━━━☆Presented by Watch-colle☆━━━  あなたにお届けします!  毎週 楽しいショートストーリーとウォッチコレ新着情報!
                        あなたの楽しいコメント募集中! Haruka と楽しいメルマガトークしませんか? お待ちしていま〜す ^ ^

ウォッチ コレ TOPへ ウォッチ コレ TOPへ
TOP会社概要商品一覧ご購入の手順お支払い方法送料についてQ&A集返品についてお客様の声
 


毎週Harukaさんのショートストーリーがおもしろ〜〜い

リニューアルしたメルマガ
無料購読申込みと
購読の解除は

こちらからどうぞ

『Brilliant Time』
volume337
volume336
volume335
volume334
volume333
volume332
volume331
volume330
volume329
volume328
volume327
volume326
volume325
volume324
volume323
volume322
volume321
volume320
volume319
volume318
volume317
volume316
volume315
volume314
volume313
volume312
volume311
volume310
volume309
volume308
volume307
volume306
volume305
volume304
volume303
volume302
volume301
volume300
volume299
volume298
volume297
volume296
volume295
volume294
volume293
volume292
volume291
volume290
volume289
volume288
volume287
volume286
volume285
volume284
volume283
volume282
volume281
volume280
volume279
volume278
volume277
volume276
volume275
volume274
volume273
volume272
volume271
volume270
volume269
volume268
volume267
volume266
volume265
volume264
volume263
volume262
volume261
volume260
volume259
volume258
volume257
volume256
volume255
volume254
volume253
volume252
volume251
volume250
volume249
volume248
volume247
volume246
volume245
volume244
volume243
volume242
volume241
volume240
volume239
volume238
volume237
volume236
volume235
volume234
volume233
volume232
volume231
volume230
volume229
volume228
volume227
volume226
volume225
volume224
volume223
volume222
volume221
volume220
volume219
volume218
volume217
volume216
volume215
volume214
volume213
volume212
volume211
volume210
volume209
volume208
volume207
volume206
volume205
volume204
volume203
volume202
volume201
volume200
volume199
volume198
volume197
volume196
volume195
volume194
volume193
volume192
volume191
volume190
volume189
volume188
volume187
volume186
volume185
volume184
volume183
volume182
volume181
volume180
volume179
volume178
volume177
volume176
volume175
volume174
volume173
volume172
volume171
volume170
volume169
volume168
volume167
volume166
volume165
volume164
volume163
volume162
volume161
volume160
volume159
volume158
volume157
volume156
volume155
volume154
volume153
volume152
volume151
volume150
volume149
volume148
volume147
volume146
volume145
volume144
volume143
volume142
volume141
volume140
volume139
volume138
volume137
volume136
volume135
volume134
volume133
volume132
volume131
volume130
volume129
volume128
volume127
volume126
volume125
volume124
volume123
volume122
volume121
volume120
volume119
volume118
volume117
volume116
volume115
volume114
volume113
volume112
volume111
volume110
volume109
volume108
volume107
volume106
volume105
volume104
volume103
volume102
volume101
volume100
volume99
volume98
volume97
volume96
volume95
volume94
volume93
volume92
volume91
volume90
volume89
volume88
volume87
volume86
volume85
volume84
volume83
volume82
volume81
volume80
volume79
volume78
volume77
volume76
volume75
volume74
volume73
volume72
volume71
volume70
volume69
volume68
volume67
volume66
volume65
volume64
volume63
volume62
volume61
volume60
volume59
volume58
volume57
volume56
volume55
volume54
volume53
volume52
volume51
volume50
volume49
volume48
volume47
volume46
volume45
volume44
volume43
volume42
volume41
volume40
volume39
volume38
volume37
volume36
volume35
volume34
volume33
volume32
volume31
volume30
volume29
volume28
volume27
volume26
volume25
volume24
volume23
volume22
volume21
volume20
volume19
volume18
volume17
volume16
volume15
volume14
volume13
volume12
volume11
volume10
volume9
volume8
volume7
volume6
volume5
volume4
volume3
volume2
創刊号

