。

今日のメルマガでは、サンリオ&ディズニー&ホテルミラコスタで
感じたことをお話したいと思います。

あなたのご旅行の参考にしてくださいね。^^


――◆◇◆今日のトピック◆◇◆――――――――――――――――――

◆ウオッチコレ新着情報@8月17日〜8月30日

◆ディズニーの魔@

◆待たない快感

◆ベリーショートストーリー『泣かないで』
_________________________________


◆ウオッチコレ新着情報@8月17日〜8月30日


■グランドセイコー 9581-7000 クォーツ 年差時計
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk168a/SK-168A.htm

■タグ ホイヤー 2000シリーズ クロノブラフ 自動巻 Ref.165.806S 未使用
http://www.watch-colle.com/watch/TG/tg013c/TG-013C.htm

■ロンジン 婦人用 17石手巻き 14Kイエローゴールド無垢ケース 1960年代
http://www.watch-colle.com/watch/LG/lg037a/LG-037A.htm

■ロンジン 婦人用 17石手巻き 10KGFケース 1960年代
http://www.watch-colle.com/watch/LG/lg036a/LG-036A.htm

■ジラール・ペルゴ 婦人用 17石手巻き 14Kイエローゴールド無垢ケース
@ 1966年頃
http://www.watch-colle.com/watch/GP/gp004a/GP-004A.htm

________________________________

◆ディズニーの魔@


「ディズニーリゾートにはビジネスヒントが一杯」

出発前に、そんなメールをいただいたので、
7年ぶりのディズニーランドだった今回は、
そんなヒントの発見も意識しながらリゾートを楽しんでみました。

すると……

見えてくる見えてくる。

ディズニーリゾートには、普段は倹約家な人たちでも、
喜んでお財布の口を開いてしまう魔@が
あちらこちらにかけられているんですね。笑

そして、その魔@を有効にしているのが、
大勢のスタッフたちの、「本気のごっこ遊び」。

つまり、ディズニーリゾートは、優秀な大人たちが、
知恵と労力とお金をたっぷり使って、
本気で取り組んでいる“ごっこ遊び”だと思ったんです。

ほら、子どもの頃よくやった「お母さんごっこ」や、
「お医者さんごっこ」ってありましたよね。

母親のエプロンをして、お人形を抱いてお母さんのふりをして。

あの“ごっこ”をうんと壮大にしたのがディズニーリゾート。

広い土地に、ねずみたちが歩き回る架空の国を作り上げた上、
細部にまで気を配った大道具、小道具と、
丁寧に設定された架空の歴史やストーリーで、
誰もが「作り物」と分かっていてなお、楽しめる場にしてしまったのです。

だから、ミッキーやミニーの中には人間が入っていることも、
シンデレラやジャック・スパロウは実在してないことも、
誰もが当然知っているのに、
愛らしいしぐさで歩き回るミッキー&ミニーを大勢の大人が取り囲み、
炎天下で場所取りをしてまで、パレードするシンデレラを見て、
人形のジャック・スパロウに会うために、何時間も並んでしまう。

優秀な大人たちのごっこ遊びの質は高くて、
ミッキーは、中にもミッキーが入っているのではないかしら
と思ってしまうほど、ミッキーらしい動き方をするし、
シンデレラは、まるで絵本の中から飛び出してきたように、
シンデレラらしい容姿をしています。

こぼれたポップコーンを掃除する人でさえエンターティナーである
ディズニーリゾートの中にしばらくいると、
この中にあるものが全て真実であるような錯覚にとらわれて、
もっと入り込みたくなってきて……

結果、家に帰れば全く使い道のない付け耳や、かぶり物や、
光りものなんかのグッズを、思わず買ってしまうんですね。^^;


そういえば、ディズニースタッフの“ごっこ”の本気度を感じた
エピソードがあります。

ディズニーシーで、「ガイドツアー」に参加したのですが、
その案内のお姉さんは、シーの中にあるイタリアを再現したエリアで
ゴンドラを漕ぐスタッフを“イタリア人”だと言い切っていました。

