━━━☆Presented by Watch-colle☆━━━  あなたにお届けします!  毎週 楽しいショートストーリーとウォッチコレ新着情報!
                        あなたの楽しいコメント募集中! Haruka と楽しいメルマガトークしませんか? お待ちしていま〜す ^ ^

ウォッチ コレ TOPへ ウォッチ コレ TOPへ
TOP会社概要商品一覧ご購入の手順お支払い方法送料についてQ&A集返品についてお客様の声
 


毎週Harukaさんのショートストーリーがおもしろ〜〜い

リニューアルしたメルマガ
無料購読申込みと
購読の解除は

こちらからどうぞ

『Brilliant Time』
volume333
volume332
volume331
volume330
volume329
volume328
volume327
volume326
volume325
volume324
volume323
volume322
volume321
volume320
volume319
volume318
volume317
volume316
volume315
volume314
volume313
volume312
volume311
volume310
volume309
volume308
volume307
volume306
volume305
volume304
volume303
volume302
volume301
volume300
volume299
volume298
volume297
volume296
volume295
volume294
volume293
volume292
volume291
volume290
volume289
volume288
volume287
volume286
volume285
volume284
volume283
volume282
volume281
volume280
volume279
volume278
volume277
volume276
volume275
volume274
volume273
volume272
volume271
volume270
volume269
volume268
volume267
volume266
volume265
volume264
volume263
volume262
volume261
volume260
volume259
volume258
volume257
volume256
volume255
volume254
volume253
volume252
volume251
volume250
volume249
volume248
volume247
volume246
volume245
volume244
volume243
volume242
volume241
volume240
volume239
volume238
volume237
volume236
volume235
volume234
volume233
volume232
volume231
volume230
volume229
volume228
volume227
volume226
volume225
volume224
volume223
volume222
volume221
volume220
volume219
volume218
volume217
volume216
volume215
volume214
volume213
volume212
volume211
volume210
volume209
volume208
volume207
volume206
volume205
volume204
volume203
volume202
volume201
volume200
volume199
volume198
volume197
volume196
volume195
volume194
volume193
volume192
volume191
volume190
volume189
volume188
volume187
volume186
volume185
volume184
volume183
volume182
volume181
volume180
volume179
volume178
volume177
volume176
volume175
volume174
volume173
volume172
volume171
volume170
volume169
volume168
volume167
volume166
volume165
volume164
volume163
volume162
volume161
volume160
volume159
volume158
volume157
volume156
volume155
volume154
volume153
volume152
volume151
volume150
volume149
volume148
volume147
volume146
volume145
volume144
volume143
volume142
volume141
volume140
volume139
volume138
volume137
volume136
volume135
volume134
volume133
volume132
volume131
volume130
volume129
volume128
volume127
volume126
volume125
volume124
volume123
volume122
volume121
volume120
volume119
volume118
volume117
volume116
volume115
volume114
volume113
volume112
volume111
volume110
volume109
volume108
volume107
volume106
volume105
volume104
volume103
volume102
volume101
volume100
volume99
volume98
volume97
volume96
volume95
volume94
volume93
volume92
volume91
volume90
volume89
volume88
volume87
volume86
volume85
volume84
volume83
volume82
volume81
volume80
volume79
volume78
volume77
volume76
volume75
volume74
volume73
volume72
volume71
volume70
volume69
volume68
volume67
volume66
volume65
volume64
volume63
volume62
volume61
volume60
volume59
volume58
volume57
volume56
volume55
volume54
volume53
volume52
volume51
volume50
volume49
volume48
volume47
volume46
volume45
volume44
volume43
volume42
volume41
volume40
volume39
volume38
volume37
volume36
volume35
volume34
volume33
volume32
volume31
volume30
volume29
volume28
volume27
volume26
volume25
volume24
volume23
volume22
volume21
volume20
volume19
volume18
volume17
volume16
volume15
volume14
volume13
volume12
volume11
volume10
volume9
volume8
volume7
volume6
volume5
volume4
volume3
volume2
創刊号