【週刊Harukaの部屋】
バックナンバー
最終回
第130号
第129号
第128号
第127号
第126号
第125号
第124号
第123号
第122号
第121号
第120号
第119号
第118号
第117号
第116号
第115号
第114号
第113号
第112号
第111号
第110号
第109号
第108号
第107号
第106号
第105号
第104号
第103号
第102号
第101号
第100号
第99号
第98号
第97号
第96号
第95号
第94号
第93号
第92号
第91号
第90号
第89号
第88号
第87号
第86号
第85号
第84号
第83号
第82号
第81号
第80号
第79号
第78号
第77号
第76号
第75号
第74号
第73号
第72号
第71号
第70号
第69号
第68号
第67号
第66号
第65号
第64号
第63号
第62号
第61号
第60号
第59号
第58号
第57号
第56号
第55号
第54号
第53号
第52号
第51号
第50号
第49号
第48号
第47号
第46号
第45号
第44号
第43号
第42号
第41号
第40号
第39号
第38号
第37号
第36号
第35号
第34号
第33号
第32号
第31号
第30号
第29号
第28号
第27号
第26号
第25号
第24号
第23号
第22号
第21号
第20号
第19号
第18号
第17号
第16号
第15号
第14号
第13号
第12号
第11号
第10号
第9号
第8号
第7号
第6号
第5号
第4号
第3号
第2号
創刊号

 ◆ウオッチコレブリリアントタイム「絶叫の効能」vol.67
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
◇◆◇ブリリアントタイム◇◆◇@ @2007.5.11.volume67
―――――――――――――――――――――――――――――――――
―――――――――――――――――@Presented by Watch-colle@――

こんにちは!@Harukaです^^

風薫る5月。

木々の緑の眩しさには早くも夏が見え隠れしていますが、
あなたはいかがお過ごしですか?


え?

五月病?

連休疲れでやる気がでない?

(^_^;)

そういう日もありますよね。

じゃ、今日は無理をせず、のんびり過ごしてはいかがでしょう?^^

あなたにハッピーをお届する『ブリリアントタイム』でも読みながら……。

――◆◇◆今日のトピック◆◇◆――――――――――――――――――

◆ウオッチコレ新着情報@4月27日〜5月10日

◆絶叫の効能

◆時が止まって、時空を越えて、ノートに名前を書くだけで……

◆ベリーショートストーリー『愛する彼女のために』
_________________________________

◆ウオッチコレ新着情報@4月27日〜5月10日


■ブローバ 14Kホワイトゴールド無垢 23石 手巻き
http://www.watch-colle.com/watch/BV/bv018a/BV-018A.htm

■ハミルトン レディハミルトン 手巻き 14Kホワイトゴールド無垢 アンティーク
http://www.watch-colle.com/watch/HT/ht004a/HT-004A.htm

■エドックス レ・べモン フ@イブミニッツリピーター 自動巻 シルバー文字盤 87001-3AIN
http://www.watch-colle.com/watch/ED/87001-3ain/ED-87001-3AIN.htm

■医療現場の要望から生まれた@セントガレン
http://www.watch-colle.com/Bunrui/SG.htm

■ドイツの時計@リメス
http://www.watch-colle.com/Bunrui/LM.htm

■スイス製時計@エドックス
http://www.watch-colle.com/Bunrui/ED.htm

■ピアジェ K18YG 手巻き USED
http://www.watch-colle.com/watch/PG/pg011d/PG-011D.htm

■希少!オーディマピゲ 18金 スケルトン@USED
http://www.watch-colle.com/watch/AP/ap007s/AP-007S.htm


________________________________

◆絶叫の効能


ぎゃああぁぁぁぁぁぁ〜〜〜〜〜〜〜!!

ひーーーーーっ!!!

きょえええぇぇぇぇぇ〜〜〜〜!!!!

いったい何度叫んだでしょう?

