━━━☆Presented by Watch-colle☆━━━  あなたにお届けします!  毎週 楽しいショートストーリーとウォッチコレ新着情報!
                        あなたの楽しいコメント募集中! Haruka と楽しいメルマガトークしませんか? お待ちしていま〜す ^ ^

ウォッチ コレ TOPへ ウォッチ コレ TOPへ
TOP会社概要商品一覧ご購入の手順お支払い方法送料についてQ&A集返品についてお客様の声
 


毎週Harukaさんのショートストーリーがおもしろ〜〜い

リニューアルしたメルマガ
無料購読申込みと
購読の解除は

こちらからどうぞ

『Brilliant Time』
volume327
volume326
volume325
volume324
volume323
volume322
volume321
volume320
volume319
volume318
volume317
volume316
volume315
volume314
volume313
volume312
volume311
volume310
volume309
volume308
volume307
volume306
volume305
volume304
volume303
volume302
volume301
volume300
volume299
volume298
volume297
volume296
volume295
volume294
volume293
volume292
volume291
volume290
volume289
volume288
volume287
volume286
volume285
volume284
volume283
volume282
volume281
volume280
volume279
volume278
volume277
volume276
volume275
volume274
volume273
volume272
volume271
volume270
volume269
volume268
volume267
volume266
volume265
volume264
volume263
volume262
volume261
volume260
volume259
volume258
volume257
volume256
volume255
volume254
volume253
volume252
volume251
volume250
volume249
volume248
volume247
volume246
volume245
volume244
volume243
volume242
volume241
volume240
volume239
volume238
volume237
volume236
volume235
volume234
volume233
volume232
volume231
volume230
volume229
volume228
volume227
volume226
volume225
volume224
volume223
volume222
volume221
volume220
volume219
volume218
volume217
volume216
volume215
volume214
volume213
volume212
volume211
volume210
volume209
volume208
volume207
volume206
volume205
volume204
volume203
volume202
volume201
volume200
volume199
volume198
volume197
volume196
volume195
volume194
volume193
volume192
volume191
volume190
volume189
volume188
volume187
volume186
volume185
volume184
volume183
volume182
volume181
volume180
volume179
volume178
volume177
volume176
volume175
volume174
volume173
volume172
volume171
volume170
volume169
volume168
volume167
volume166
volume165
volume164
volume163
volume162
volume161
volume160
volume159
volume158
volume157
volume156
volume155
volume154
volume153
volume152
volume151
volume150
volume149
volume148
volume147
volume146
volume145
volume144
volume143
volume142
volume141
volume140
volume139
volume138
volume137
volume136
volume135
volume134
volume133
volume132
volume131
volume130
volume129
volume128
volume127
volume126
volume125
volume124
volume123
volume122
volume121
volume120
volume119
volume118
volume117
volume116
volume115
volume114
volume113
volume112
volume111
volume110
volume109
volume108
volume107
volume106
volume105
volume104
volume103
volume102
volume101
volume100
volume99
volume98
volume97
volume96
volume95
volume94
volume93
volume92
volume91
volume90
volume89
volume88
volume87
volume86
volume85
volume84
volume83
volume82
volume81
volume80
volume79
volume78
volume77
volume76
volume75
volume74
volume73
volume72
volume71
volume70
volume69
volume68
volume67
volume66
volume65
volume64
volume63
volume62
volume61
volume60
volume59
volume58
volume57
volume56
volume55
volume54
volume53
volume52
volume51
volume50
volume49
volume48
volume47
volume46
volume45
volume44
volume43
volume42
volume41
volume40
volume39
volume38
volume37
volume36
volume35
volume34
volume33
volume32
volume31
volume30
volume29
volume28
volume27
volume26
volume25
volume24
volume23
volume22
volume21
volume20
volume19
volume18
volume17
volume16
volume15
volume14
volume13
volume12
volume11
volume10
volume9
volume8
volume7
volume6
volume5
volume4
volume3
volume2
創刊号

【週刊Harukaの部屋】
バックナンバー
最終回
第130号
第129号
第128号
第127号
第126号
第125号
第124号
第123号
第122号
第121号
第120号
第119号
第118号
第117号
第116号
第115号
第114号
第113号
第112号
第111号
第110号
第109号
第108号
第107号
第106号
第105号
第104号
第103号
第102号
第101号
第100号
第99号
第98号
第97号
第96号
第95号
第94号
第93号
第92号
第91号
第90号
第89号
第88号
第87号
第86号
第85号
第84号
第83号
第82号
第81号
第80号
第79号
第78号
第77号
第76号
第75号
第74号
第73号
第72号
第71号
第70号
第69号
第68号
第67号
第66号
第65号
第64号
第63号
第62号
第61号
第60号
第59号
第58号
第57号
第56号
第55号
第54号
第53号
第52号
第51号
第50号
第49号
第48号
第47号
第46号
第45号
第44号
第43号
第42号
第41号
第40号
第39号
第38号
第37号
第36号
第35号
第34号
第33号
第32号
第31号
第30号
第29号
第28号
第27号
第26号
第25号
第24号
第23号
第22号
第21号
第20号
第19号
第18号
第17号
第16号
第15号
第14号
第13号
第12号
第11号
第10号
第9号
第8号
第7号
第6号
第5号
第4号
第3号
第2号
創刊号