【週刊Harukaの部屋】
バックナンバー
最終回
第130号
第129号
第128号
第127号
第126号
第125号
第124号
第123号
第122号
第121号
第120号
第119号
第118号
第117号
第116号
第115号
第114号
第113号
第112号
第111号
第110号
第109号
第108号
第107号
第106号
第105号
第104号
第103号
第102号
第101号
第100号
第99号
第98号
第97号
第96号
第95号
第94号
第93号
第92号
第91号
第90号
第89号
第88号
第87号
第86号
第85号
第84号
第83号
第82号
第81号
第80号
第79号
第78号
第77号
第76号
第75号
第74号
第73号
第72号
第71号
第70号
第69号
第68号
第67号
第66号
第65号
第64号
第63号
第62号
第61号
第60号
第59号
第58号
第57号
第56号
第55号
第54号
第53号
第52号
第51号
第50号
第49号
第48号
第47号
第46号
第45号
第44号
第43号
第42号
第41号
第40号
第39号
第38号
第37号
第36号
第35号
第34号
第33号
第32号
第31号
第30号
第29号
第28号
第27号
第26号
第25号
第24号
第23号
第22号
第21号
第20号
第19号
第18号
第17号
第16号
第15号
第14号
第13号
第12号
第11号
第10号
第9号
第8号
第7号
第6号
第5号
第4号
第3号
第2号
創刊号

 (^-^)Vウオッチコレがお届けするラッキーマガジン☆週刊Harukaの部屋☆第104号
━☆Presented by Watch-colle☆━━━━━━━━━━━━☆☆☆━━━
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
@@☆★☆.・ 週刊@Harukaの部屋@.*.☆ ☆@@
___________________________________________________
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆2004.3.25. 第104号☆━
ヒヤシンスが春の香りを漂わせる“週刊Harukaの部屋”へようこそ^^
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・★
週刊Harukaの部屋@3月25日@第104号@目次
☆1.ウオッチコレUpdate!
☆2.春はカラフル♪
☆3.ショートストーリー「桜祭り」
★・・・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

☆1.ウオッチコレUpdate

みなさん@こんにちは!店長のなかもとです
3月は卒業や就職など、人生の節目に当たる月ですが、Harukaをご覧の
みなさははいかがですか?
卒業や就職をされたかたへは、おめでと〜ございます!
何にもないかたんへは、きっといいことがある(だろう〜)
そういう私も、特に変化もなく、あっと言う間の一週間でした。
さて、今週は少し懐かしい時計と、スッごく珍しいアンティークの2点を
ご案内します。

■ゼニス クロノメーター 1940年代 15石手巻き
http://www.watch-colle.com/watch/ZN/zn004a/ZN-004A.htm

■シチズン VEGAV クレヨンしんちゃん 1990年 USED
http://www.watch-colle.com/watch/CZ/cz012a/CZ-012A.htm

@@@@@@@店長@長島さんがんばって!日本代表を頼みます

━★★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★☆━━━

☆2.春はカラフル♪

先日、友人達と一緒に、子連れ日帰りバス旅行に出かけてきました。

春の休日ということで、娘とお揃いのカラフルな春服を新調しておいたの
ですが、当日は2月に戻ったような寒さで、しっかりとボタンを留めて着
たコートの上に、ストールまで巻き付けた重装備で出かけざるおえなく
て、せっかくのお揃いも最後まで日の目を見ずに終わってしまいました。
(笑)

当日が寒かったのは残念でしたが、綺麗な色の春服を身につけると、気分
まで明るく楽しくなるものだと、改めて感じました。

桜のピンク、タンポポの黄色、チューリップの赤と、カラフルな色の花も
咲き競う春は、お洒落もやっぱり、明るくカラフルに決めてみたいです
ね。^^

そして、そんなお洒落がバッチリと決まった時には、腕時計もまた、カラ
フルにコーディネートしてみたいと思いませんか?

