━━━☆Presented by Watch-colle☆━━━  あなたにお届けします!  毎週 楽しいショートストーリーとウォッチコレ新着情報!
                        あなたの楽しいコメント募集中! Haruka と楽しいメルマガトークしませんか? お待ちしていま〜す ^ ^

ウォッチ コレ TOPへ ウォッチ コレ TOPへ
TOP会社概要商品一覧ご購入の手順お支払い方法送料についてQ&A集返品についてお客様の声
 


毎週Harukaさんのショートストーリーがおもしろ〜〜い

リニューアルしたメルマガ
無料購読申込みと
購読の解除は

こちらからどうぞ

『Brilliant Time』
volume325
volume324
volume323
volume322
volume321
volume320
volume319
volume318
volume317
volume316
volume315
volume314
volume313
volume312
volume311
volume310
volume309
volume308
volume307
volume306
volume305
volume304
volume303
volume302
volume301
volume300
volume299
volume298
volume297
volume296
volume295
volume294
volume293
volume292
volume291
volume290
volume289
volume288
volume287
volume286
volume285
volume284
volume283
volume282
volume281
volume280
volume279
volume278
volume277
volume276
volume275
volume274
volume273
volume272
volume271
volume270
volume269
volume268
volume267
volume266
volume265
volume264
volume263
volume262
volume261
volume260
volume259
volume258
volume257
volume256
volume255
volume254
volume253
volume252
volume251
volume250
volume249
volume248
volume247
volume246
volume245
volume244
volume243
volume242
volume241
volume240
volume239
volume238
volume237
volume236
volume235
volume234
volume233
volume232
volume231
volume230
volume229
volume228
volume227
volume226
volume225
volume224
volume223
volume222
volume221
volume220
volume219
volume218
volume217
volume216
volume215
volume214
volume213
volume212
volume211
volume210
volume209
volume208
volume207
volume206
volume205
volume204
volume203
volume202
volume201
volume200
volume199
volume198
volume197
volume196
volume195
volume194
volume193
volume192
volume191
volume190
volume189
volume188
volume187
volume186
volume185
volume184
volume183
volume182
volume181
volume180
volume179
volume178
volume177
volume176
volume175
volume174
volume173
volume172
volume171
volume170
volume169
volume168
volume167
volume166
volume165
volume164
volume163
volume162
volume161
volume160
volume159
volume158
volume157
volume156
volume155
volume154
volume153
volume152
volume151
volume150
volume149
volume148
volume147
volume146
volume145
volume144
volume143
volume142
volume141
volume140
volume139
volume138
volume137
volume136
volume135
volume134
volume133
volume132
volume131
volume130
volume129
volume128
volume127
volume126
volume125
volume124
volume123
volume122
volume121
volume120
volume119
volume118
volume117
volume116
volume115
volume114
volume113
volume112
volume111
volume110
volume109
volume108
volume107
volume106
volume105
volume104
volume103
volume102
volume101
volume100
volume99
volume98
volume97
volume96
volume95
volume94
volume93
volume92
volume91
volume90
volume89
volume88
volume87
volume86
volume85
volume84
volume83
volume82
volume81
volume80
volume79
volume78
volume77
volume76
volume75
volume74
volume73
volume72
volume71
volume70
volume69
volume68
volume67
volume66
volume65
volume64
volume63
volume62
volume61
volume60
volume59
volume58
volume57
volume56
volume55
volume54
volume53
volume52
volume51
volume50
volume49
volume48
volume47
volume46
volume45
volume44
volume43
volume42
volume41
volume40
volume39
volume38
volume37
volume36
volume35
volume34
volume33
volume32
volume31
volume30
volume29
volume28
volume27
volume26
volume25
volume24
volume23
volume22
volume21
volume20
volume19
volume18
volume17
volume16
volume15
volume14
volume13
volume12
volume11
volume10
volume9
volume8
volume7
volume6
volume5
volume4
volume3
volume2
創刊号