「きゃー!」なんてカワイイ声などではしません。

暑くもないのに汗だくですし、
しがみついた友人の脚には手の痕がつきそうなほど。

怖かったんです。思っていたよりずっと。

遊園地のお化け屋敷が……。(^_^;)


お化け屋敷なんかに入ったのはどれくらいぶりでしょう?

ゴールデンウイーク後半を利用して、ママ仲間と子ども達を連れて、
一泊旅行に行ってきました。

宿泊は公共の宿。1泊3100円の低料金でも、
立地も良くてお部屋も綺麗。
歩いていけるくらい近い距離に、遊園地までありました。

ゴールデンウイーク期間はナイター営業しているという
この遊園地に行って、勢いで入っちゃったのが、

昔ながらのお化け屋敷。


お化けは昔から得意ではありませんでしたが、
ン十年の時は私の“怖がり”を増長させていたようで、
そんなにも怖くはないでしょうと冷静に構えるもう一人の私は、
館内に入った瞬間、完全に消滅していました。

もしもカートに乗っていなかったら、
館内を逆走して、入口から飛び出していたかもしれません。

分かっているんですよ、全部「作りもの」だって。

でも、真っ暗な中から急に現れる恨めしげな死体も、
シュー!!と突然噴き出す蒸気も、
ガタンと音を立ててひっくり返る壁も、

怖くってたまりませんでした。

子どもにさえ「子供だまし」と言われる程度のお化け屋敷なのに、
こんなにも怖いなんて、もしかして本物の……

そんな深読みまでしてしまうほどでしたが、
無事外に出ることができて、
しっかり握りしめた友人の腕を離したとたん、

あは……

あははははははははは!!うわっはっはーーー!!

もう笑えて、笑えて。^^

喉が枯れるほどに叫んだ後、涙が出るほど大笑いして、
気にかかってるいろんなことも、たまっていたストレスも、
みーんな吹き飛んでしまいました。

絶叫の効能は、

もちろん、この爽快感!

もう2度と入らない!と思ったお化け屋敷でしたが、
@会があったら、また入っちゃうかもしれません。笑


_________________________________

◆時が止まって、時空を越えて、ノートに名前を書くだけで……


どちらかというと前向きで、ポジティブシンキングが得意で
楽天家な性格だと思っているのですけれど、
ちょっとしたことがきっかけで、
どーんと落ち込んでしまうことがあります。(^_^;)

一旦そうして落ち込むと、下手にもがけばもがくほど、
深みにハマっていくもので、
足に錘がついているように、
浮き上がることができません。

そんなときはどうするか?

イイ方@があるんです。^^

あのね……

現実逃避。笑

いいんです。人間、ときには逃げたって。
辛い事や困難なことや、分からないことにぶち当たる度、
正面から果敢に立ち向かい、乗り越えて行く人はカッコイイけれど、
世の中、そんな強い人ばっかりじゃありません。

どーんと落ち込んで、うつうついじいじ暗くなって、
背中を丸めたくなる時だってあります。

でも、ずーっとそうしていても埒があかないから、
そういうときは、積極的に現実逃避するのも一案です。

現実逃避の方@として、手っとりばやいのが、映画を見ること。

私も、レンタルショップで、DVDをまとめ借りしました。^^


事故で記憶が80分だけしかもたなくなった数学博士と
子持ちの家政婦の交流を描く『博士の愛した数式』は、
原作も、私の中で1,2を争うくらい好きだったもの。

記憶の中で止まった時と、80分づつの断片的な時間しか持たない博士が、
数式の美しさを通じて家政婦やその息子と心を交わし合い、
心の中では確かに繋がっている素晴らしい時間を過ごす物語です。

時を超えた恋愛がどう成立するのか興味深かった『イルマーレ』は、
男性が出した手紙が、なぜか同じ家に以前住んでいた女性に
届いてしまうというフ@ンタジックなラブストーリー。

テレビ放映で前篇を見て、続きが見たかったのは、
ノートに名前を書くだけで、人が殺せてしまうという
人気漫画が原作の実写版映画、『デスノート』。
主演の藤原竜也も、共演の死神も私好み。笑


