━━━☆Presented by Watch-colle☆━━━  あなたにお届けします!  毎週 楽しいショートストーリーとウォッチコレ新着情報!
                        あなたの楽しいコメント募集中! Haruka と楽しいメルマガトークしませんか? お待ちしていま〜す ^ ^

ウォッチ コレ TOPへ ウォッチ コレ TOPへ
TOP会社概要商品一覧ご購入の手順お支払い方法送料についてQ&A集返品についてお客様の声
 


毎週Harukaさんのショートストーリーがおもしろ〜〜い

リニューアルしたメルマガ
無料購読申込みと
購読の解除は

こちらからどうぞ

『Brilliant Time』
volume325
volume324
volume323
volume322
volume321
volume320
volume319
volume318
volume317
volume316
volume315
volume314
volume313
volume312
volume311
volume310
volume309
volume308
volume307
volume306
volume305
volume304
volume303
volume302
volume301
volume300
volume299
volume298
volume297
volume296
volume295
volume294
volume293
volume292
volume291
volume290
volume289
volume288
volume287
volume286
volume285
volume284
volume283
volume282
volume281
volume280
volume279
volume278
volume277
volume276
volume275
volume274
volume273
volume272
volume271
volume270
volume269
volume268
volume267
volume266
volume265
volume264
volume263
volume262
volume261
volume260
volume259
volume258
volume257
volume256
volume255
volume254
volume253
volume252
volume251
volume250
volume249
volume248
volume247
volume246
volume245
volume244
volume243
volume242
volume241
volume240
volume239
volume238
volume237
volume236
volume235
volume234
volume233
volume232
volume231
volume230
volume229
volume228
volume227
volume226
volume225
volume224
volume223
volume222
volume221
volume220
volume219
volume218
volume217
volume216
volume215
volume214
volume213
volume212
volume211
volume210
volume209
volume208
volume207
volume206
volume205
volume204
volume203
volume202
volume201
volume200
volume199
volume198
volume197
volume196
volume195
volume194
volume193
volume192
volume191
volume190
volume189
volume188
volume187
volume186
volume185
volume184
volume183
volume182
volume181
volume180
volume179
volume178
volume177
volume176
volume175
volume174
volume173
volume172
volume171
volume170
volume169
volume168
volume167
volume166
volume165
volume164
volume163
volume162
volume161
volume160
volume159
volume158
volume157
volume156
volume155
volume154
volume153
volume152
volume151
volume150
volume149
volume148
volume147
volume146
volume145
volume144
volume143
volume142
volume141
volume140
volume139
volume138
volume137
volume136
volume135
volume134
volume133
volume132
volume131
volume130
volume129
volume128
volume127
volume126
volume125
volume124
volume123
volume122
volume121
volume120
volume119
volume118
volume117
volume116
volume115
volume114
volume113
volume112
volume111
volume110
volume109
volume108
volume107
volume106
volume105
volume104
volume103
volume102
volume101
volume100
volume99
volume98
volume97
volume96
volume95
volume94
volume93
volume92
volume91
volume90
volume89
volume88
volume87
volume86
volume85
volume84
volume83
volume82
volume81
volume80
volume79
volume78
volume77
volume76
volume75
volume74
volume73
volume72
volume71
volume70
volume69
volume68
volume67
volume66
volume65
volume64
volume63
volume62
volume61
volume60
volume59
volume58
volume57
volume56
volume55
volume54
volume53
volume52
volume51
volume50
volume49
volume48
volume47
volume46
volume45
volume44
volume43
volume42
volume41
volume40
volume39
volume38
volume37
volume36
volume35
volume34
volume33
volume32
volume31
volume30
volume29
volume28
volume27
volume26
volume25
volume24
volume23
volume22
volume21
volume20
volume19
volume18
volume17
volume16
volume15
volume14
volume13
volume12
volume11
volume10
volume9
volume8
volume7
volume6
volume5
volume4
volume3
volume2
創刊号

