━━━☆Presented by Watch-colle☆━━━  あなたにお届けします!  毎週 楽しいショートストーリーとウォッチコレ新着情報!
                        あなたの楽しいコメント募集中! Haruka と楽しいメルマガトークしませんか? お待ちしていま〜す ^ ^

ウォッチ コレ TOPへ ウォッチ コレ TOPへ
TOP会社概要商品一覧ご購入の手順お支払い方法送料についてQ&A集返品についてお客様の声
 


毎週Harukaさんのショートストーリーがおもしろ〜〜い

リニューアルしたメルマガ
無料購読申込みと
購読の解除は

こちらからどうぞ

『Brilliant Time』
volume327
volume326
volume325
volume324
volume323
volume322
volume321
volume320
volume319
volume318
volume317
volume316
volume315
volume314
volume313
volume312
volume311
volume310
volume309
volume308
volume307
volume306
volume305
volume304
volume303
volume302
volume301
volume300
volume299
volume298
volume297
volume296
volume295
volume294
volume293
volume292
volume291
volume290
volume289
volume288
volume287
volume286
volume285
volume284
volume283
volume282
volume281
volume280
volume279
volume278
volume277
volume276
volume275
volume274
volume273
volume272
volume271
volume270
volume269
volume268
volume267
volume266
volume265
volume264
volume263
volume262
volume261
volume260
volume259
volume258
volume257
volume256
volume255
volume254
volume253
volume252
volume251
volume250
volume249
volume248
volume247
volume246
volume245
volume244
volume243
volume242
volume241
volume240
volume239
volume238
volume237
volume236
volume235
volume234
volume233
volume232
volume231
volume230
volume229
volume228
volume227
volume226
volume225
volume224
volume223
volume222
volume221
volume220
volume219
volume218
volume217
volume216
volume215
volume214
volume213
volume212
volume211
volume210
volume209
volume208
volume207
volume206
volume205
volume204
volume203
volume202
volume201
volume200
volume199
volume198
volume197
volume196
volume195
volume194
volume193
volume192
volume191
volume190
volume189
volume188
volume187
volume186
volume185
volume184
volume183
volume182
volume181
volume180
volume179
volume178
volume177
volume176
volume175
volume174
volume173
volume172
volume171
volume170
volume169
volume168
volume167
volume166
volume165
volume164
volume163
volume162
volume161
volume160
volume159
volume158
volume157
volume156
volume155
volume154
volume153
volume152
volume151
volume150
volume149
volume148
volume147
volume146
volume145
volume144
volume143
volume142
volume141
volume140
volume139
volume138
volume137
volume136
volume135
volume134
volume133
volume132
volume131
volume130
volume129
volume128
volume127
volume126
volume125
volume124
volume123
volume122
volume121
volume120
volume119
volume118
volume117
volume116
volume115
volume114
volume113
volume112
volume111
volume110
volume109
volume108
volume107
volume106
volume105
volume104
volume103
volume102
volume101
volume100
volume99
volume98
volume97
volume96
volume95
volume94
volume93
volume92
volume91
volume90
volume89
volume88
volume87
volume86
volume85
volume84
volume83
volume82
volume81
volume80
volume79
volume78
volume77
volume76
volume75
volume74
volume73
volume72
volume71
volume70
volume69
volume68
volume67
volume66
volume65
volume64
volume63
volume62
volume61
volume60
volume59
volume58
volume57
volume56
volume55
volume54
volume53
volume52
volume51
volume50
volume49
volume48
volume47
volume46
volume45
volume44
volume43
volume42
volume41
volume40
volume39
volume38
volume37
volume36
volume35
volume34
volume33
volume32
volume31
volume30
volume29
volume28
volume27
volume26
volume25
volume24
volume23
volume22
volume21
volume20
volume19
volume18
volume17
volume16
volume15
volume14
volume13
volume12
volume11
volume10
volume9
volume8
volume7
volume6
volume5
volume4
volume3
volume2
創刊号

