━━━☆Presented by Watch-colle☆━━━  あなたにお届けします!  毎週 楽しいショートストーリーとウォッチコレ新着情報!
                        あなたの楽しいコメント募集中! Haruka と楽しいメルマガトークしませんか? お待ちしていま〜す ^ ^

ウォッチ コレ TOPへ ウォッチ コレ TOPへ
TOP会社概要商品一覧ご購入の手順お支払い方法送料についてQ&A集返品についてお客様の声
 


毎週Harukaさんのショートストーリーがおもしろ〜〜い

リニューアルしたメルマガ
無料購読申込みと
購読の解除は

こちらからどうぞ

『Brilliant Time』
volume327
volume326
volume325
volume324
volume323
volume322
volume321
volume320
volume319
volume318
volume317
volume316
volume315
volume314
volume313
volume312
volume311
volume310
volume309
volume308
volume307
volume306
volume305
volume304
volume303
volume302
volume301
volume300
volume299
volume298
volume297
volume296
volume295
volume294
volume293
volume292
volume291
volume290
volume289
volume288
volume287
volume286
volume285
volume284
volume283
volume282
volume281
volume280
volume279
volume278
volume277
volume276
volume275
volume274
volume273
volume272
volume271
volume270
volume269
volume268
volume267
volume266
volume265
volume264
volume263
volume262
volume261
volume260
volume259
volume258
volume257
volume256
volume255
volume254
volume253
volume252
volume251
volume250
volume249
volume248
volume247
volume246
volume245
volume244
volume243
volume242
volume241
volume240
volume239
volume238
volume237
volume236
volume235
volume234
volume233
volume232
volume231
volume230
volume229
volume228
volume227
volume226
volume225
volume224
volume223
volume222
volume221
volume220
volume219
volume218
volume217
volume216
volume215
volume214
volume213
volume212
volume211
volume210
volume209
volume208
volume207
volume206
volume205
volume204
volume203
volume202
volume201
volume200
volume199
volume198
volume197
volume196
volume195
volume194
volume193
volume192
volume191
volume190
volume189
volume188
volume187
volume186
volume185
volume184
volume183
volume182
volume181
volume180
volume179
volume178
volume177
volume176
volume175
volume174
volume173
volume172
volume171
volume170
volume169
volume168
volume167
volume166
volume165
volume164
volume163
volume162
volume161
volume160
volume159
volume158
volume157
volume156
volume155
volume154
volume153
volume152
volume151
volume150
volume149
volume148
volume147
volume146
volume145
volume144
volume143
volume142
volume141
volume140
volume139
volume138
volume137
volume136
volume135
volume134
volume133
volume132
volume131
volume130
volume129
volume128
volume127
volume126
volume125
volume124
volume123
volume122
volume121
volume120
volume119
volume118
volume117
volume116
volume115
volume114
volume113
volume112
volume111
volume110
volume109
volume108
volume107
volume106
volume105
volume104
volume103
volume102
volume101
volume100
volume99
volume98
volume97
volume96
volume95
volume94
volume93
volume92
volume91
volume90
volume89
volume88
volume87
volume86
volume85
volume84
volume83
volume82
volume81
volume80
volume79
volume78
volume77
volume76
volume75
volume74
volume73
volume72
volume71
volume70
volume69
volume68
volume67
volume66
volume65
volume64
volume63
volume62
volume61
volume60
volume59
volume58
volume57
volume56
volume55
volume54
volume53
volume52
volume51
volume50
volume49
volume48
volume47
volume46
volume45
volume44
volume43
volume42
volume41
volume40
volume39
volume38
volume37
volume36
volume35
volume34
volume33
volume32
volume31
volume30
volume29
volume28
volume27
volume26
volume25
volume24
volume23
volume22
volume21
volume20
volume19
volume18
volume17
volume16
volume15
volume14
volume13
volume12
volume11
volume10
volume9
volume8
volume7
volume6
volume5
volume4
volume3
volume2
創刊号