【週刊Harukaの部屋】
バックナンバー
最終回
第130号
第129号
第128号
第127号
第126号
第125号
第124号
第123号
第122号
第121号
第120号
第119号
第118号
第117号
第116号
第115号
第114号
第113号
第112号
第111号
第110号
第109号
第108号
第107号
第106号
第105号
第104号
第103号
第102号
第101号
第100号
第99号
第98号
第97号
第96号
第95号
第94号
第93号
第92号
第91号
第90号
第89号
第88号
第87号
第86号
第85号
第84号
第83号
第82号
第81号
第80号
第79号
第78号
第77号
第76号
第75号
第74号
第73号
第72号
第71号
第70号
第69号
第68号
第67号
第66号
第65号
第64号
第63号
第62号
第61号
第60号
第59号
第58号
第57号
第56号
第55号
第54号
第53号
第52号
第51号
第50号
第49号
第48号
第47号
第46号
第45号
第44号
第43号
第42号
第41号
第40号
第39号
第38号
第37号
第36号
第35号
第34号
第33号
第32号
第31号
第30号
第29号
第28号
第27号
第26号
第25号
第24号
第23号
第22号
第21号
第20号
第19号
第18号
第17号
第16号
第15号
第14号
第13号
第12号
第11号
第10号
第9号
第8号
第7号
第6号
第5号
第4号
第3号
第2号
創刊号

 (^o^) ウオッチコレがお届けするハッピーマガジン☆週刊Harukaの部屋☆第128号
━☆Presented by Watch-colle☆━━━━━━━━━━━━☆☆☆━━━
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
@@☆★☆.・ 週刊@Harukaの部屋@.*.☆ ☆@@
___________________________________________________
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆2004.9.9. 第128号☆━

地震と台風の強い風で揺れるHarukaの部屋へようこそ。こ、こわい……
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・★
週刊Harukaの部屋@9月9日@第128号@目次

☆1.ウオッチコレUpdate!
☆2.重大なお知らせ
☆3.ショートストーリー「少しだけ未来が見えています」

★・・・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

☆1.ウオッチコレUpdate!

こんにちは!みなさん
オリンピックが過ぎやっと熟睡できる!はずが、今週は、台風と地震で
寝不足のかたも多いこととおもいます。

■オメガ デビル プレステージ メンズ 自動巻き クリーム 4500.30
http://www.watch-colle.com/Omega/OM/Devill/OM450030.htm


■オメガ デビル プレステージ メンズ 自動巻き ブラックダイヤル
アリゲーターストラップ
http://www.watch-colle.com/Omega/OM/Devill/OM450050.htm


■オメガ デビル プレステージ メンズ 自動巻き クリーム アリゲー
ターストラップ Ref.4800.30.02
http://www.watch-colle.com/Omega/OM/Devill/OM480030.htm


■オメガ デビル プレステージ メンズ 自動巻き ブラックダイヤル
アリゲーターストラップ
http://www.watch-colle.com/Omega/OM/Devill/OM480050.htm


値下げ情報3件です。

値下げ 119,800円→111,000円▲オメガ Seamaster 300 1960年代製
http://www.watch-colle.com/watch/OM/om059a/OM-059A.htm


値下げ 29,800円→ 26,800円▲オメガ レディース デビル 1970年代製
http://www.watch-colle.com/watch/OM/om061a/OM-061A.htm


値下げ 41,000円→38,000円▲シチズン チャレンジタイマー ツノ 美品
http://www.watch-colle.com/watch/CZ/cz013a/CZ-013A.htm

「地震・雷・火事・おやじ」
@@@@@@@@@@@@@@店長@地震と台風が怖いおやじ

━★★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★☆━━━

☆2.重大なお知らせ

一昨日の夜中と今日の朝、私に住む地域には震度4の地震があって、ガタ
ガタ震える食器棚を押さえながら、ロクな防災対策をしていないことを思
い出して反省しました。

娘が生まれたばかりの頃には、何か起ればいつでも逃げ出せるよう、非常
持ち出し袋を用意していたのですが、平穏な毎日が続くなかで、その補充
点検をすっかり怠っていました。^-^;