 ◆ウオッチコレ“不可能が可能になる”ブリリアントタイムvol.60

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
◇◆◇ブリリアントタイム◇◆◇@ @2007.2.6.volume60
―――――――――――――――――――――――――――――――――
―――――――――――――――――@Presented by Watch-colle@――

祝!60回!\(^^)/

こんにちは♪ブリリアントタイムご案内役のHarukaです。

つい先日書き始めたばかりだと思っていたこのブリリアントタイムも、
気づけはもう60回!

前身である『週刊Harukaの部屋』の131回と合わせると、
もう少しで200回、あと2ヶ月で5年間続くメルマガです。^^

最初にメルマガのお話をいただいたときは、
正直、こんなに長く続けられるとは思っていませんでした。^^;

でも、読者の皆さんと、ウオッチコレスタッフのみなさんのおかげで、
不可能だと思っていたことも、可能になってしまいました!

感謝の気持ちでいっぱいです!

ということで、今日のブリリアントタイムは、

“不可能が可能になる”というテーマでお送りしたいと思います。

これからしばらくの間、Harukaとブリリアントな時間を
お付き合いくださいね。


――◆◇◆今日のトピック◆◇◆――――――――――――――――――

◆ウオッチコレ新着情報@1月19日〜1月31日

◆あなたも私も持っている、『ドラえもん』のひみつ道具

◆90分でスーパーロング

◆ベリーショートストーリー@『奇跡』
_________________________________

◆ウオッチコレ新着情報@1月19日〜1月31日

■IWC 手巻き 1970年代 Cal.403
http://www.watch-colle.com/watch/IWC/011a/IWC-011A.htm

■セイコー ローレル クオーツ USED
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk114d/SK-114D.htm

■ルイエラール トノー オートマチック 80045@
http://www.watch-colle.com/LouisErard/LErard/80045/LE-80045.htm

■オメガ 14KGFケース 17石婦人用手巻き デッドストック
http://www.watch-colle.com/watch/OM/om145a/OM-145A.htm

■オリエントスター WZ0101PF 自動巻き 日付け表示 USED
http://www.watch-colle.com/watch/ON/on014d/ON-014D.htm

■オリエントスター WZ0061PF 自動巻き 日付け表示 USED
http://www.watch-colle.com/watch/ON/on013d/ON-013D.htm

■ティソ 懐中時計 手巻き オーバーホール済み
http://www.watch-colle.com/watch/TS/ts008p/TS-008P.htm

■ミザーニ キャデラック ブラックストラップ HC002A2 USED
http://www.watch-colle.com/watch/Mi/mi010d/Mi-010D.htm

■ロレックス 1954年 初期型 オイスターデイト Ref.6294
http://www.watch-colle.com/watch/RX/rx037a/RX-037A.htm

_________________________________


◆あなたも私も持っている、『ドラえもん』のひみつ道具


娘とテレビを見ていたら、どこかの引越し社で引越しをすると、
ドラミちゃんの形の冷蔵庫がもらえる、というCMをしていました。

「あれ欲しいね、引越しちゃおうか?」などと笑いながら、
ドラえもんの話題で盛り上がっていると、
娘がこんなことを言い出しました。

「ママ、ドラえもんのひみつ道具の中に、
今普通に売ってるのがあるんだよ、知ってる?」

ドラえもんといえば、未来からやってきたロボットで、
そのポケットから出てくるひみつ道具は、
皆、非現実的な架空の品物ばかりのはずです。

その品物が普通に売っているとすれば、
きっと、オモチャかレプリカくらいだと思ったのですが、

本当に、あったんです!
しかも、あなたも私も、今持っているひみつ道具や、
使っているひみつ道具が。

例えば、漫画ドラえもんの、大長編7巻84ページには、
「糸なし糸でんわ」という、遠く浴vれたところでも聞こえる
糸のついていない糸でんわが出てくるのですが、
これは、まさに、今、多くの人があたりまえに持っている
“携帯電話”です。

そして、27巻152ページに出てくる「かべかけテレビ」は、
そのものズバリ、“超薄型液晶テレビ”として売られています。

さらに、7巻62ページには、「インスタント旅行カメラ」という、
部屋にいながら世界旅行の記念写真が撮れる道具が出てきますが、
これは、どこにでもある“プリクラ”に他なりません。

他にも、それを貼れば、郵便物が空を飛んで相手に直接届くという
「空飛ぶ切手」や、
マイクに向かって喋れば、文章をタイプしてくれるという
「ききがきタイプライター」なども、
パソコンに搭載されているE−mailや音声入力@能です。

ほんの少し前までは、未来の夢の道具として漫画に描かれていた物が、
今や現実の生活の中で、ごく普通に使われていたのです。

これって、当時は不可能だと思われていたことが、
可能になっちゃったということですよね?