【週刊Harukaの部屋】
バックナンバー
最終回
第130号
第129号
第128号
第127号
第126号
第125号
第124号
第123号
第122号
第121号
第120号
第119号
第118号
第117号
第116号
第115号
第114号
第113号
第112号
第111号
第110号
第109号
第108号
第107号
第106号
第105号
第104号
第103号
第102号
第101号
第100号
第99号
第98号
第97号
第96号
第95号
第94号
第93号
第92号
第91号
第90号
第89号
第88号
第87号
第86号
第85号
第84号
第83号
第82号
第81号
第80号
第79号
第78号
第77号
第76号
第75号
第74号
第73号
第72号
第71号
第70号
第69号
第68号
第67号
第66号
第65号
第64号
第63号
第62号
第61号
第60号
第59号
第58号
第57号
第56号
第55号
第54号
第53号
第52号
第51号
第50号
第49号
第48号
第47号
第46号
第45号
第44号
第43号
第42号
第41号
第40号
第39号
第38号
第37号
第36号
第35号
第34号
第33号
第32号
第31号
第30号
第29号
第28号
第27号
第26号
第25号
第24号
第23号
第22号
第21号
第20号
第19号
第18号
第17号
第16号
第15号
第14号
第13号
第12号
第11号
第10号
第9号
第8号
第7号
第6号
第5号
第4号
第3号
第2号
創刊号

 (^-^)Vウオッチコレがお届けするラッキーマガジン☆週刊Harukaの部屋☆第108号

━☆Presented by Watch-colle☆━━━━━━━━━━━━☆☆☆━━━
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
@@☆★☆.・ 週刊@Harukaの部屋@.*.☆ ☆@@
___________________________________________________
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆2004.4.22. 第108号☆━
先週末、地元の春祭りがありました。なぜかこの日は毎年暑く、
“春祭り”なのですが、お祭りが来ると初夏を感じてしまいます。(笑)
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・★
週刊Harukaの部屋@4月22日@第108号@目次
☆1.ウオッチコレUpdate!
☆2.四季のある喜び
☆3.ショートストーリー「永遠」
★・・・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
☆1.ウオッチコレUpdate!

毎週Harukaの部屋を楽しみにしてくださっているみなさん、こんにちは!
実は店長の役得として、みなさんよりほんの少し早く毎週ショートストーリー
を楽しみにし読んでいます^^

今週の新着も楽しみにご覧くださいね。

■ リトモラティーノ クワドロ モザイク レディスサイズ Q3MS99SS
http://www.watch-colle.com/Ritmo/rl/RL-086.htm

■オメガ@ダイナミックジュネーブ@手巻き式@1970年代
http://www.watch-colle.com/watch/OM/om060a/OM-060A.htm

■オメガ Seamaster 300 1960年代製@極上 USED
http://www.watch-colle.com/watch/OM/om059a/OM-059A.htm


では、来週のHarukaの部屋でお会いしましょう〜

@@@@@@店長@最近のHarukaさんの活躍には目を見張るものがある

店長も ━★★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★☆━━━

☆2.四季のある喜び

先月の今頃は、まだ冷たい風が吹いていてコート脱げなかったのに、今は
もう桜の時も過ぎて、日差しを浴びた新緑が眩しい季節。

気温や日差しや景色の変化は、人の気分も変えてくれるので、ひとつの季
節を、思うように過ごせなかった人も、次の季節への移り変わりと同時
に、気持ちを切り替えられるような気がします。

私は特に“気分”や“気持ち”を重要に考える方なので、何かを始めると
きはいつも、新しい気持ちになることや、良い気分でいることを、とても
大切にしています。

そんな私が最近気に入っているのが、クラシックの名曲を集めたCD付の
週刊誌です。

その曲や作曲家にまつわるさまざまなエピソードを、演奏と共に楽しめる
ものなのですが、気分に合わせてCDを聴き、エピソードを読んで作曲家
に思いを馳せ、リラックスしたり、頑張ろう!という気持ちを駆り立てた
りするのです。

その中でも、最近よく聞いているのが、ヴィバルディの「四季」が収録さ
れたCD。
良く晴れた日に窓を全開にして、家事をしながらあの心弾むメロディを聞
くと、今日も何か良いことがありそうな気分になれます。

