━━━☆Presented by Watch-colle☆━━━  あなたにお届けします!  毎週 楽しいショートストーリーとウォッチコレ新着情報!
                        あなたの楽しいコメント募集中! Haruka と楽しいメルマガトークしませんか? お待ちしていま〜す ^ ^

ウォッチ コレ TOPへ ウォッチ コレ TOPへ
TOP会社概要商品一覧ご購入の手順お支払い方法送料についてQ&A集返品についてお客様の声
 


毎週Harukaさんのショートストーリーがおもしろ〜〜い

リニューアルしたメルマガ
無料購読申込みと
購読の解除は

こちらからどうぞ

『Brilliant Time』
volume335
volume334
volume333
volume332
volume331
volume330
volume329
volume328
volume327
volume326
volume325
volume324
volume323
volume322
volume321
volume320
volume319
volume318
volume317
volume316
volume315
volume314
volume313
volume312
volume311
volume310
volume309
volume308
volume307
volume306
volume305
volume304
volume303
volume302
volume301
volume300
volume299
volume298
volume297
volume296
volume295
volume294
volume293
volume292
volume291
volume290
volume289
volume288
volume287
volume286
volume285
volume284
volume283
volume282
volume281
volume280
volume279
volume278
volume277
volume276
volume275
volume274
volume273
volume272
volume271
volume270
volume269
volume268
volume267
volume266
volume265
volume264
volume263
volume262
volume261
volume260
volume259
volume258
volume257
volume256
volume255
volume254
volume253
volume252
volume251
volume250
volume249
volume248
volume247
volume246
volume245
volume244
volume243
volume242
volume241
volume240
volume239
volume238
volume237
volume236
volume235
volume234
volume233
volume232
volume231
volume230
volume229
volume228
volume227
volume226
volume225
volume224
volume223
volume222
volume221
volume220
volume219
volume218
volume217
volume216
volume215
volume214
volume213
volume212
volume211
volume210
volume209
volume208
volume207
volume206
volume205
volume204
volume203
volume202
volume201
volume200
volume199
volume198
volume197
volume196
volume195
volume194
volume193
volume192
volume191
volume190
volume189
volume188
volume187
volume186
volume185
volume184
volume183
volume182
volume181
volume180
volume179
volume178
volume177
volume176
volume175
volume174
volume173
volume172
volume171
volume170
volume169
volume168
volume167
volume166
volume165
volume164
volume163
volume162
volume161
volume160
volume159
volume158
volume157
volume156
volume155
volume154
volume153
volume152
volume151
volume150
volume149
volume148
volume147
volume146
volume145
volume144
volume143
volume142
volume141
volume140
volume139
volume138
volume137
volume136
volume135
volume134
volume133
volume132
volume131
volume130
volume129
volume128
volume127
volume126
volume125
volume124
volume123
volume122
volume121
volume120
volume119
volume118
volume117
volume116
volume115
volume114
volume113
volume112
volume111
volume110
volume109
volume108
volume107
volume106
volume105
volume104
volume103
volume102
volume101
volume100
volume99
volume98
volume97
volume96
volume95
volume94
volume93
volume92
volume91
volume90
volume89
volume88
volume87
volume86
volume85
volume84
volume83
volume82
volume81
volume80
volume79
volume78
volume77
volume76
volume75
volume74
volume73
volume72
volume71
volume70
volume69
volume68
volume67
volume66
volume65
volume64
volume63
volume62
volume61
volume60
volume59
volume58
volume57
volume56
volume55
volume54
volume53
volume52
volume51
volume50
volume49
volume48
volume47
volume46
volume45
volume44
volume43
volume42
volume41
volume40
volume39
volume38
volume37
volume36
volume35
volume34
volume33
volume32
volume31
volume30
volume29
volume28
volume27
volume26
volume25
volume24
volume23
volume22
volume21
volume20
volume19
volume18
volume17
volume16
volume15
volume14
volume13
volume12
volume11
volume10
volume9
volume8
volume7
volume6
volume5
volume4
volume3
volume2
創刊号

