━━━☆Presented by Watch-colle☆━━━  あなたにお届けします!  毎週 楽しいショートストーリーとウォッチコレ新着情報!
                        あなたの楽しいコメント募集中! Haruka と楽しいメルマガトークしませんか? お待ちしていま〜す ^ ^

ウォッチ コレ TOPへ ウォッチ コレ TOPへ
TOP会社概要商品一覧ご購入の手順お支払い方法送料についてQ&A集返品についてお客様の声
 


毎週Harukaさんのショートストーリーがおもしろ〜〜い

リニューアルしたメルマガ
無料購読申込みと
購読の解除は

こちらからどうぞ

『Brilliant Time』
volume324
volume323
volume322
volume321
volume320
volume319
volume318
volume317
volume316
volume315
volume314
volume313
volume312
volume311
volume310
volume309
volume308
volume307
volume306
volume305
volume304
volume303
volume302
volume301
volume300
volume299
volume298
volume297
volume296
volume295
volume294
volume293
volume292
volume291
volume290
volume289
volume288
volume287
volume286
volume285
volume284
volume283
volume282
volume281
volume280
volume279
volume278
volume277
volume276
volume275
volume274
volume273
volume272
volume271
volume270
volume269
volume268
volume267
volume266
volume265
volume264
volume263
volume262
volume261
volume260
volume259
volume258
volume257
volume256
volume255
volume254
volume253
volume252
volume251
volume250
volume249
volume248
volume247
volume246
volume245
volume244
volume243
volume242
volume241
volume240
volume239
volume238
volume237
volume236
volume235
volume234
volume233
volume232
volume231
volume230
volume229
volume228
volume227
volume226
volume225
volume224
volume223
volume222
volume221
volume220
volume219
volume218
volume217
volume216
volume215
volume214
volume213
volume212
volume211
volume210
volume209
volume208
volume207
volume206
volume205
volume204
volume203
volume202
volume201
volume200
volume199
volume198
volume197
volume196
volume195
volume194
volume193
volume192
volume191
volume190
volume189
volume188
volume187
volume186
volume185
volume184
volume183
volume182
volume181
volume180
volume179
volume178
volume177
volume176
volume175
volume174
volume173
volume172
volume171
volume170
volume169
volume168
volume167
volume166
volume165
volume164
volume163
volume162
volume161
volume160
volume159
volume158
volume157
volume156
volume155
volume154
volume153
volume152
volume151
volume150
volume149
volume148
volume147
volume146
volume145
volume144
volume143
volume142
volume141
volume140
volume139
volume138
volume137
volume136
volume135
volume134
volume133
volume132
volume131
volume130
volume129
volume128
volume127
volume126
volume125
volume124
volume123
volume122
volume121
volume120
volume119
volume118
volume117
volume116
volume115
volume114
volume113
volume112
volume111
volume110
volume109
volume108
volume107
volume106
volume105
volume104
volume103
volume102
volume101
volume100
volume99
volume98
volume97
volume96
volume95
volume94
volume93
volume92
volume91
volume90
volume89
volume88
volume87
volume86
volume85
volume84
volume83
volume82
volume81
volume80
volume79
volume78
volume77
volume76
volume75
volume74
volume73
volume72
volume71
volume70
volume69
volume68
volume67
volume66
volume65
volume64
volume63
volume62
volume61
volume60
volume59
volume58
volume57
volume56
volume55
volume54
volume53
volume52
volume51
volume50
volume49
volume48
volume47
volume46
volume45
volume44
volume43
volume42
volume41
volume40
volume39
volume38
volume37
volume36
volume35
volume34
volume33
volume32
volume31
volume30
volume29
volume28
volume27
volume26
volume25
volume24
volume23
volume22
volume21
volume20
volume19
volume18
volume17
volume16
volume15
volume14
volume13
volume12
volume11
volume10
volume9
volume8
volume7
volume6
volume5
volume4
volume3
volume2
創刊号