【週刊Harukaの部屋】
バックナンバー
最終回
第130号
第129号
第128号
第127号
第126号
第125号
第124号
第123号
第122号
第121号
第120号
第119号
第118号
第117号
第116号
第115号
第114号
第113号
第112号
第111号
第110号
第109号
第108号
第107号
第106号
第105号
第104号
第103号
第102号
第101号
第100号
第99号
第98号
第97号
第96号
第95号
第94号
第93号
第92号
第91号
第90号
第89号
第88号
第87号
第86号
第85号
第84号
第83号
第82号
第81号
第80号
第79号
第78号
第77号
第76号
第75号
第74号
第73号
第72号
第71号
第70号
第69号
第68号
第67号
第66号
第65号
第64号
第63号
第62号
第61号
第60号
第59号
第58号
第57号
第56号
第55号
第54号
第53号
第52号
第51号
第50号
第49号
第48号
第47号
第46号
第45号
第44号
第43号
第42号
第41号
第40号
第39号
第38号
第37号
第36号
第35号
第34号
第33号
第32号
第31号
第30号
第29号
第28号
第27号
第26号
第25号
第24号
第23号
第22号
第21号
第20号
第19号
第18号
第17号
第16号
第15号
第14号
第13号
第12号
第11号
第10号
第9号
第8号
第7号
第6号
第5号
第4号
第3号
第2号
創刊号

 (^-^)Vウオッチコレがお届けするラッキーマガジン☆週刊Harukaの部屋☆第118号

━☆Presented by Watch-colle☆━━━━━━━━━━━━☆☆☆━━━
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
@@☆★☆.・ 週刊@Harukaの部屋@.*.☆ ☆@@
___________________________________________________
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆2004.7.1. 第118号☆━
『週刊Harukaの部屋』を開封してくださってありがとうございま
す。もうすぐ七夕、あなたの願い事は何ですか?
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・★
週刊Harukaの部屋@7月1日@第118号@目次
☆1.ウオッチコレUpdate!
☆2.40カラット!
☆3.ショートストーリー「バングル」
★・・・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

☆1.ウオッチコレUpdate!

今週は、オメガとロレックスのメンテナンスについてご案内します。

★ロレックス@ケース研磨・ブレス外装仕上げ パッキン交換・防水テス
トをはじめました。セット価格でお得です。
裏蓋・リューズ・チューブと3つのパッキンを交換するので防水性能
万全です。
オーバーホールはしなくても外装仕上げ作業だけで承ります。
外装仕上げのお預かり日数は約2週間です。
http://www.watch-colle.com/info/RolexOH.htm

@時計のリフレッシュ(新品仕上げ)で気分もリフレッシュ!
@3つのパッキン交換と防水テストつきで安心!

★オメガのブレスレット調整に欠かせないToolはいかがです?
http://www.watch-colle.com/Omega/OmegaPart.htm

1つめは、ブレスレットのバネ棒取り外しの威力を発揮する
メタルバンド専用バネ棒抜き@ベルジョン Bergeon@BG676

2つめは、オメガ専用バンドピン抜きomega製工具と
ブレスレットの幅サイズに応じて5種類の替え先部品

@@@直径と長さで
@@@0.9φ-16mm
@@@0.8φ-16mm
@@@0.7φ-16mm
@@@0.7φ-8mm
@@@0.7φ-4mm
@@@0.7φ-4mm・8mm・16mm 各1本入り

3つめ、プロも使っているシチズン製万力

4つめは、圧入ピンを抜くのに使う メイコー製片プラハンマー

★ロレックスのメタルブレスの調整には・・・
http://www.watch-colle.com/info/RolexOH.htm

ロレックス ブレスレット メンテナンス ツール@@ベルジョン ドライバー
ドライバーの先端は、0.8mm 1.2mm 1.3mm 1.6mm 1,7mmです。
あなたのロレックスの種類に応じて、備えてあるととても便利!

@@@@@@@@@@@@@@@@店長@マニア道は工具から!

━★★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★☆━━━

☆2.40カラット!

島田紳助さんが司会をしている『世界バリバリ☆バリュー』という番組を
ご存知でしょうか?