【週刊Harukaの部屋】
バックナンバー
最終回
第130号
第129号
第128号
第127号
第126号
第125号
第124号
第123号
第122号
第121号
第120号
第119号
第118号
第117号
第116号
第115号
第114号
第113号
第112号
第111号
第110号
第109号
第108号
第107号
第106号
第105号
第104号
第103号
第102号
第101号
第100号
第99号
第98号
第97号
第96号
第95号
第94号
第93号
第92号
第91号
第90号
第89号
第88号
第87号
第86号
第85号
第84号
第83号
第82号
第81号
第80号
第79号
第78号
第77号
第76号
第75号
第74号
第73号
第72号
第71号
第70号
第69号
第68号
第67号
第66号
第65号
第64号
第63号
第62号
第61号
第60号
第59号
第58号
第57号
第56号
第55号
第54号
第53号
第52号
第51号
第50号
第49号
第48号
第47号
第46号
第45号
第44号
第43号
第42号
第41号
第40号
第39号
第38号
第37号
第36号
第35号
第34号
第33号
第32号
第31号
第30号
第29号
第28号
第27号
第26号
第25号
第24号
第23号
第22号
第21号
第20号
第19号
第18号
第17号
第16号
第15号
第14号
第13号
第12号
第11号
第10号
第9号
第8号
第7号
第6号
第5号
第4号
第3号
第2号
創刊号

 ◆ウオッチコレブリリアントタイム「時間を忘れて」vol.69
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
◇◆◇ブリリアントタイム◇◆◇@ @2007.6.8.volume69
―――――――――――――――――――――――――――――――――
―――――――――――――――――@Presented by Watch-colle@――


こんにちは!Harukaです。


実は、今、私の目はちょっと腫れて、@は赤くなってます。


なぜなら、ついさっきまで、
韓流ドラマ『天国の階段』を見ていたから。

ずっとティッシュケースを抱え込んで、
何度も涙を@き、@をかんでいたので、
玄関のチャイムが鳴っても
居留守を使わなくてはいけない顔になってます。^^;


韓流ドラマといえば、主人公が記憶喪失になったり、
不治の病に倒れたり、ご都合主義満載のストーリーが定番ですが、
『天国の階段』もご他聞に漏れず、その手のお話です。


チェ・ジウ演じる主人公は、裕福な家庭に生まれながらも、
母を早くに亡くして、後妻に入った意地悪な母娘に
徹底的にいじめられます。

けれど、優しくけなげな彼女は、お金持ちの幼馴染と、
後妻の息子の両方から命がけで愛されて、
二人の間を揺れ動き、すったもんだした挙句、
ようやく幸せを掴みかけたところで
不治の病に倒るというストーリー。


物語の整合性とかリアリティなんてものは
限りなくゼロに近いけれど、
それでも、なぜか、ハマッてしまい、
こうして泣かされてしまいます。


だって、今日のお話なんて、

主人公がお金持ちの幼馴染と結婚し、
結局身を引いた後妻の息子が、
不治の病で失明してしまった主人公に角膜を提供するために
ドナー登録して自殺しちゃうんですよ!

それも、主人公には外国に行って幸せになったと思わせるために、
事前にいろいろな裏工作をして。

自分の利益や快楽や、ちょっとした怒りのために、
親でも夫婦でも殺しちゃうような事件が後を絶たない日本の現実と、
韓流ドラマの描く自己犠牲的純愛とのギャップには
軽い眩暈さえ感じます。


愛する人のためならば目でも命でも喜んで差し出し、
相手に負担をかけないようその事実を隠そうとするなんて、
現実にはなかなかできることじゃないけれど、
だからこそ、作り話と分かっていても、
たまらなく切なくて、涙が止まらなくなってしまいます。


えっと……。

まだドラマの余韻が残ってて、つい、長くなっちゃいました。^^;