【週刊Harukaの部屋】
バックナンバー
最終回
第130号
第129号
第128号
第127号
第126号
第125号
第124号
第123号
第122号
第121号
第120号
第119号
第118号
第117号
第116号
第115号
第114号
第113号
第112号
第111号
第110号
第109号
第108号
第107号
第106号
第105号
第104号
第103号
第102号
第101号
第100号
第99号
第98号
第97号
第96号
第95号
第94号
第93号
第92号
第91号
第90号
第89号
第88号
第87号
第86号
第85号
第84号
第83号
第82号
第81号
第80号
第79号
第78号
第77号
第76号
第75号
第74号
第73号
第72号
第71号
第70号
第69号
第68号
第67号
第66号
第65号
第64号
第63号
第62号
第61号
第60号
第59号
第58号
第57号
第56号
第55号
第54号
第53号
第52号
第51号
第50号
第49号
第48号
第47号
第46号
第45号
第44号
第43号
第42号
第41号
第40号
第39号
第38号
第37号
第36号
第35号
第34号
第33号
第32号
第31号
第30号
第29号
第28号
第27号
第26号
第25号
第24号
第23号
第22号
第21号
第20号
第19号
第18号
第17号
第16号
第15号
第14号
第13号
第12号
第11号
第10号
第9号
第8号
第7号
第6号
第5号
第4号
第3号
第2号
創刊号

 (^-^)Vウオッチコレがお届けするラッキーマガジン☆週刊Harukaの部屋☆第111号
━☆Presented by Watch-colle☆━━━━━━━━━━━━☆☆☆━━━
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
@@☆★☆.・ 週刊@Harukaの部屋@.*.☆ ☆@@
___________________________________________________
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆2004.5.13. 第111号☆━
Harukaの部屋へようこそ!今週は第111号♪だから何というわけではありま
せんが、数字が揃うと何となく良い感じがしませんか?^^
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・★
週刊Harukaの部屋@5月13日@第111号@目次
☆1.ウオッチコレUpdate!
☆2.1日は長い?短い?
☆3.ショートストーリー「誕生日」
★・・・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

☆1.ウオッチコレUpdate!

みなさんこんにちは!年金払ってますよ!
先週今週と、年金を払っていたか、未納かで揉めた一週間でしたね。
今週は電波時計のパイオニア@ユンハンス電波時計をご案内します。
いずれも決算特価につき売切れの節はごめんなさいね。

■ユンハンス チタン ホワイトダイヤル チタンブレス 2213 44
http://www.watch-colle.com/watch/JH/jh2213/JH-2213.htm

■ユンハンス チタン ブラックダイヤル チタンブレス 2214 44
http://www.watch-colle.com/watch/JH/jh2214/JH-2214.htm

■ユンハンス チタン ホワイトダイヤル レザー 2010 00
http://www.watch-colle.com/watch/JH/jh2010/JH-2010.htm

■ユンハンス チタン ホワイトダイヤル レザー 2011 00
http://www.watch-colle.com/watch/JH/jh2011/JH-2011.htm

■ユンハンス SS ホワイトダイヤル ブレス 4064 44
http://www.watch-colle.com/watch/JH/jh4064/JH-4064.htm

■ユンハンス SS ブラックダイヤル ブレス 4065 44
http://www.watch-colle.com/watch/JH/jh4065/JH-4065.htm

■ユンハンス SS ホワイトダイヤル レザー 4960 00
http://www.watch-colle.com/watch/JH/jh4960/JH-4960.htm

■ユンハンス SS ホワイトダイヤル ブレス 4311 44
http://www.watch-colle.com/watch/JH/jh4311/JH-4311.htm

■ユンハンス SS ブラックダイヤル ブレス 4310 44
http://www.watch-colle.com/watch/JH/jh4310/JH-4310.htm

■ユンハンス アルミ ブラックダイヤル ブレス 2322 44
http://www.watch-colle.com/watch/JH/jh2322/JH-2322.htm

@@@@@@@店長@女優の江角さんがお気の毒

━★★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★☆━━━

☆2.一日は長い?短い?