毎週決まったテーマに関するさまざまな金額を当てるクイズ番組です。

島田さんの軽妙な話術もさることながら、そのテーマには興味を惹かれる
ものが多く、時間があれば必ずチャンネルを合わせています。

今週のテーマ、『クイズ!ニッポンのお金持ちを捜せ!』”では、入り口
に鍵をかけた“超高級骨董品店”に出入りするお金持ち夫婦が紹介されて
いました。

30畳のエントランスにエミール・ガレのランプ(1500万円)を飾る
ご自宅は7階建てのビルで、リビングには、ルネ・ラリックの名品(50
0万円)をはじめ、たくさんの高級骨董品が並んでいて、さながら美術館
のようです。

この素敵なお宅に住まうご主人は、元歌手でもある“ジュエリーアーティ
スト”でした。

彼の数多くある美しい作品の中でも目を見張ったのは、世界遺産モン・サ
ン・ミシェルをモチーフにした大作です。

建造物部分には、ダイヤモンドを散りばめた2キロのプラチナを使い、ド
アの中まで施された装飾にはルビーがはめ込んであります。
そして、その頂には、なんと40カラットのダイヤモンドが!

“キロ”という単位で表されたプラチナや、“40カラット”という大き
さのダイヤモンドには、ため息よりも笑いがこぼれてしまいました。

光を当てられたモンサンミッシェルは、画面に特殊効果を施してでもいる
かのように、まさに、“燦然と”輝いていました。

この作品の気になるお値段は5億円!

どんなセレブがこの輝きを独り占めするのでしょうね?
もし何かのチャンスがあれば、一度あの大きなダイヤモンドを自分の指に
もはめてみたいものです。

そういえば、このお金持ちジュエリーアーティストさんの経歴、私たちも
よく知っているあの人と、ちょっと似ていると思いませんか?

その人は、そう、元モデルさんで現在はジュエリーデザイナーであり、画
家でもある美のアーティスト、わかこさんです。

彼女の作品も個性的で、どこか美術品を思わせる美しいものです。
もちろん、モンサンミッシェルよりもずっと現実的な価格です。(笑)
http://www.watch-colle.com/wkk/PrincessMenu.htm

そうだ!わかこさんがいつか世界的に有名なアーティストになって、40
カラットのダイヤを素材にした作品を発表した時は、昔のよしみでちょっ
とはめさせてってお願いしちゃいましょう。^^

━★★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★☆━━━

☆3.ショートストーリー「バングル」

俺だって、なにも好きでこんな仕事をしているわけじゃない。
けれど、家族を食べさせて行くためには仕方がないんだ。

一仕事終えた時、彼はいつも心の中でそう呟く。

今日も、全てが順調にいった。
まあまあの収穫だ。

今月は妻の誕生日があって、前から欲しがっていた有名ブランドのバング
ルを買ってやる約束をしている。
いつもより多めに仕事をしなくてはいけないと思っていたが、この分なら
もうそれほど無理をしなくても良さそうだ。

今日のところはおしまいにしてもう家に帰ることにしよう。
身を翻して出口に向いかけた時、足元に落ちていた走り書きのメモ用紙に
気づいた。


せっちゃんへ
おばあちゃんがまた病@から抜け出したので探しに行かなくてはいけなく
なりました。
せっかく仕事をお休みしたのに、一緒にご飯を食べられなくてごめんね。
冷蔵庫の冷凍シチューを温めて食べてください。
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@母より