今、窓の外では轟々という音をたてて、強い風が吹いていて、時おり今朝
の地震のように、部屋が揺れる気さえします。

危険を感じてから準備をするなんてちょっとおバカさんですが、気づいた
時がやり時です。

今からでも遅くありませんよね?^-^;

できるだけ早く家具を固定する金具を取り付け、非常持ち出し袋の中身を
整えようと思います。

……と、台風の風に怯えて思わず前置きが長くなってしまいましたが、
ここからが本題です。

実は、長い間皆さんにご一緒していただいた『週刊Harukaの部屋』を、今
月いっぱいで引き払うことになりました。

いつも遊びに来てくださった皆様、応援や感想のメールをくださった皆
様、本当にありがとうございました!

メールマガジンって何?というくらい何も知らなかった私が、ここまで書
き続けてこられたのも、皆さんのあたたかい励ましがあったからに他なり
ません。

本当に、本当に、ありがとうございました!!

残されたあと数回の『週刊Harukaの部屋』を心を込めて執筆し、笑顔で部
屋を後にできるよう精一杯頑張りたいと思っています。

始まりからずっと読んでくださっていた方も、今日はじめてご一緒してく
ださった方も、これまではただ読んでいるだけだった方も、もしよろしけ
れば、『週刊Harukaの部屋』の感想などをメールしてください。

いただいたメールは熟読して、すぐ、残された何回かの『週刊Harukaの部
屋』に反映させたいと思います。^^

メールの宛先はこちらです。

webmaster@watch-colle.com

私だけに、こっそりお話してくださる方は、こちらまでどうぞ。

haruka00@sweetkiss.jp

災害対策同様、メールも気づいた時が送り時です。

あなたからのメールとエールを、心からお待ちしています。


━★★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★☆━━━

☆3.ショートストーリー「少しだけ未来が見えています」

「少しだけ未来が見えています」

いつだったか、そんなキャッチコピーのCMがあった。

少し先のことが見えている男役のアイドルが、道を行こうとする女性の腕
を捕まえて事故に遭うのを防ぐ、というCMだったと思う。

何のCMだったかは忘れてしまったが、もしあんなふうに少し先のことがわ
かったらどんなに素晴らしいだろうと考えたことを覚えている。

けれど、まさか本当に、“少しだけ未来”を見ることになるなんて……。

その時計を手にしたのは、ほんの偶然だった。

ある日突然、学生時代の友人が、助けて欲しいと訪ねて来た。
聞けば事業で失敗し、資金繰りに奔走しているという。

彼は凝った作りのアンティークウオッチを取り出すと、「友人から譲り受
けたとても価値のある時計だが、もう自分には必要ないのでいくらでもか
まわないから買って欲しい」と願い出た。

俺は、時計そのものよりも、かつての彼との友情への対価として、20万
円でその時計を買い取った。

何度も頭を下げて帰って行った彼は、その後すぐに行方不明になったが、
彼がこの時計の本当の価値を知っていたなら、事態は違っていたかもしれ
ない。

俺がその時計の力を知ったのは、つい先日のこと。

針が5分程進んでいることに気づかないまま、時計をつけて家を出た。

いつものバス停に向かう途中の角を曲がった時、すでにバス停を発車しよ
うとしているバスが見えた。

慌てて走り出したが、バスは動き出してしまった。

落胆して足を止めたその時、速度を上げ始めたバスが突然急ブレーキをか
けて止まり、後続車がバスに追突した。

衝撃的なシーンに唖然としながらも、何かがおかしいと思っていると、後
ろから来た自転車にベルを鳴らされてその理由に気づいた。

今みたシーンには、“音”が全くなかったのだ。

向こうの方では、相変わらず何の音もしないまま事故の後に人だかりが出
来ていた。

腑に落ちない気分でバス停まで歩いていくと、いつものバスがエンジン音
をたてながら走って来た。
今、向こうの方で事故に遭っているはずの、いつものバスが。

その時計が、進めた針の分だけ未来を見せてくれる時計だということは、
誰にも言わないことにした。
もっとも、そんなことを話したところで信じてくれる奴などいないだろう
が。