連休明けの先週、通勤の混雑がひと段落ついた地下鉄のコンコースで、後
ろからこんな会話が聞こえてきました。

「なんかさ、一日が短いよね?」
「えっ?そう?私は凄く長く感じるけど……」

何気なく振り返ってみると、会話をしていたのは、ひと目でフレッシャー
ズと分かるニ人の女性。
すぐ近くには、二人を指導しているであろう先輩社員風の男性が一緒に居
ます。

この会話を聞きながら、私は時間の感じ方についてあれこれ思いを巡らせ
ました。

実は最近、一週間がとても早く感じられて、あれもこれもしたいのに出来
ない!と焦燥を感じているんです。

よく、楽しい事をしていると時間があっという間に過ぎる、などといいま
すし、実際にそんな感覚を経験した方も多いと思います。

けれど、逆に、とても楽しい気分で過ごしたもの凄く大切なひと時を、か
えって長く感じたことはありませんか?それこそ、まるで時が止まってし
まってでもいたように。

例えば、好きな人との初デートで手を繋いで信号を渡っていた時間とか、
頑張っていたことで表彰されて壇上に上がった時間とか……。

とても楽しい、嬉しいという気持ちが感性を研ぎ澄ませて、その時見えて
いたたくさんの物、聞こえていた様々な音、感じていた温度や空気の匂い
までもが記憶されるため、強い印象として残り、実際よりも長い時間だっ
たと感じられるのかもしれません。

冒頭の二人のうち、一日を短く感じていた女性の方は、次々と新しい出来
事に遭遇する仕事に対して、ワクワクとした気分で楽しく過ごし、長いと
言った女性の方は、新しい出来事をを的確にクリアしたり覚えたりしてい
こうと一生懸命に過ごしていたのではないでしょうか?

そんなことを考えながら二人を見ていると、フレッシャーズ独特の真新し
いスーツやバックや初々しい雰囲気に、思わず頬がゆるんでしまいまし
た。^^

でも、一番頬をゆるめていたのは……二人と一緒にいた男性社員。

二人の会話をニコニコと聞きながら、「今日は少し早めにお昼にしよう
か?何がいいかな?」なんて言っていました。

このフレッシャーズ達、二人ともかなり美人だったんです。
両手に花の先輩社員は、その日一日をどんなふうに感じたのでしょうね?
(笑)

最近のあなたの一日は、長いですか?それとも短いですか?

正確な時を刻む時計は、こちらでどうぞ。^^
http://www.watch-colle.com/

━★★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★☆━━━

☆3.ショートストーリー「誕生日」

午後5時を過ぎると、児童館の玄関はお迎えのお母さんとランドセルを背
負った子供たちでごった返す。
両親が共働きの子供達は、小学校が終わってから夕方までの時間をここで
過ごしている。