私も一瞬信じかかり、ゴンドラを漕ぐ人たちを見ると、
「チャオ!」と軽快に挨拶しながらも、一重まぶたで黒髪で、
堪能な日本語を話されていました。笑

そして、もうひとつ。

壮大なごっこ遊びを、バカバカしく思わせず、
大人たちを現実に引き戻させない理由が、
徹底された“お掃除”の力だと感じました。

園内にはかなりの数のお掃除スタッフがいることは有名ですが、
あれだけの人が利用するトイレも、とても綺麗な状態なのです。

ランド内のとあるトイレでは、3人のスタッフが常駐して、
お掃除をしていました。

なので、常に人が並んでいるのに、汚れておらず、匂いもしない。

そして、外出先のトイレでは必ず見かける、「洗面台に落ちた髪の毛」
が、1本もないのです。

これはポイントが高いな、と感じました。

手を洗うとき、濡れた洗面台に髪の毛が張り付いてるのを見たりしたら、
一気に現実に引き戻されてしまいますから。

パーク内のトイレには、洗面台の前に鏡がないトイレが多かったのは、
これを防ぐためかもしれませんね。

前日に行ったサンリオピューロランドも、以前行ったUSJや志摩スペイン村も、
サニタリースペースのお掃除がそこまで徹底されてはいなくて、
そのあたりも、他のテーマパークよりもディズニーが評価されている理由
ではないかしら?と感じました。

お掃除と言えば、私が泊った部屋からは、ディズニーシーのパーク内が
見えたのですが、朝6時に目を覚まして窓の外を見ると、
すでに、通路の掃き掃除を終えようとしているスタッフの姿が見えました。

そして、食事をして部屋に戻ると、停泊しているゴンドラを数人のスタッフが
掃除している様子が見えました。

ゴンドラのあちこちを、キュッキュッという音が聞こえてきそうなほど、
力を入れて丁寧に磨いているようなのです。

こうした見えないところでの作業が、ディズニーリゾートという
大人を巻き込む壮大なごっこ遊びを成り立たせているのだなと感じました。

パークでの2日間では、かなりの体力とお金を費やしてしまいましたが、
それでも、「またディズニーリゾートに行きたい!」と強く思う私は、
きっと、ディズニーの魔@にかかってしまったに違いありません。笑


_________________________________

◆待たない快感


今回過ごしたディズニーリゾートでの2日間では、
「予約」というシステムを最大限利用して、“待たない快感”を堪能し、
これまであまり、「予約」を利用していなかったことをと後悔しました。

例えば、食事。

今回は、パークで過ごした2日間分の食事全てについて、
前もってレストランを予約しておきました。

実は、私、ディズニーリゾート内レストランでの食事はべらぼうに高い(笑)
という勝手なイメージを持っていたのですが、実際に利用してみたら、
そうでもないことが分かりました。

例えば、ランドでランチを取った「ダイヤモンドホースシュー」
というレストランでは、ショー付き、ドリンク飲み放題、パン食べ放題
のお食事がひとり2500円。

喉がカラカラだった私は、ドリンクを3杯も飲み、
これだけで元を取れてしまった気分でした。笑

以前行った時には、ホットドック1本買うにもいちいち並び、
それだけではおなかが膨れないので、場所を変えて何度か並び、
いくつかのスナックを食べていたので、
十分にレストランを利用できる時間を並ぶことに費やしていたのです。

アトラクションでも、「フ@ストパス」と呼ばれる優先利用券を、
最大限利用しました。


これ、すごいんです。

パーク内で長い列ができる人気アトラクションの多くには、
この「フ@ストパス」のシステムが採用されているのですが、
これを持っていると、専用の入り口から入ることができ、
殆ど並ぶことなくアトラクションを楽しめるのです。

各アトラクションの前には、フ@ストパスの発券@があるので、
上手に利用していけば、かなり効率よくアトラクションを回れます。

さらに、オフィシャルホテルの宿泊プランには、このフ@ストパスが
何枚かセットになっているものもあります。

このフ@ストパスを利用するときの気分は最高です。

なんたって、長い列に並ぶ人たちを横目に自分だけどんどん進んで行って、
乗り場のすぐ近くまで行ってしまえるのですから。

事前に工夫して計画を立てるか、少し余分に予算をかけるだけで、
「待つ」という苦痛から開放されるのですから、使わない手はありません。

そして、これは、何もディズニーリゾートに限ったことではなく、
日常生活にも言えることかもしれないと感じました。

忍耐強い日本人は、「待つ」ことも「並ぶ」ことも得意で、
あまり疑問を持たずに並んで待てる人が多いそうですが、
「予約」という素晴らしいシステムを使わないなんて勿体ないです。