【週刊Harukaの部屋】
バックナンバー
最終回
第130号
第129号
第128号
第127号
第126号
第125号
第124号
第123号
第122号
第121号
第120号
第119号
第118号
第117号
第116号
第115号
第114号
第113号
第112号
第111号
第110号
第109号
第108号
第107号
第106号
第105号
第104号
第103号
第102号
第101号
第100号
第99号
第98号
第97号
第96号
第95号
第94号
第93号
第92号
第91号
第90号
第89号
第88号
第87号
第86号
第85号
第84号
第83号
第82号
第81号
第80号
第79号
第78号
第77号
第76号
第75号
第74号
第73号
第72号
第71号
第70号
第69号
第68号
第67号
第66号
第65号
第64号
第63号
第62号
第61号
第60号
第59号
第58号
第57号
第56号
第55号
第54号
第53号
第52号
第51号
第50号
第49号
第48号
第47号
第46号
第45号
第44号
第43号
第42号
第41号
第40号
第39号
第38号
第37号
第36号
第35号
第34号
第33号
第32号
第31号
第30号
第29号
第28号
第27号
第26号
第25号
第24号
第23号
第22号
第21号
第20号
第19号
第18号
第17号
第16号
第15号
第14号
第13号
第12号
第11号
第10号
第9号
第8号
第7号
第6号
第5号
第4号
第3号
第2号
創刊号

 ウオッチコレ【ブリリアントタイム58】黄金に囲まれて眠る王様の謎
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
◇◆◇ブリリアントタイム◇◆◇@ @2007.1.5.volume58
―――――――――――――――――――――――――――――――――
―――――――――――――――――@Presented by Watch-colle@――

謹んで初春のお慶びを申し上げます。Harukaです。^^

2007年のお正月、あなたはいかがお過ごしですか?
もうお仕事が始まって、日常が戻っている頃でしょうか?

2002年の創刊から、途中1度のタイトル変更を経て、
休まず配信させていただいているこのメールマガジンですが、
2007年の始まりを記念して、タイトルをプチリニューアルしました♪

といっても、英語表記からカタカナ文字に替えただけですけれど。(笑)

今年も、あなたにハッピーを届けられるメールマガジンであるよう
時計や宝石、時と輝きにまつわるブリリアントな話題をお贈りします。

2007年も『ブリリアントタイム』をどうぞよろしくお願いします!


――◆◇◆今日のトピック◆◇◆――――――――――――――――――

◆ウオッチコレ新着情報@ミニ薀蓄つき@12月22日〜2007年1月4日

◆大切な時計、郵送なんかで大丈夫?写真だけで買っちゃっていいの?

◆黄金に囲まれて眠る王様の謎

◆ベリーショートストーリー『時間』
_________________________________


◆ウオッチコレ新着情報@ミニ薀蓄つき@12月22日〜2007年1月4日

まずは、今回ご紹介している時計ブランド“ブローバ”について、
ミニ薀蓄を。^^

1875年、ジョセフ・ブローバによって開かれた宝石店は、
懐中時計、宝飾腕時計に続けて、業界初の女性用腕時計を製造しました。
そして、1950年代には時計の歴史に一石を投じる画期的製品、
音叉時計アキュトロンを開発しました。
音叉の振動で時を刻むこの電気時計は、一日の誤差が2秒以内という、
当時としては信じられないほどの精度で、世界中を驚かせたそうです。

ブローバの腕時計がこんなにエレガントなのは、その前身が宝石店
だったからなのですね。
さらに、当時から世界中が驚くほどの精度をも兼ね備えていたなんて、
忙しく働く現代の女性にぴったりのアンティーク腕時計かもしれません。

そんなブローバ腕時計を含む今回の新着6情報をどうぞ♪


モレラート時計バンド5.5mmデカ厚PLUS
http://www.watch-colle.com/Morellato/U3252480/U3252480.htm

エポス ビッグデイト 手巻き スケルトン 3297BL 未使用
http://www.watch-colle.com/watch/EP/ep003s/EP-003S.htm

ブローバ 14Kホワイトゴールド無垢 23石 4ポイントダイヤ 1970年代製造
http://www.watch-colle.com/watch/BV/bv015a/BV-015A.htm

ブローバ 23石 手巻き 10KRGPケース 1950年代製造
http://www.watch-colle.com/watch/BV/bv014a/BV-014A.htm

ブローバ 17石 手巻き 10KRGPベゼル 1956年製造
http://www.watch-colle.com/watch/BV/bv013a/BV-013A.htm

ヘアライン仕上げ(マットシルバー) ワンプッシュ Dバックル
http://www.watch-colle.com/Bunrui/DBuckle.htm


_________________________________


◆大切な時計、郵送なんかで大丈夫?写真だけで買っちゃっていいの?