単純!と言われてしまいそうですが、本当にそんな気分になるのだから仕
方がありません。(笑)

もしよろしければ、皆さんも一度試されてはいかがでしょう?
お天気の良い空を見る度、「タラッタッタータラター」と思わず口ずさん
でしまうかもしれませんよ。^^

そんなハッピーな気分を連れてくる曲を、CD以外でも聴けるものを見つ
けました。

http://www.watch-colle.com/watch/Boegli/M10AV/BG-M10AV.htm

タラッタッタータラターと時を告げてくれるオルゴールの音色、私も是非
一度聞いてみたいです。

━★★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★☆━━━

☆3.ショートストーリー「永遠」

「愛してる、永遠に放さない」

男は女の目を真っ直ぐに見詰め、深い愛情のこもった声でゆっくりと語り
かけた。

女はとろけるような表情で、こっくりとその言葉に頷く。

春の夜、ベールのように広がる闇と、柔らかな月明かりが絶妙なバランス
の公園で、男は女に永遠の愛を誓ってプロポーズした。

@<あーあ。馬鹿ね、あの男。永遠、なんて言っちゃった>

10月。男と女は青く冴え渡る秋空の下、晴れやかにウエディングベルを
鳴らし、最高の幸せに包まれて新婚旅行に旅立った。

甘く暖かな新婚生活の中で、最初の喧嘩の原因になったのは、その春、男
が妻を花見に連れて行ってやらなかったこと。
けれど、ふたりはすぐに仲直りして、小さな喧嘩は絆を深めた。
ふたりで並んで眺めた窓の外には、すっかり青葉になってしまった桜並木
が見えていた。

2年後、元気な男の子が生まれた。
妻は子供に神経を集中させるようになり、仕事の忙しくなった男はだんだ
んと帰宅時間を遅くしていった。

男が自宅で夕食を取ることが滅多になくなった頃には、妻と子供だけの生
活がすっかり出来上がっていて、男と妻が交わす会話は少しづつ減って
いった。

子供が成長して手が離れると、男と妻の会話はさらに少なくなり、若い頃
互いに愛しあったことさえ忘れてしまいそうになった。

男の頭にはすでに、白いものが混じり始め、女の顔にはいくつもの細かい
皺が刻まれていた。

ある日、ついでがあって、男が昼に自宅にへ戻ってみると、妻はリビング
に寝転んで、尻を掻きながらテレビを見ていた。

キッチンにはインスタントラーメンのカップや、空の惣菜パックがそのま
まになっていて、混ざり合った食べ物の匂いが@をついた。

声をかけた男に驚いて振り返った妻の顔は、顎にも頬にも肉がついて、
すっかり丸くなっていた。

その顔を見て、男はふと、妻にプロポーズした夜の白く丸い月を思い出し
た。

あの頃の妻は、尖った顎が@細で、自分が永遠に守ってやらなくてはいけ
ないと思わずにはいられなかったのに……。

「あら、急に帰ってきてもラーメンくらいしかないわよ。今ドラマが面白
いところなの、あなた、自分でやってくれる?」

男は小さな溜め息をついて、自分の食事を用意するべく、もわっとした匂
いの漂うキッチンに向かった。

それから、小さな喜びや悲しみやハプニングはあるものの、大方は代わり
映えしない時が流れ、男は定年を迎えた。
男が仕事を離れると、さらに穏やかで変化の無くなった日々が過ぎていっ
た。
そして、ある夏の夜、しばらく病床についていた妻が、自宅で逝くのを見
送った。

男は自分の心の中に、悲しみと安堵が同時に湧き上がるのを感じた。

そして、5年後、男にもついにその時が来た。
怖くも、辛くも、悲しくもなく、正直、やれやれといった気持ちさえあっ
た。
男はゆっくり目を閉じて、平凡で、穏やかで、それなりに幸せだったけれ
ど、少し退屈だった人生を思い返しながら静かに息を引き取った。