3月に入って、吹く風が暖かくなるにつれ、私が気になって仕方なくなっ
てきた時計が、コレ。
http://www.watch-colle.com/Bunrui/HR.htm

春の花束みたいに綺麗な色の時計だと思いませんか?
私が特に素敵だなと思う色は、この色と、
http://www.watch-colle.com/Haurex/88105/a/HR88105A.htm
この色、
http://www.watch-colle.com/Haurex/88105/p/HR88105P.htm

プリンセスジェム新作の天使の羽(プラチナ)や、
http://www.watch-colle.com/wkk/33/WKK-33.htm
天使のおしり(ペンダント)
http://www.watch-colle.com/wkk/32/WKK-32.htm
とコーディネートしたら、気分はすっかり春の天使といった感じで、とっ
ても可愛らしく見えるのではないかしら?と想像してしまいます。

いくつ年齢を重ねても、女性はやっぱり可愛いものが好きなんです。
そして、春にはやっぱり、カラフルな色に、人の視線と幸運が集まるよう
な気がします。^^

もうすぐ4月、コートを脱いで、一緒にカラフルな春を満喫しましょう!

━★★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★☆━━━

☆3.ショートストーリー「桜祭り」

2015年@3月。

テレビ画面一杯に広がる淡いピンク色の花びらが、今年もまた春が来たこ
とを告げている。
アナウンサーは、週末は桜祭りが開かれる予定だと発表した。

寛子は、幼い頃両親に連れられて行った河原のお花見を思い出しながら、
少し冷めたお茶をすすった。

あの頃は、本当に楽しかった。

お花見の河原はどこも人で溢れ、花見酒に酔って歌う陽気な声や、楽しそ
うな笑い声が、あちらこちらから聞こえていた。
普段は厳格な寛子の父も、母の作った巻き寿司を食べながらお酒を飲ん
で、少し赤くなった顔で寛子や弟の庸太に笑いかけてくれた。

目をつぶればいつでも、あの日の暖かな陽射しと、桜の花の柔らかなピン
ク色を思い出す事が出来る。

週末の朝、寛子はいつもより少しだけ早く起きて、胡瓜と卵と照り焼きの
穴子と、綺麗なピンク色の田麩を入れた巻き寿司を作った。

母は咲き始めの桜が好きで、父は八分咲きの桜が一番美しいと言い、寛子
と庸太は、散り始めた桜が花びらの絨毯になって、風に舞うのを捕まえる
ことを喜んだものだった。

けれど、桜祭りの会場では、完璧に満開の桜が寛子を迎えてくれた。

楽しげな話し声と規則正しく聞こえてくる笑い声の中、寛子も地面にシー
トを敷いて、巻き寿司のお弁当を広げた。
ポットから暖かいお茶をつぎながら、「さあ、皆で食べましょう」と、
息子夫婦と孫娘に話しかけた。

にっこりと笑って「おばあちゃん」と呼んでくれる孫娘は、小学校に上
がったばかり。
少々気の強い所はあるものの、いつも寛子を気遣ってくれる嫁は美人の姉
さん女房。
寛子との同居を選んでくれたのは、昔から優しかった次男の浩介だった。

5年前、58歳だった寛子は、そんな家族と一緒にごく普通の幸せを感じ
ながら暮らしていた。
あの恐ろしい出来事が起こるまでは。

その日は、真冬のような風が吹く花冷えの土曜日で、少し風邪気味だった
寛子は家族の花見の誘いを断って自宅でひとり休んでいた。

半日ほどを布団の中で過ごし、そろそろ起きよう思った時、息子の車が事
故に遭ったという連絡が入った。
息子夫婦も孫娘もほぼ即死だったと聞いて、寛子はショックで気を失っ
た。