これからは、何でもできるだけ事前に計画し、
「予約」できる物事はできるだけ予約して、

“待たない快感”のある生活を送っていきたいものです。

_________________________________


◆ベリーショートストーリー@『泣かないで』


巨大テーマパーク、ディズニーシーの「タワーオブテラー」は、
エレベーター型の乗り物で垂直落下する恐怖が人気のアトラクション。

長い列に2時間も並び、ようやく順番がやってきた。

暗い部屋に通されて、
メインアトラクションの前座とも言える
ストーリーテーリングが行われる。

どうやら、このアトラクションは、
呪いの偶像を手にした富豪の悲劇をテーマにしているらしい。

部屋の前方のスクリーンに映像が映し出され、
富豪が呪いの偶像を手に入れ、謎の失踪を遂げたという解説が行われた。

すると、突然、スクリーン脇にあった偶像の目が光り、煙が立ち上って、
不気味な笑い声を残して偶像が消えた。

「ひぃぃぃっ!」

凝った演出に感心している私たちの後ろで、
小学生くらいの少女が大きな悲鳴を上げた。

振り向くと、少女は、ひっく、ひっくとしゃくり上げながら
「怖いよぅ」「帰りたいよぅ」と繰り返している。

頬を伝う涙を@いながら、少女の父親が懸命になだめている。

「大丈夫だよ、怖くないから。泣かないで……」

泣き声を上げて引き返そうとする少女の口を押さえ、
説得する父親。

そりゃそうだ。
炎天下の中2時間も並んでようやくここまできたのだから、
父親だってここで引き返したくはないだろう。

好奇と同情の入り混じった視線を浴びながら、
父親は少女をなだめ続けて、
垂直落下するというエレベーター型の乗り物へと進んだ。

けれど……

その扉が閉まる前のほんの少し前、
私も、あの少女と同じ悲鳴を上げた。

「ひぃぃぃぃっ!!」

扉の向こうに、見えるはずのない未来の映像が広がったのだ。

それがアトラクションの演出ではないことは、
一瞬にして、分かった。

だって、私が見た映像は、
落下して地面に@きつけられたエレベーター内部の様子だったから。

「おろしてっ!!助けて!!」と取り乱す私は、驚いた彼氏になだめられながら、
エレベーターは予定通り上昇し……


ぎゃ〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!


_________________________________

最後まで読んでくださって、ありがとうございました!

夏休みが終われば、子どもの学校が始まって、
家事も楽になるから、主婦としてはほっとするのですけれど、

それでも、やっぱり、毎年ちょっぴり寂しくなるのは、
私が大人になりきれていないせいでしょうか?^^;

ウオッチコレとブリリアントタイムでは、あなたからのご意見ご感想を、
心よりお待ちしております。

次回も、ぜひ、ブリリアントなお時間をご一緒してくださいね。

@@『Brilliant Time』@byウォッチコレ
@@@@@URL http://www.watch-colle.com/
@@『ティータイムをご一緒に』@by Haruka
@@@@@URL http://happyteatime.jp
@
@@『インターネットラジオ@ENDLESS@DREAM』
@@@@@URL http://www.edproject.net/netradio/
@

このメールマガジンは、『まぐまぐ』 http://www.mag2.com/
を利用して発行 しています。

■購読の中止及び変更は
@こちらです@→http://www.watch-colle.com/cgi-bin/mail/Haruka.htm

■その他お問合せ・ご感想等はこちらへどうぞ
@→webmaster@watch-colle.com

All Contents Copyright (C)2002 watch-colle.com All Rights Reserved.
TOP会社概要商品一覧ご購入の手順お支払い方法送料についてQ&A集返品についてお客様の声
あなたにお届けします!楽しいショートストーリーとウォッチコレ新着情報!☆Presented by Watch-colle