そういえば、京セラ名誉会長の稲盛和夫さんは、
ベストセラーになっている著書『生き方』の中で、
商品開発をしていた頃、自分が開発しようとしている夢のような商品を、
カラーで鮮明にイメージできるようになると、それは必ず現実となった。
と仰っています。

人間の想像+努力に時間が掛け合わされば、
不可能が可能になったり、夢が現実になったりするんですね。

ドラえもんの持つ人気のひみつ道具、「タケコプター」や、
「タイムマシーン」だって、いつか現実になる日がくるかもしれません。

そんな未来が楽しみです。

_________________________________


◆90分でスーパーロング

去年お仕事を変えてから、とても気に入っていた職場近くの
美容室に行けなくなって、
以来しばらく近所の美容室を転々としていました。

でも、先日、新しいお気に入りになりそうな美容室を見つけました。

ビルの2階にあるその美容室は、
通りに面した側がガラス秩vりになっていて、中の様子が伺えます。

日差しの降り注ぐ明るい店内は、いつもお客さんがいて活気があり、
イマドキな感じのお洒落な美容師さんたちが、テキパキと働いています。

私は、お洒落な美容師さんに髪を任せながら、

「本当は、長く伸ばしてみたいのだけれど、
中途半端な長さの時期に耐え切れなくて切ってしまう」と話しました。

すると、お洒落な美容師さんは、何かを持ってきて、
なんと!今すぐに髪を長くできる方@を教えてくれたのです。

どうやら、このお店は、“エクステンション(つけ毛)”に
かなり力を入れていて、最先端の技術を持っているらしいのです。

人毛で作られているエクステンションは、自分の髪にぴったりのものを
選ぶことが出来、特殊な技術で接着すると、
2ヶ月くらいは自分の髪と同様に扱うことが可能だそう。

“エクステンション”というものがあることは知っていましたが、
私のイメージの中でそれはあくまで“作り物”で、
特殊な装いをする場合にだけつけるものと思っていました。

けれど、実際は、ロングヘアとショートヘアを自由自在に楽しむために、
パーマやカラリングと同じようにする人がいるのだそう。

それでも、施術にはさぞかし時間がかかるのでしょうね……と思っていたら、
これも意外で、早ければ60分程度、遅くても90分あれば、
すっかり完了してしまうとのだとか。

これまで、短い髪を長く伸ばすには、何ヶ月も何年もかかるのが当然で、
すぐに短くすることはできても、すぐに長くすることは不可能だと
思っていましたが、もう違っていたのですね。

今や、髪をバッサリ切るのと同じように、
髪を突然伸ばすこともできるなんて、軽いカルチャーショックでした。

ヘアスタイルは、人のイメージを大きく変える要素ですし、
一度、長い髪をクルッと巻いてアップで留めた“夜会巻き”も
してみたかったし、
エクステンション、つけてみたくなっちゃいました。

美容室に行って、髪を腰まで伸ばして帰ってきたら、
家族はどんな顔をするかしら?って想像すると、
なんだか楽しい気分になります。

エクステンション、経験のある方がいらっしゃったら、
ぜひ、どんな感じか教えてください!

_________________________________

◆ベリーショートストーリー@『奇跡』

はじめて会った時の彼女は、まだ、気楽なエリート社員の妻でした。

最大の関心事は息子の教育で、最大の悩みは社宅の奥様方の噂話。

幼稚園に入ったばかりの一人息子を、英語、ピアノ、英才教育と
たくさんの塾に通わせ、
社宅内のお付き合いで、本当は興味などない習い事をしたり、
本当は欲しくもない化粧品を買ったりしていました。

息子が塾に行きたがらないといっては泣き、
社宅の奥様に何か言われたといっては落ち込み、
夫が仕事で忙しくて話を聞いてくれないとため息をつくような、
どこにでもいる主婦でした。

ところが、ある日、夫が病に侵されていることが分かったのです。

夫の病気は癌でした。

入@、手術とその後の通@で、まともに仕事ができなくなった夫を、
会社はあっさり閑職に回し、仕事が生きがいだったエリート夫は、
持って行き場のない悔しさを、毎日彼女にぶつけました。