杏子は今日もおあずかりの制限時間、6時ぎりぎりに滑り込んだ。
もう殆どの子供が帰宅して、玄関にあるランドセルもまばらだ。

裕香が頬をふくらませて、「ママ遅いー」と文句を言う。
ひとり帰りふたり帰りと居なくなっていく友達の後姿を見送るのは、子供
心にも寂しいのだろう。

「ごめんね、祐ちゃん。もしかして最後だった?」
そう聞きながら、裕香の後にもうひとりポツンと寂しそうに立っている女
の子が居るのに気付いた。

「最後じゃなかったのね、あの子は祐ちゃんのお友達?」

杏子の問いかけに裕香は、首を振りながら、「ううん、ちがうよ、はじめ
て児童館に来た子だもん、でも、さっき一緒に遊んだんだ」

「ねっ?」っとその子を振り返った。

「うん」と力なく頷く女の子に、「そう、じゃあ今日からはもうお友達
ね」と話しかけながら笑顔を向けた。

けれど、その子は俯いたまま、今にも泣き出しそうな顔をしている。

思わず「どうしたの?」と声をかけると、小さな声で返事が聞こえた。

「あいちゃんね、本当は今日お誕生日なの…」

「お誕生日?まあ、おめでとう!」
反射的にそう口にしたが、女の子はさらに暗い顔になって、ついに泣き出
してしまった。

慌てて女の子の肩を抱き、玄関の縁に腰掛けて、話を聞いてあげることに
した。
女の子はしゃくりあげながら話しだした。

「あいちゃんのパパとママね…」

女の子のパパは単身赴任中で、ママは小学校の先生をしていた。
いつもならば彼女はおばあちゃんの所で放課後を過ごしているのだか、
そのおばあちゃんが昨日骨折して入@したため、今日からは児童館でママ
のお迎えを待つことになったそうだ。
ところが、運の悪いことに、ママの通勤電車が人身事故の影響で大きく遅
れ、まだしばらくは来られないのだという。

女の子は、涙のたまった目で続けた。

「今日はあいちゃんのお誕生日なのに」

杏子は女の子の話を聞きながら、自分の9歳のバースデイのことを思い出
していて、傍らにいた娘が児童館の奥に走っていったことに気づかなかっ
た。

そう、あれは、9歳の誕生日のこと。

杏子は体の弱い母が難産の末に産んだひとり娘で、両親からはまさに目
に入れても痛くない、という可愛がられ方をして育った。

当然、毎年、誕生日のお祝いも盛大で、名前の入った大きなケーキがある
のは当たり前だったし、幼稚園にあがってからは、たくさんのお友達を呼
んでパーティーをしていた。

ところが、9歳のバースデイだけは事情が違った。
杏子のバースデイが、ちょうど学校行事の振り替え休日にあたり、カレン
ダーの関係で、その翌日を含めた3日間の連休の真ん中になってしまった
のだ。
気候の良い時期の連休で、出かける友人が多く、パーティーの予定を立て
ることができなかった。

たまには家族水入らずですごす誕生日もいいじゃないか、というお父さん
の言葉で、当日はレストランで杏子の好きな物を食べることになってい
た。

ところが、当日の朝、まだ外が暗いうちに母が突然発作を起こした。

体の弱い母の発作は珍しいことではなく、父も杏子も慣れていたが、発作
の後はいつも数日間の入@が必要だった。父は私のことを隣のおばさんに
託して、母に付き添って救急車に乗った。