その時計を手にしたことで、俺の生活は一変した。

手始めに、時計の針を進めてレースの結果を見ることができる競輪、競
馬、競艇などで現金を増やし、株のデイトレードを繰り返して貯えを作っ
た。

仕事では、部下たちに、その日のプレゼンの成功や商談の成立を確約して
励まし、事実その通りになることで絶大な信頼を得た。

金に不自由が無く仕事も絶好調な俺は、その態度にも自信が溢れ、女にモ
テまくるよになった。

人間というのは欲張りなもので、こうなると普通のサラリーマンでいるこ
とがつまらなく思えてきた。

今の自分ならば、何か事業を起こしても大成功するに違いないと、そう考
えたのだ。

俺は会社を辞め、自分を慕ってついてきた何人もの部下と一緒に新事業を
立ち上げた。

事業は順調に成功し、面白いように大きくなっていった。

事業主としての貫禄もすっかり身に着いたある日、朝起きると大切な時計
が動かなくなっていた。

すでに、この時計で未来を確認することが日課になっていた俺は慌てた。

その日は予定を全てキャンセルして、一日中時計を直そうと試みたが無駄
だった。

翌日、自分の力で直すことを諦めて時計技師を呼ぶと、技師はいくつかの
部品を交換した。

時計は、また、あっさりと動きだした。

ただし、もう二度と俺に未来を見せてくれることはなかった。

俺の事業は瞬く間に傾きはじめ、十分だと思われていた貯えはすぐに底を
ついた。

時計さえあれば全てが上手くいっていたこの何年かの間に、自分の頭で未
来を考え行動するということを忘れていたのだ。

あれだけいた部下たちも自分の元から去って行き、俺はいつしか借金取り
に追われる身になっていた。

「少しだけ未来が見えています、か……」

俺は最後まで腕にはめたままだった時計をはずすと、誰かに買い取っても
らった金でどこかに逃げることを思いつき、学生時代のつてを辿って豊か
に暮らしていそうな友人の元を訪ねた。

「この時計は友人から譲り受けたもので……」

━★★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★☆━━━

最後まで読んでくださってありがとうございました。

実は、このメール、昨夜から書き始め、途中で休んで今朝また続きを書い
ています。
昨夜の台風が行ってしまって、窓の外には、昨日の強風が嘘のように穏や
かな青空が広がっています。

まるで、荒れ狂って暴力を振るったことなどケロッと忘れてニッコリ微笑
む我が儘な恋人のようです。^-^;

気性の激しい恋人と上手く付き合っていくためにも、気象の激しい自然と
上手く付き合っていくためにも、自己防衛の準備は大切ですね。

頻発する台風などの災害で被害を受けた皆さんが、少しでも早く普段の生
活を取り戻せることをお祈りしています。

次回の【週刊Harukaの部屋】は、 9月16日(木曜)発行の予定です。
来週も是非、Harukaとご一緒してくださいね。^^


【週刊Harukaの部屋】@byウォッチコレ
@@@@URL 本@店 http://www.watch-colle.com/
@@『ティータイムをご一緒に』@by Haruka
@@@@@@@ URL URL http://happyteatime.jp@
@@『インターネットラジオ@ENDLESS@DREAM』
@@@@@@@ URL http://www.edproject.net/netradio/@

このメールマガジンは、『まぐまぐ』 http://www.mag2.com/
を利用して発行 しています。

■購読の中止及び変更は
@こちらです@→http://www.watch-colle.com/cgi-bin/mail/Haruka.htm

■その他お問合せ・ご感想等はこちらへどうぞ
@→webmaster@watch-colle.com

All Contents Copyright (C)2002 watch-colle.com All Rights Reserved.
TOP会社概要商品一覧ご購入の手順お支払い方法送料についてQ&A集返品についてお客様の声
あなたにお届けします!楽しいショートストーリーとウォッチコレ新着情報!☆Presented by Watch-colle