ということで、
今日は、腫れた目と赤い@の私と(笑)、
これからしばらくの間ブリリアントなお時間をご一緒してくださいね。

――◆◇◆今日のトピック◆◇◆――――――――――――――――――

◆ウオッチコレ新着情報@5月25日〜6月7日


◆時間を忘れて

◆恒例!6月10日にちなんで

◆ベリーショートストーリー『ブレスレット』
_________________________________


◆ウオッチコレ新着情報@5月25日〜6月7日


フォルティス フリーガー クラシック クロノグラフ
597 11 11M USED
http://www.watch-colle.com/watch/FT/ft028c/FT-028C.htm

フォルティス フリーガー プロフェッショナル デイデイト
595 22 41H USED
http://www.watch-colle.com/watch/FT/ft027sp/FT-027Sp.htm

フォルティス パイロット アラビック 595 1041M USED
http://www.watch-colle.com/watch/FT/ft026sp/FT-026Sp.htm

オメガ デビル 角型 GP 手巻き 1970年代
http://www.watch-colle.com/watch/OM/om165a/OM-165A.htm

ブランパン ウルトラスリム 自動巻 USED
http://www.watch-colle.com/watch/BP/bp001d/BP-001D.htm

ピアジェ K18YG 手巻き USED
http://www.watch-colle.com/watch/PG/pg011d/PG-011D.htm


________________________________

◆時間を忘れて


さて、ウオッチコレ新着情報のご紹介も済んだところで、
冒頭でお話した韓流ドラマのお話の続きを……

え?もう十分?

残念だわ。今日はとことん韓流ドラマのお話をしようと思ったのに……。


というのは冗談ですが、笑

人間って、自分が好きなものや熱中していることについてならば、
時間を忘れていくらでも語ることができると思いませんか?

先日、教育関係のNPO@人でお仕事をされている方とお話する@会が
あったのですが、この方は、「高校生に夢を持ってもらう」ための
情報誌の発行に情熱を傾けていらっしゃいました。

彼の語る言葉はどれも熱く、その目はキラキラ輝いて、
あふれんばかりの強い思いをなんとか伝えようと、
まさに、時を忘れてお話をしてくださいました。


ふと気づけば、3時間ほどがあっと言う間に過ぎていました。


そんな彼の熱意に圧倒され、宮本亜門さんや、さまーずさんなど、
文化人やタレントのみなさんも、無償で、
彼の発行する情報誌に取材協力しているそうです。


熱意とキラキラの瞳は、時間だけでなく、
損得も忘れさせてしまうことを、改めて感じました。

私も、キラキラの瞳で熱く語って、
聞く人に時間を忘れさせるようになりたいです。


あなたは、今、どんなことに時間を忘れて熱中していますか?

よろしければ、メールで教えてくださいね!

_________________________________


◆恒例!6月10日にちなんで


6月10日といえば……

そう、「時の記念日」です。

ウオッチコレメールマガジンでは、『週間Harukaの部屋』時代から、
過去何度も、この時期になると「時の記念日」の話題を
取り上げてきました。

時計メーカーの「セイコー」が、この日にちなんで行っている
「時」に関するアンケート結果も、毎年時代を反映していて、
なかなか興味深いものがあるので、よく話題にしています。

今年のアンケート結果はまだ発表されていませんが、
当日過ぎには新聞紙上やWebサイトに掲載されるので、
ぜひご覧になってみてください。

さて、そこで、今年はどんな「時の記念日」の話題を書こうかしら?
と、ネットを検索しているうちに、「時」と「時計」の関係についての
素敵な表現を見つけました。


いわく、

“時間を計るのか、時間を作っているのか、不思議を抱え込んだ小さな装置”


これ、時と時計をすごく上手く言い表していると思いませんか?