寛子が正気を取り戻したのは、葬式が済んで、桜の花も散り切った4月の
暖かな朝だった。

その日から、寛子はペンダント型の超小型映写@を肌身離さず持ち歩き、
何度も何度も息子夫婦と孫娘のホノグラムビデオを見るようになった。

巻き寿司を食べ終わって、胸のペンダントのスイッチを切ると、「おばあ
ちゃん」と可愛らしい声で呼びかける孫娘も、気の強い嫁も、優しい息子
も一瞬のうちに消えた。

寂しさが、春一番のように寛子の心を吹き抜けた。

それでも、もしかしたら息子夫婦は幸せだったのかもしれないと、寛子は
考え直した。

5年前、息子たちが亡くなった後、日本はとんでもない方向に向かって
いったのだから……。

以前から世界各地で頻発していたテロや紛争は次第に大きくなって、その
年、とうとう大国同士の戦争に発展した。
十数年前に憲@を改定していた日本も戦いに参加することになり、健康な
若者や学校に通っている子供たちまでもが、男女を問わず戦争に駆り出さ
れた。
そして、あとには、幼児と老人と病人だけが残された。

様々な威力を持った、たくさんの兵器や爆弾の影響で地上から緑が消え、
砂漠のような景色が広がっていった。

愚かな人間が、ようやく闘うのを止めるまでに2年以上の月日が流れた。

その後、ごくわずかに残った運の良い若者を中心に復興事業が進められ、
生き残っている人々は今、戦前の生活を取り戻しつつあった。
そして、この桜祭りも昨年から開催されている。

ただ……

桜祭りの終了を知らせるチャイムが鳴って、会場に設置された大型ホノグ
ラムビデオ映写@のスイッチが切られると、見事に咲き誇っていた桜の花
も、若い花見客の笑い声も一瞬にして消え、後には茶色い土がむき出しに
なった河原と、銘々の荷物を抱えた老人達の姿だけが残った。

寛子は空になったお弁当箱を片手に持って、もう一方の手で、胸のペンダ
ント型映写@をぐっと握った。

すると、スイッチが入ってしまった映写@からまた孫娘が飛び出した。
「おばあちゃん」と声がした方を振り向くと、そこには新たに植えられた
小さな桜の苗木が細い枝を伸ばしていた。

寛子はいつしか、何十年か先に大きく育ったこの本物の桜の下で、大勢の
花見客が賑やかに桜祭りを楽しむ様子を想像していた。

静かに閉じた寛子の目にはうっすらと涙がにじみ、口元には微笑みが浮か
んでいた。

━★★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★☆━━━

今週も最後まで読んでくださってありがとうございました。

花冷えで、雪の降る日があったりもしますが、あちこちで桜も開花して、
いよいよ本格的に春ですね。^^

春は出会いと別れの季節、などと言いますが、何か新しい事をスタートす
るにもぴったりの季節ですよね?

私はこの春、これまでやりかけで放り出してあったいくつかの事を、再ス
タートしようと決めています。
できれば、全部、少なくともそのうちの一つくらいは、最後までちゃんと
やり遂げて、みなさんにもご報告したいと思っています。

何度も決意してはくじけてしまう、ダイエットなんかもそのひとつなので
すけれど。^-^;

それでは来週もまた、Harukaとご一緒してくださいね♪

次回の【週刊Harukaの部屋】は、 4月1日(木曜)発行の予定です。

【週刊Harukaの部屋】@byウォッチコレ
@@@@URL 本@店 http://www.watch-colle.com/
@@『ティータイムをご一緒に』@by Haruka
@@@@@@@ URL URL http://happyteatime.jp@
@@『インターネットラジオ@ENDLESS@DREAM』
@@@@@@@ URL http://www.edproject.net/netradio/@

このメールマガジンは、『まぐまぐ』 http://www.mag2.com/
を利用して発行 しています。

■購読の中止及び変更は
@こちらです@→http://www.watch-colle.com/cgi-bin/mail/Haruka.htm

■その他お問合せ・ご感想等はこちらへどうぞ
@→webmaster@watch-colle.com

All Contents Copyright (C)2002 watch-colle.com All Rights Reserved.
TOP会社概要商品一覧ご購入の手順お支払い方法送料についてQ&A集返品についてお客様の声
あなたにお届けします!楽しいショートストーリーとウォッチコレ新着情報!☆Presented by Watch-colle