ウオッチコレは、大阪駅前第1ビル1階に、一見時計屋さんらしくない
店舗@(@http://www.watch-colle.com/info/Gaiyou.htm@)
を構える時計屋さんですが(笑)、通販部(ネットショップ)を
通じて、日本中のお客様に愛されています。

でも、もしかしたらあなたは、大切な時計を通販で購入したり、
精密な時計や@細な時計を郵送で送ることに抵抗があるかもしれませんね。

実は、今ではウオッチコレの大フ@ンで、愛用する時計の修理やオーバーホールは、
次回もウオッチコレでと決めている私の友人も、最初はいぶかしがっていました。

「本当に大丈夫?」と心配する慎重な友人に、私があるページを教えてあげて、
あとは自分で判断してね、と伝えると……

東京に住む友人は、大阪出張の際、大雨の中ウオッチコレを訪ね、
これまでブランド本社以外に渡したことがなかった大切な時計を、
店長に預けて帰りました。

そして、あれほど心配していた友人は、あっさりウオッチコレフ@ンの
仲間入りをしちゃいました。^^

私が友人に教えてあげたページは、これです。

http://www.watch-colle.com/koe/1.htm

よろしければ、あなたも、ウオッチコレ体験者の生の声をお聞きください♪


_________________________________


◆黄金に囲まれて眠る王様の謎

私は、王様とか、お姫様とか、王家の秘密なんていうお話が好きなのですが、
昨夜は、そんな私の目を釘付けにする番組が放映されていました。

古代エジプトの謎にせまる、というような番組で、若くして命を落とした
ツタンカーメンの死の謎を探るというトピックでした。

長い歳月を経て発見されたツタンカーメンのミイラは、
黄金の玉座をはじめ、黄金のベッドや黄金の戦車、黄金のサンダルなど、
これでもかという数の黄金に囲まれ、三重に重ねられた黄金の棺の中で、
黄金のマスクをかぶって眠っていました。

その黄金の価値は、マスクひとつだけを取っても、考古学的価値を含めると、
アメリカの年間国家予算に匹敵する300兆円を下らないのだそうです。

棺の安置された部屋の前室には、残された年上の王妃、アンケセナーメン
が手向けたと思われる矢車草の花束が残り、何者かが侵入して荒らした後があり、
にも関わらず黄金製品は盗まれていないという謎がありました。

大国の国家予算をかぶって眠り続ける若き王様の死の謎、興味があります。

結局、ミイラをCTスキャンすることで、ツタンカーメンの死因は、
戦闘か事故で受けた脚の大怪我からの感染だという答えに落ち着きました。

けれど、それだと、王墓が荒されていた謎が残ります。

そして、エジプトに詳しい考古学者は、ツタンカーメンの死後、
王位継承権のある妻と結婚し、王位についた神官とその仲間による毒殺だという
持論を発表していました。

墓が荒されていたのは、ことの真相を記すパピルスを探して盗み出すためであり、
手向けられていた矢車草の花束には、ツタンカーメンの死期を花の季節で知らせようとする
アンケセナーメンの切ない思いが込められていると推理するのです。

当時のエジプトでは、あの世と神様の存在が本気で信じられていたため、
パピルスの書付によって、自分の悪事が神様に知られてしまうことを恐れた神官が、
墓を荒してそれを奪ったに違いないということでした。

この推理が正しいとすれば、黄金の王様の死は、かなりドラマチックです。

もしも、あの世が本当にあるのなら、いつか、私もあの世に行ったとき、
ツタンカーメンを探し出して、事の真相を聞いてみたいな。
なんて思ってしまいました。(笑)