だって、確かに、「時計」を使って「時」を計ることを始めなければ、
「時」はそこに流れていても、私たちはこれほどはっきりと、
「時」を知ることができなかったはずだから。

私たちは、「時計」を作り、「時」を知ることを自ら選択してきたのですね。

6月10日は、自分と「時」との関わり方を振り返り、
自ら望んで知りえた「時」に縛られたり、「時」に振り回されたりすることなく、
「時」を管理し、「時」を味方にした人生を送る方@を考えてみたいものです。


_________________________________

◆ベリーショートストーリー『ブレスレット』


「そんなのいつまでも大事に持ってるから新しい男ができないのよ」

久しぶりに会った友人は、私の手首を掴んで怒った。

自分でもその通りだと思う。
私のことを誰よりも心配してくれる友人の言葉は、真実だ。

それでも、私は、そのブレスレットをはずすことができない。

だってそれは、彼がくれたただひとつのプレゼントだから。

「でもね、行方不明になってもう3年以上経つのよ。
連絡ひとつ無いのだから、他に女ができたかもしれないし、
向こうはあなたのことなんてすっかり忘れてるに違いない。
だから、あなたも、いい加減に新しい恋を探しなさい」

「そう、ね……」

新しい恋を探す気など、これっぽっちも無いけれど、
友人の言葉が嬉しいから、曖昧に相槌を打つ。

「それにね、そのブレスレット、なんだかちょっと辛気臭いわ。
こんな言い方失礼だけれど、まるでお数珠みたい」

「お数珠……」

私は一瞬、言葉を失う。

今まで気づかなかったけれど、
水晶の小さな粒を紫の糸で繋いだブレスレットは、
房でも付ければ確かにお数珠だ。

「クリスタルが君を嫌なことから守ってくれるよ」

彼はそう言ってこのブレスレットをくれた。

でも、私にとって一番嫌なことをしようとしたのは、
その優しい彼だった。

「嫌!絶対に別れないわ!行かないで……お願い。」

泣きながらすがる私に、「ごめんな」とだけ言い残して背中を向けた彼。


だから……。


あれからもう、3年以上が過ぎたなんて、時の経つのは早いものだ。


けれど、彼からの最初で最後のプレゼントが、“お数珠”だなんて、
ちょっと可笑しくて、思わず笑いがこみ上げてきた。


「うふふ。」


「何思い出し笑いしてるのよ?でも、そういう笑顔で街に出れば
新しい男なんてすぐに見つかるわよ。ね?いい、それ、早くはずすのよ!」


「ええ、そうするわ」


友人にはそう答えたけれど、外すつもりなどさらさら無い。

だって、このブレスレットは彼からのたったひとつのプレゼントで、
彼は今もちゃんと、キッチンの床下で、私と一緒に暮らしているのだから。

_________________________________


最後まで読んでくださってありがとうございました。

最近、DVDとCDのレンタルショップに通いつめています。

しばらく聴かないでいた間に、最新ヒットランキングには、
男なのか女なのかグループなのか個人なのか、
名前だけでは判断できない名前が多く並ぶようになっていました。

例えば、「mihimaru GT」@なんて、まるでバイクの@種名のよう。

もう、人間の名前かどうかさえ判断が難しいほどに、
アーティスト名は自由自在なのだと、感心してしまう私って、
もしかして、オバサンでしょうか?^^;

ちょっと不安になったので、今、ランキングトップから十数枚、
CDを「大人借り」しています。笑

あなたのオススメアーティストなど教えていただけたら嬉しいです。^^

@@『Brilliant Time』@byウォッチコレ
@@@@@URL http://www.watch-colle.com/
@@『ティータイムをご一緒に』@by Haruka
@@@@@URL http://happyteatime.jp
@
@@『インターネットラジオ@ENDLESS@DREAM』
@@@@@URL http://www.edproject.net/netradio/
@

このメールマガジンは、『まぐまぐ』 http://www.mag2.com/
を利用して発行 しています。

■購読の中止及び変更は
@こちらです@→http://www.watch-colle.com/cgi-bin/mail/Haruka.htm

■その他お問合せ・ご感想等はこちらへどうぞ
@→webmaster@watch-colle.com

All Contents Copyright (C)2002 watch-colle.com All Rights Reserved.
TOP会社概要商品一覧ご購入の手順お支払い方法送料についてQ&A集返品についてお客様の声
あなたにお届けします!楽しいショートストーリーとウォッチコレ新着情報!☆Presented by Watch-colle