おばさんは優しかったけれど、おばさんが気を遣ってくれればくれるほど
私は居たたまれない気持ちになった。

昼食を済ませてお茶を飲んでいると、外で私の名前を呼ぶ声がした。

「きょうこちゃん、あーそーぼ!」

大きな声を出していたのは、同じクラスになったばかりのまきちゃんだっ
た。

夜までの長い時間をどう過ごせばいいのか少し困っていたおばさんと私
は喜んで、夕方までに帰る約束でまきちゃんの家に行くことになった。

まきちゃんとはまだそれほど仲が良いというわけではなかったが、ふたり
とも折り紙が好きという共通点があって、雨の日の放課には、よく一緒に
折り紙をしていた。

まきちゃんの家につき、家族の人に挨拶をして、まきちゃんの部屋へ入る
と、小さなテーブルがあって、真ん中に折り紙で折った花が飾ってあっ
た。

「ちょと待っててね」と部屋を出て行ったまきちゃんは、お盆を手にして
戻ってくると、大きな声で言った。

「ハッピーバースデイ!きょうこちゃん!」

お盆の上には、駄菓子屋さんで売っている小さなお菓子がたくさん乗っ
ていて、どれも上手に折った折り紙の器に盛られていた。

くじで当りを引かないともらえない特大パンダカステラにはロウソクが1
本さしてある。

全てをテーブルに並べ終わると、まきちゃんはロウソクに火をつけて、
ハッピーバースデイの歌を歌ってくれた。

驚きと嬉しさで涙が溢れて、上手くロウソクの火を消す事ができなかった
から、まきちゃんが一緒に消してくれた。

それから二人でお菓子を食べ、テレビや学校の話をして、大好きな折り紙
を折った。

まきちゃんは、得意の花を折って裏にテープで安全ピンをつけて、綺麗な
ブローチを作ってくれた。

突然孤独な誕生日を過ごすことになってしまったその時の私にとって、小
さなバースデイパーティーがどれほど嬉しかったを、人に説明するのは難
しい。

5年生の時に引越しをしたまきちゃんとは、それから一度も会っていない
し、その後いくつもの楽しい誕生日を過ごしたが、今でも、「誕生日」と
いう言葉を聞いて思い出すのは、9歳のバースデイのことだった。

「お誕生日おめでとう!」

明るい声に振り向くと、にっこり笑った裕香が立っていた。
手には、折り紙の花飾りを持っている。

「まだ覚えたばかりだからあんまり上手じゃないけれど、もらってくれ
る?」

そう言いながら泣いているお友達の首に花の飾りをかける。

「ママも小さい頃お友達に折り紙のお花をもらって嬉しかったって言って
たでしょう?」

そういえば、あの話を裕香にもしたことがあったかもしれない。

花飾りをつけた女の子の顔がみるみる明るく輝いていくのが分かった。

その時、門の方から「あいちゃーん」と呼ぶお母さんの声がした。

「おかあさん!」

立ち上がって駆け出した女の子はお母さんに抱きつくと、自慢げに花飾り
を見せて、裕香の方を指差した。

「どうもありがとうございます。これからもうちの子と仲良くしてやって
ください」

丁寧に頭を下げるお母さんに、「こちらこそ、よろしくお願いします」と
挨拶をし、子供達は明日また遊ぶ約束をして手を振り合った。

「さ、帰ろっか!」

娘と手を繋いで歩きながら、娘のことをまきちゃんにも報告したいような
気分になって、優しい娘の愛しい手をもう一度ぎゅっと握り直した。


━★★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★☆━━━

今週も最後まで読んでくださってありがとうございました。

今日は時間の感じ方のお話をしましたが、先日、娘が、時間についてこん
なことを言ったので、思わず笑ってしまいました。

「あーあ、もう水曜日?一週間って早いねえ、昔はそんなふうに思わな
かったのに」

8才の娘にとっての昔っていつのことなのでしょう?(笑)

けれどイマドキの子供たちは、宿題やお稽古やお友達とのお付き合いもた
くさんあって、大人並みの忙しさを感じているのかもしれませんね。^-^;

それでは来週も、是非、Harukaとご一緒してくださいね。

次回の【週刊Harukaの部屋】は、 5月20日(木曜)発行の予定です。

【週刊Harukaの部屋】@byウォッチコレ
@@@@URL 本@店 http://www.watch-colle.com/
@@『ティータイムをご一緒に』@by Haruka
@@@@@@@ URL URL http://happyteatime.jp@
@@『インターネットラジオ@ENDLESS@DREAM』
@@@@@@@ URL http://www.edproject.net/netradio/@

このメールマガジンは、『まぐまぐ』 http://www.mag2.com/
を利用して発行 しています。

■購読の中止及び変更は
@こちらです@→http://www.watch-colle.com/cgi-bin/mail/Haruka.htm

■その他お問合せ・ご感想等はこちらへどうぞ
@→webmaster@watch-colle.com

All Contents Copyright (C)2002 watch-colle.com All Rights Reserved.
TOP会社概要商品一覧ご購入の手順お支払い方法送料についてQ&A集返品についてお客様の声
あなたにお届けします!楽しいショートストーリーとウォッチコレ新着情報!☆Presented by Watch-colle