仏壇にあった写真で母子家庭だろうことは想像できたが、痴呆のばあさん
まで抱えているとは大変なことだ。

一瞬、今手にしたばかりの現金を元に戻そうか?とも考えたが、いちいち
感傷に浸っていてはこの仕事は出来ないと、メモを机の上に置き直してそ
の家を後にした。

彼はいつもの場所で、朝家を出る時に着て来たスーツに着替えると、仕事
着を鞄に入れてロッカーにしまった。

どこにでもいるビジネスマンの姿に戻った彼が、人気の無い裏道を急いで
いると、少し先に彼の進路を遮るように大きな毛糸の塊が置いてあるのに
気づいた。

近づくと、それは、夏だというのにたっぷりした毛糸の上着を着て、道に
座り込んでいる老婆だった。

その時、彼の頭の隅に、今日入った家で見たあのメモが蘇った。

彼が思わず「あっ」と声を出すと、老婆が振り返って彼の顔を見上げた。

そのすがるような目には涙がたくさん溜まっている。

「道に迷うてしもた……」

頭の中では、関わらない方がいいという警鐘が鳴り響いていたが、根は優
しい性分の彼は、老婆を置き去りにすることができず、次の瞬間、その小
さな手を取っていた。

皺だらけの手を握っていると、とうの昔に逝ってしまった本当の母親と一
緒にいるような気がして、彼はとても不思議な気分になった。

老婆は口をもごもごとさせながら、始終何か呟いている。
彼が何か問いかけてみても、まったく脈絡のない返事が返ってくる。

一人ならば15分もあれば十分な駅までの道のりを、何倍もの時間をかけ
てのろのろと進みながら、なぜか気持ちがとても安らいでいるのを感じ
た。

そして、これまで誰にも言えなかった自分の本当の仕事のことを、老婆に
話してしまいたくなった。

痴呆の老婆が自分の話を聞いたとしても、覚えていることなど出来ないに
違いない。

駅までの道を歩きながら、彼は、突然リストラされた3年前からのさまざ
まな出来事も、今日はたらいた盗みのことも、自分を信じている家族のこ
とも、全てを老婆に告白した。

もっとも、相変わらず口をもごもごとさせながら、時々脈絡の無い言葉を
発する老婆が、ちゃんと彼の話を聞いていたのかどうかはわからない。

彼が全てを話し終え、胸のつかえが解けたような気分になった頃、ようや
く駅の明かりが見えてきた。

「ばあちゃん、駅だよ。俺は事情があってこれ以上ついててやれないん
だ。あとは、誰か親切な人に交番まで連れていってもらいな」

人通りの多い道の街路樹の所までくると、彼は老婆にゆっくりと言った。

踵を返そうとした彼の手首を、硬く冷たい感触が捉えた。

カシャン!

彼の手首には、鈍く光る銀色の輪がはめられており、鎖の先を辿ると、も
うひとつの輪がしわくちゃな老婆の手首にしっかりとはまっていた。

驚く彼の耳に、だんだんと近づいてくるサイレンの音が聞こえてきた。

「泥棒はいかんよ」

老婆はすっと背筋を伸ばすと、毛糸の上着の下から小さな@会を取り出し
た。

「あんたの通り道をずっと張ってたんだよ。全部録音させてもらったから
ね。相手が年寄りだと思って油断したんだろうね。こうみえてもわたしゃ
特殊捜査員でね。あんた、根は悪い人間じゃないんだから、早く罪を償っ
てその後は真面目に働くんだよ」

近づいてきたサイレンに照らされて、キラリと光った手首の輪が、赤いバ
ングルのように見えた。

━★★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★☆━━━

今週も最後まで読んでくださってありがとうございました。^^
先週のダイエット宣言以降、毎日意識して生活しています。
まだ劇的な体重減少は無いものの、ラインは少しスッキリしてきました
し、何となく体が軽くなったようにも感じているので、体の中では順調に
体重減少の準備が進んでいるのだと信じています。(笑)

来週は、実際の数字で、効果を発表したいと思います。

お風呂でのオイルマッサージは、痩身効果ももちろんあると思うのです
が、何より熟睡に効果抜群!
寝苦しい夜もなんのその、毎晩、朝までぐっすりです。
眠れない方は、是非一度お試しください^^

次回の【週刊Harukaの部屋】は、 7月8日(木曜)発行の予定です。

来週も是非読んでくださいね♪

【週刊Harukaの部屋】@byウォッチコレ
@@@@URL 本@店 http://www.watch-colle.com/
@@『ティータイムをご一緒に』@by Haruka
@@@@@@@ URL URL http://happyteatime.jp@
@@『インターネットラジオ@ENDLESS@DREAM』
@@@@@@@ URL http://www.edproject.net/netradio/@

このメールマガジンは、『まぐまぐ』 http://www.mag2.com/
を利用して発行 しています。

■購読の中止及び変更は
@こちらです@→http://www.watch-colle.com/cgi-bin/mail/Haruka.htm

■その他お問合せ・ご感想等はこちらへどうぞ
@→webmaster@watch-colle.com

All Contents Copyright (C)2002 watch-colle.com All Rights Reserved.
TOP会社概要商品一覧ご購入の手順お支払い方法送料についてQ&A集返品についてお客様の声
あなたにお届けします!楽しいショートストーリーとウォッチコレ新着情報!☆Presented by Watch-colle