どれも私を映画の世界に入り込ませ、心を動かしてくれる、
現実逃避にぴったりの作品でした。


そして、感動したり、涙ぐんだり、ハラハラしたりしているうちに、
落ち込んだ気分もだんだん回復してきました。

もう一本借りてある『交渉人真下正義』を見終える頃には、
すっかり元気な私に戻っているに違いありません。^^

落ちてる人に、「頑張れ!」と激を飛ばすのもいいけれど、
私は、「頑張らないで!」もたまにはいいかなって思います。


逆もまた真なり♪

_________________________________

◆ベリーショートストーリー『愛する彼女のために』


「あら、あなたカワイイわねぇ、いくつ?」

そのオバサンは、場慣れた様子で話しかけてきた。

「ハイ、この店で一番若い二十一です。
おっと、自称、永遠の二十歳の裕也先輩は別ですが……。
カイトと言います。よろしくお願いします。お姉さま」

オバサンの手を取って、僕の名刺を握らせる。

もちろん、視線は逸らさずに、オバサンの目を見つめたまま。

「お姉さま、僕、これからステージなんです。
左から5番目で踊ります。
お姉さまにウインクで合図しますから、ずっと僕を見ていてください」

「いいわ、左から5番目ね」

薄暗い店内でも、オバサンの表情がとろけていくのがはっきり分かる。

もらった。

このオバサンは、近いうちに必ずまた来るだろう。


この店の“売り”は、本格的なダンスショー。
元ダンサーやミュージカル俳優の在籍が、ショーのレベルを引き上げている。

ショーの衣装に着替えながら、マンションで一人待つ彼女のことを考えていた。

もし僕が普通の男ならば、こんな夜中に彼女を一人ぼっちにしたり、
好きでもないオバサンの手を握ったりしなくてもいいのに……。

早く帰って、彼女の華奢な身体を抱きたい。


ステージにライトで照らし出され、華やかなショーが始まった。
速いテンポのダンスミュージックがしばし彼女を忘れさせる。

さっきのオバサン、どの辺りだったかな?

強い光に包まれたステージから、薄暗い客席の人の顔など、
実は、ほとんど見えていない。
所どころに点るタバコの火が、ルビーのように赤く光っているだけだ。

ルビーを頼りに見当をつけて、思わせぶりな投げキッスをしてみる。


僕がもし普通の男だったら、
こんなふうにキスの安売りもしなくていいのに。

曲がスローテンポに変わると、また、彼女の寝顔を思った。

僕がもし、最初から男に生まれていたら、
愛する彼女を守るために働く場所は他にもたくさんあったはずなのに……。


_________________________________

最後まで読んでくださってありがとうございました!!

ハッピーな気分、ほんの少しでも感じていただけたでしょうか?

6年目に入ったブリリアントタイムに、ご意見ご感想などいただけたら
とっても嬉しいです!

→@webmaster@watch-colle.com

次回も、ぜひ、ブリリアントな時間をご一緒してくださいね♪

@@『Brilliant Time』@byウォッチコレ
@@@@@URL http://www.watch-colle.com/
@@『ティータイムをご一緒に』@by Haruka
@@@@@URL http://happyteatime.jp
@
@@『インターネットラジオ@ENDLESS@DREAM』
@@@@@URL http://www.edproject.net/netradio/
@

このメールマガジンは、『まぐまぐ』 http://www.mag2.com/
を利用して発行 しています。

■購読の中止及び変更は
@こちらです@→http://www.watch-colle.com/cgi-bin/mail/Haruka.htm

■その他お問合せ・ご感想等はこちらへどうぞ
@→webmaster@watch-colle.com

All Contents Copyright (C)2002 watch-colle.com All Rights Reserved.
TOP会社概要商品一覧ご購入の手順お支払い方法送料についてQ&A集返品についてお客様の声
あなたにお届けします!楽しいショートストーリーとウォッチコレ新着情報!☆Presented by Watch-colle