そよそよと涼やかな風を感じて男が目を開けると、そこは見渡す限りずっ
と向こうまで白い靄が広がる世界で、微かに花の香を帯びた風が吹いてい
た。

@<目が覚めたみたいね、ようこそ、天国へ>

天国?声の方を振り返ったがそこにはただ靄が広がっているだけ。

@<ああ、私の本体はシステム制御室よ。ここには声だけ送信してるの>

声だけ?システム制御室?
男は飲み込めないまま不安そうにあたりを見回してみた。

@<わからないのも無理ないわよね、天国もいろいろと進歩しててね、最
@近は出入りする人も全てコンピューター管理されてるのよ>

コンビューター管理?
益々解らなくなった男は心細げに、声に向かって訪ねた。

「私はこれからどうなるんでしょう?」

@<ああ、それなんだけれど、あなた、あちらの世界で奥様にプロポーズ
をする時、“永遠”って口にしたでしょう?だから、あなたの輪廻プログ
ラムには“永遠”が組み込まれてるの。あなたの腕についている時計を見
てごらんなさい。>

男が自分の腕を見ると、そこにはいつの間にか金色に光る立派な時計がは
まっていた。
文字盤には12の横にもう一つEという文字が刻まれていて、秒針のよう
な細い針がそこを指していた。

「これは、いったい何ですか?」

<その時計は、あなたの次の輪廻までの時を計る時計よ。細い針がE(ete
rnity)を差しているでしょう。それは、あなたが誓った通り、“永遠”に
あの女性と生を共にできるということなの。何度生まれ変わっても、必ず
また彼女と出会って、後半の人生を一緒に過ごすことになるわ>

男はまだ理解できない様子でただそこに立ち尽くしている。

<私の話が解りにくいようね。じゃ、これを見せてあげるわ。そこは、あ
なたが次の生を受けるまでの間過ごすことになる待合室のような所よ>

男の目の前に広がっていた白い靄がさあっと晴れると、巨大なスクリーン
が現れて小さな部屋を映し出した。

その部屋の中央には見覚えのある後ろ姿が横たわり、ポリポリと尻を掻い
ている

男は、永遠を誓った日のぼんやりとした白い月と、その月のように丸い妻
の顔を同時に思い出し、小さく溜め息をついて、これからも続くことにな
るらしい“永遠”に思いを馳せた。

━★★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★☆━━━

今回も最後まで読んでくださってありがとうございました。

今日は“気分”についてのお話をしたのですが、実は先日、その“気分”
をうんと良くしてくれる素敵なものを当てちゃいました。^^
(タラッタッタータラターと口づさんでいるご利益でしょうか?(笑))

某ショッピングサイトのプレゼント企画で当たったその賞品は、“アロマ
チック”というマシーンなのですが、これに水とアロマオイルを入れてス
イッチをいれると、綺麗な青い光が灯り、超微粒子の香りの霧が広がっ
て、それはそれは良い気分になるんです。^^

もちろん、そんな時にも素敵な音は欠かせません。
近頃私は、音と光と香りの共演で、ちょっぴり贅沢な春の夜を過ごしてい
ます♪

次回の【週刊Harukaの部屋】は、 4月29日(木曜)発行の予定です。

【週刊Harukaの部屋】@byウォッチコレ
@@@@URL 本@店 http://www.watch-colle.com/
@@『ティータイムをご一緒に』@by Haruka
@@@@@@@ URL URL http://happyteatime.jp@
@@『インターネットラジオ@ENDLESS@DREAM』
@@@@@@@ URL http://www.edproject.net/netradio/@

このメールマガジンは、『まぐまぐ』 http://www.mag2.com/
を利用して発行 しています。

■購読の中止及び変更は
@こちらです@→http://www.watch-colle.com/cgi-bin/mail/Haruka.htm

■その他お問合せ・ご感想等はこちらへどうぞ
@→webmaster@watch-colle.com

All Contents Copyright (C)2002 watch-colle.com All Rights Reserved.
TOP会社概要商品一覧ご購入の手順お支払い方法送料についてQ&A集返品についてお客様の声
あなたにお届けします!楽しいショートストーリーとウォッチコレ新着情報!☆Presented by Watch-colle