エリート夫を育てた母親も取り乱し、
彼女の作る食事が良くなかったせいで、息子は癌になったのだと
彼女のことを罵ります。

それでも、彼女は我慢して、夫の看病を続けました。

看病の甲斐あってずいぶん回復した夫は、元来優秀だったため、
いくらか遣り甲斐のある部署への移動を打診されました。

この移動を了承すれば知らない土地への引越しが必要です。

それでも、彼女は、夫の強い希望を叶えるために、
住み慣れた土地を浴vれる決心をしました。

友達もいない引越し先で、寂しくなった彼女は、
時折電話をかけてきましたが、少し話すと明るい声で、
「大丈夫よ!私、随分強くなったの」と言いました。

ところが、夫の癌はその後何度も再発し、その都度手術を繰り返し、
それでも取りきれなかった癌が、体中に転移していました。

試せる方@は全て試し、取れる処置は全て取っても、
夫の回復は見込めません。

電話の向こうで泣きじゃくる彼女の、痩せた体が心配でした。

クリスマスの夜、医師から年を越すのは難しいと告げられた彼女は、
とうとう決心をして、夫の命が長くないことを息子にも話しました。

息子に事情を伏せたまま、夫の回復を待つことが
もう無理だとはっきり悟ったのです。

泣くのは止めて、現実をしっかり見つめて、
夫が亡くなった後の生活についても考えなくてはいけないのです。

かけていた癌保険は、繰り返した手術と入@で
すっかり使い果たしていました。

家族の思い出を少しでも作るため、彼女も息子も病室に寝泊りし、
これまでにないほどたくさんの話をしました。

十数年間の思い出話、ずっと言いたかったのに言えなかったこと、
夫への愛情と感謝の気持ち……。

1秒後には“その時”が来るかもしれないと思う彼女には、
一瞬一瞬が宝石のように輝かしく感じられました。

危篤の連絡から1ヶ月が過ぎ、
訃報が届かないことにかすかな安堵を感じていると、
彼女から再び連絡がありました。

彼女の夫は、一時期奇跡的に回復し、年明けにはしばらくの間、
会社にまで行っていたというのです。

エリートだった夫が、家族の次に大切にしていた仕事を
少しでもさせてあげたいと、彼女は通勤に付き添いました。

電車の中で立っていることさえも辛い夫を支えて、
途中、何度も座り込んで休む夫を励ましながら、
会社までの道を送り迎えしました。

起き上がることができないまでに衰弱した夫は、
今、ホスピスが空くのを待っています。

彼女たち家族に残された時間は、もう、あまり長くないかもしれません。

でも、彼女たち家族が過ごすその時までの時間の密度は、
どんなに長生きした人にも負けないほど濃いものに違いありません。

泣いて落ち込んでばかりいた彼女は、びっくりするほど強くなり、
「今良い葬祭場を探してるの、ヘンな場所から夫を送るわけにはいかないから」
と微笑むほどになりました。

春になる頃、「ホスピスから戻ってきたの。夫は今会社に行ってます」と
彼女から電話がかかってくるような、奇跡を願ってやみません。


_________________________________

最後まで読んでくださってありがとうございました!

人は誰しも、不可能を可能にする力や、奇跡を起こす力を持っています。
それを叶えるのは、強い思いと努力と時間。

そう強く感じるような出来事が、最近回りでよく起きています。

次は私が不可能を可能にして、皆さんにご報告しようと思います。


そうそう、昨年から、ハートフルマリッジという結婚相談所の
メールマガジンの応援執筆をしています。

私の経験を含めた幸せな恋と結婚のお話を書いています。
一度、お読みいただけたら嬉しいです♪

ハートフルマリッジHP
http://marriage-osaka.com/ueda/

メールマガジン『結婚できる人できない人大阪結婚相談所』
http://www.mag2.com/m/0000192713.html

@@『Brilliant Time』@byウォッチコレ
@@@@@URL http://www.watch-colle.com/
@@『ティータイムをご一緒に』@by Haruka
@@@@@URL http://happyteatime.jp
@
@@『インターネットラジオ@ENDLESS@DREAM』
@@@@@URL http://www.edproject.net/netradio/
@

このメールマガジンは、『まぐまぐ』 http://www.mag2.com/
を利用して発行 しています。

■購読の中止及び変更は
@こちらです@→http://www.watch-colle.com/cgi-bin/mail/Haruka.htm

■その他お問合せ・ご感想等はこちらへどうぞ
@→webmaster@watch-colle.com

All Contents Copyright (C)2002 watch-colle.com All Rights Reserved.
TOP会社概要商品一覧ご購入の手順お支払い方法送料についてQ&A集返品についてお客様の声
あなたにお届けします!楽しいショートストーリーとウォッチコレ新着情報!☆Presented by Watch-colle