王様とお姫様のお話は、やっぱり、魅力がいっぱいです。

_________________________________


◆ベリーショートストーリー『時間』

会社の同僚6人で初詣に行こうという話になった。

お給料も仕事内容も満足とは言えないけれど、
社内の人間関係だけは自慢できるのが私の会社だ。

学生時代の友人は、せっかくの休みまで
同僚と会うなんて考えられないと笑うけれど、
私にとっては、ごく、自然なことだった。

それに……

私は同僚の中の一人、藤堂くんにずっと片思いしていた。

待ち合わせは、大晦日の23時。

まだ明るいうちに入浴を済ますと、携帯メールが着信していた。

〈ユーコ、ごめん!初詣行けなくなっちゃった^^;
カレシと仲直りしたから一緒にスノボ行ってくるヨ。
みんなによろしく言っといて!〉

やれやれ。
3日前は、彼氏とはもう別れる!なんて泣いてたけれど、
仲直りなら良かった良かった。

20時をまわって、髪を結い始めると、今度は携帯がなった。

「ユーコ?今日の初詣なんだけど……私、ちょっと無理みたい、
なんか、おなかの調子がよくなくて……
あっ!また……、ごめん!そーゆーことでよろしく!」

切れてしまった携帯に向かって、「お大事に」とつぶやいた。

でも、これで女性で参加するのは私だけということになる。

藤堂くんたち、がっかりしてしまうだろうか?

どうしよう?

ジーンズにニットという格好のまま、髪だけアップに結い上げて、
連絡を迷っていると、また、携帯が鳴った。

藤堂くんだ!

もしかして、藤堂くんも行けなくなてしまったの?

心臓が早くなる。

「もしもし、ユーコ?今日の初詣なんだけど……

そら、きた。
せっかく髪、アップにしたのに。
ちょっと涙が出そうになる。

「高木も中野もなんか都合が悪くなっちゃったらしいんだ。
男は俺だけって、ユーコたちイヤか?」

「え?ぜんぜん!イヤなんかじゃないよ!藤堂くんだけで十分!」

思わず本音を叫んだ後ではっとして、慌ててコチラの事情も伝えた。

「でも、えっと、実は、リエと玲菜も行けなくなってしまったって……」

「まじ!?」

驚いた声の藤堂くんが、次に発するであろう言葉を、
死刑宣告を受ける気分で待った。

「じゃあさ、二人で行くか?」

「え゛!?」

思いがけない藤堂くんの台詞に、思わず漏れた自分の声には
「え」にてんてんが付いていた。

「二人はイヤか?」

「ううん!ヤじゃない!!」

むしろ、嬉しい!という言葉をぐっと飲み込んで、夢見心地で電話を切った。

時刻は21時。

藤堂くんと会って、二人きりで初詣に行く23時が待ち遠しい。

きっと、これからの2時間は、この一年で一番長く感じられる2時間で、
それからの時間は、飛ぶようにはやく過ぎていくに違いない。

_________________________________


最後まで読んでくださって、ありがとうございました!

2007年初のブリリアントタイムはいかがでしたか?

私は、今年も、趣味に仕事にたくさんのチャレンジをして、
欲しいものをどんどん手に入れて行きたいと思っています!

手始めに、友人のブログで見て、いいなと思った、

“2007年100の目標”を書き、達成したら消していく、
というのをやってみます。

言いふらすことも、書くことも、実現への近道なのは、
身を持って体験しているので。

100のうちいくつの目標が達成できたかは、
年末に、あなたにもちゃんとご報告しますのね!

そして、100の目標のうちのひとつは、

『ブリリアントタイム』読者3000人を突破してまぐまぐ殿堂入りをする!
です。

このメルマガをお友達に転送してくださるとか、
ブログやメルマガで紹介してくださる(相互紹介受付てます!)とか、
あなたにもご協力いただけるととっても嬉しいです!^^


ご意見、ご感想、アドバイスなども、心よりお待ちしています。

⇒info@happyteatime.jp

2007年が、あなたにとって素晴らしい1年になりますように♪

@@『Brilliant Time』@byウォッチコレ
@@@@@URL http://www.watch-colle.com/
@@『ティータイムをご一緒に』@by Haruka
@@@@@URL http://happyteatime.jp
@
@@『インターネットラジオ@ENDLESS@DREAM』
@@@@@URL http://www.edproject.net/netradio/
@

このメールマガジンは、『まぐまぐ』 http://www.mag2.com/
を利用して発行 しています。

■購読の中止及び変更は
@こちらです@→http://www.watch-colle.com/cgi-bin/mail/Haruka.htm

■その他お問合せ・ご感想等はこちらへどうぞ
@→webmaster@watch-colle.com

All Contents Copyright (C)2002 watch-colle.com All Rights Reserved.
TOP会社概要商品一覧ご購入の手順お支払い方法送料についてQ&A集返品についてお客様の声
あなたにお届けします!楽しいショートストーリーとウォッチコレ新着情報!☆Presented by Watch-colle